教科書には載っていないデザイン・レイアウト プロの流儀 実例111 立ち読み 関連商品

教科書には載っていないデザイン・レイアウト プロの流儀 実例111

出版社 エムディエヌコーポレーション
著者 フレア 編
巻名 実例111
対応デバイス
PC対応 Android対応

この本の内容

【プロのやり方や流儀を学ぶことができる実例111点】

デザイン・レイアウトの基本やルール、セオリーは重要です。これらについて解説している書籍は多くありますが、それらのほとんどが、理想的なデザイン例を用いて解説しているケースが多いのではないでしょうか。

しかし、実際の仕事は、さまざまな要因から、なかなか理想どおりには進まないもの。そこで本書では、デザインの現場において、そうしたルールやセオリーをどう解釈して、どうデザインに生かして落とし込んでいるのか、実例を多数紹介することで、プロのやり方、流儀を学べる形にまとめました。

たとえば、「ジャンプ率」「ホワイトスペース」「グリッドシステム」などの項目ごとに、それに該当する実際のデザイン作品を紹介。課題や制約をいかに魅力に変えていったのか、実際の仕事にあたった担当者(現場のデザイナーなど)の声を交えることで、プロの仕事ぶりがリアルに伝わってきます。ぜひ、本書をさまざまな仕事にお役立てください。

この書籍の目次

免責事項
はじめに
目次
本書の使い方
■第1章 デザイン・レイアウトの目的
category 1 レイアウトの目的
category 2 媒体ごとの役割とセオリー
category 3 ターゲットとデザイン
category 4 デザインコンセプトを見いだす
category 5 美しさと可読性の両立
column ページネーションを考える
■第2章 レイアウト手法を活かす
category 1 シンメトリーの効果を利用する
category 2 対比の効果的な使い方
category 3 ホワイトスペースのコントロール
category 4 ジャンプ率の応用的な使い方
category 5 レイアウトの導線設計
category 6 モジュール化のテクニック
category 7 アクセントの効果的な使い方
category 8 反復(パターン)の応用的な使い方
category 9 グリッドシステムの活用法
■第3章 文字をレイアウトに活かす
category 1 縦組みのレイアウト
category 2 横組みのレイアウト
category 3 明朝体の効果的な使い方
category 4 ゴシック体の効果的な使い方
category 5 文字サイズと行間のコントロール
category 6 段組みのコントロール
category 7 タイプフェイス・飾り文字の選び方
category 8 回り込みを応用する
■第4章 ビジュアル・図表を活かす
category 1 裁ち落としのコントロール
category 2 切り抜き写真のレイアウト
category 3 整列・並列の効果を活かす
category 4 規則性・リズム感のつくり方
category 5 動的な配置のレイアウト
category 6 コラージュの応用的な使い方
category 7 テクスチャの効果的な利用方法
category 8 イラストの効果的な利用方法
category 9 図解(フローチャート)・グラフ・表の扱い方
■第5章 配色を活かす
category 1 メインカラーとサブカラーの関係性
category 2 アクセントカラーの効果的な使い方
category 3 キーカラーの設定方法
category 4 トーンを揃える配色展開
category 5 モノクロ・モノトーンの使い方
category 6 男らしさ・女らしさを表現する配色
category 7 アースカラーを理解する
作品クレジット
本書にご協力いただいたデザイナー・デザイン会社紹介
奥付

この著者の他の本

デザイン&文字の見本帳
キラキラ感、凹凸感、手触り感も...