クイックジャパン Vol.144 立ち読み 最新号 バックナンバー

クイックジャパン Vol.144

出版社 太田出版
発行間隔 隔月刊
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

最強のカルチャー誌!!!
Quick Japan――“A VOICE OF NEW GENERATION”
20代~30代のアンテナ感度の高い男女から支持されているカルチャー誌。音楽、
お笑い、テレビ、マンガ、映画、アニメ、ストリートの最前線か ら、20年以上
にわたって時代の気分をキャッチし先導しています。流行を追いかけるのではな
く、自らが情報の発信源となるようなアーリーアダプ ター層から熱烈に支持さ
れている雑誌です。

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

※電子版限定〈SHOWROOM×Quick Japan〉特別企画が収録されています! 

【表紙・50ページ特集】
BiSH
BiSHとしての私、本当の私
楽器を持たないパンクバンドは今、人生で一番忙しいときを過ごしている。BiSHとして過ごす時間が増える一方で消える自分たちの時間。「6人で話していないし、一人ひとりが何を考えているのかなんてわからない」とメンバーは口を揃えて言う。BiSHとしてやっていきたいこと、個人として叶えたいものは何なのか。自分を見つめ直すイメージで撮影をしたグラビアに加え、将来の在り方を問うソロインタビューなどを贅沢に50ページで特集!
▼グラビア
BiSH iN THE MiRROR
(オノツトム=撮影)
▼ソロインタビュー
・アイナ・ジ・エンド 生きている間しか「愛」は感じられない。
・セントチヒロ・チッチ 考えて考えて、自分の中のイエスを見つける。
・ハシヤスメ・アツコ 自分に合ったスタイルでみんなを笑わせれれば。
・モモコグミカンパニー 自然が一番。何かの力に抑圧されないように。
・アユニ・D みんなの言う「普通」が最近わかってきた。
・リンリン 無でいることをやめて、笑ったほうがいい。
▼新アルバム解説
松隈ケンタによる『CARROTS and STiCKS』制作秘話
▼プレゼント
100名様+6名に当たる!BiSHプレゼント

【第2特集】
『相席食堂』
千鳥が壊すロケ番組
▼インタビュー
千鳥
「この番組、毎回が喧嘩」
▼メイキング
相席食堂支度中
ロケ収録/スタジオ収録レポート/セット解説
▼出演者インタビュー
それぞれの相席物語
千原せいじ/村上ショージ/レイザーラモンRG
▼番組ディレクターが選ぶ『相席食堂』衝撃映像15
▼プロデューサー髙木伸也(朝日放送テレビ)インタビュー

【第3特集】
キャロル&チューズデイ
アニメ×音楽の到達点
▼対談
・ナイ・ブリックス×セレイナ・アン “We Sing and Play for Carole&Tuesday”
・島袋美由利×市ノ瀬加那 成長し合える関係と環境
▼コメント
参加コンポーザーが語る『キャロル&チューズデイ』の音楽の役割
赤い公園、Nulbarichほか
▼レビュー
総監督・渡辺信一郎とは何者か
(冨田明宏=文)
▼インタビュー
佐々木史朗(フライングドッグ代表取締役)
『キャロル&チューズデイ』が目指す音楽アニメの未来
【テーマ】
カルチャーと人生をめぐる「お金」の物語
・マヒトゥ・ザ・ピーポー 意思をもってお金を使いたい
・イ・ラン どうやって私の値段を決めるのか?
・劇団雌猫 お金のことを考えるって楽しい!
▼レポート
サンボマスター・BiSH・ミキ・宇垣美里が参戦!!
Quick Japan創刊25周年ライブレポート
【好評連載中!】
・トミー(水溜りボンド) 日常が水溜りボンド
・小袋成彬 小袋成彬の消息
・立川吉笑 次世代落語研究所
・オークラ 20代芸人Aくんはお笑いで天下をとれるのか
・Liyuu Liyuuのハッピーコスプレライフ
・死後くん QさんJさん
・Erinam 韓国の車窓から
・はじまりの一枚 桑島智輝=撮影
・こだま Orphans
・いがらしみきお お人形の家寿
・最果タヒ×小浪次郎 永永永永永永永遠遠遠遠遠遠遠
・ドキュメント『all alright』
【INTERVIEW&REPORT】
kan sano/岡山天音/Ghost like girlfriend/スカート/中島愛/ばってん少女隊/藤田恵名/井口裕香……and more!

バックナンバー

 Vol.143
Vol.143
 Vol.142
Vol.142
 Vol.141
Vol.141
 Vol.140
Vol.140
 vol.139
vol.139
 vol.138
vol.138
 vol.137
vol.137
 vol.136
vol.136
 vol.135
vol.135
 vol.134
vol.134
 vol.133
vol.133
 vol.132
vol.132