エルネオス 2018年1月号 立ち読み 最新号 バックナンバー

エルネオス 2018年1月号

出版社 エルネオス
発行間隔 月刊
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

情報感度を研ぎ澄ます!
ビジネス情報誌
ELNEOS【ザ・ニュース】

安倍「増税内閣」への変質

ビットコインの行き先

アナリスト受難の時代

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

[感度を磨くビジネス情報]
■巻頭リポート
国民をなめ始めた安倍内閣の基本姿勢
税金は「取りやすいところから取る」

■解説寄稿――吉田繁治(システムズリサーチ:コンサルタント)
金融は仮想通貨への流れを示す
ビットコインはどこへ向かうのか

■官民プロジェクト
植物由来で軽さは鋼鉄の1/5、強度は5倍
ナノセルロース車開発プロジェクト始動

■地銀再編問題
過熱する金融庁vs.公取委
地銀再編を巡る暗闘の行方

■がん治療と保険制度
革命的なCAR-T療法剤が
超高額で日本の保険制度を襲う

■特別読み物――アヤコ・ジェイコブスン(ビジネス・ライター/米国シリコンバレー在住)
創業107年のビッグブルー(IBM)を
満面の笑顔で舵取りする女性CEO

■重電業界
GE、シーメンスの大リストラは「対岸の火事」ではない重工、日立

■多様性の時代?
ペットも介護もスマホも対象 短期少額保険はただ今、大盛況

■銀座の不動産事情
銀座は目抜き通りでも空室続々 アベノミクスの金融政策が影響

■証券アナリスト
世界の証券界で囁かれるアナリスト受難時代の到来

■企業不祥事論考
資本効率を重視する経営が増幅「ESG投資」で日本売り加速

■〈シリーズ〉メディア激動時代(106)──神余心
NHK受信料は「合憲」の判決
問われる「公共放送」の使命と責任

■〈シリーズ・世界は今〉(33)カンボジア──宮崎正弘(国際エコノミスト)
キリング・フィールドから30余年
悪夢が去ってやって来たのは中国資本

[連載企画]
■キーパースン──カネボウ化粧品/村上由泰新社長
まだ途上の信頼回復と海外に経営の安定化を求め成長軌道を見据える

■佐藤優の情報照射「一片一条」第135回
ゲラシモフ・露参謀総長の来日で外務・防衛官僚が不用意シグナル

■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」(81)
このままでは将来に禍根を残す? 建て前重視の技能実習制度「拡充」

■早川和宏のベンチャー発掘221──徳島県徳島市/広沢自動車学校[前編]
教習+αの「広沢母校」計画で
日本一、心温かい自動車学校を目指す

■元木昌彦のメディアを考える旅240──佐渡島庸平氏(編集者、コルク代表取締役社長)
人間の知識欲や感情がある限り
出版産業がなくなることはない

[世界を俯瞰する情報群]

■国際トピックス
◇米国企業/米GMが完全自動運転車で主導 二〇一九年にも市場投入を狙う
◇米国/米国の政治潮流が変わる? アラバマ州民主党勝利の衝撃
◇欧州企業/UBS主導の「仮想通貨」をスイス政府は法改正で側面支援

■来日ビジネスマンの主張219──杜治寛氏(台湾精密材料メーカー「シンビオ」社国際営業マネジャー)
日本企業との連携も視野に品質と価格で日本市場に挑戦

[連載コラム]
■巻頭言「佐伯啓思の賢者に備えあり」
高齢化社会に向けて地方の見直しは可能か

■時代をつかむニュースコラム
「情報スクランブル」
・立憲民主が憲法論議を準備、与野党に大きな波紋か
・日米両国の軍需産業を潤す小野寺防衛相の自作自演?
・自民党が日本郵政Gの全国一律サービスで裏技
・共産党委員長に責任論と世代交代論が浮上
・新年の継続案件となったスパコン事件の奥深さ
・リニアに着手した特捜部の落とし所
・「ポスト黒田」を占う次期日銀副総裁人事
・破綻再エネ会社を次々買収、中国資本の存在が火種に?
・楽天など日本企業が次々とアマゾン・エフェクト対策
・美容クリームに違法使用、医療用保湿剤「ヒルドイド」
・メガバンクが相次ぎ撤退、儲からない住宅ローン
・宅配ロッカーで再認識、ヤマト運輸の底力
・スマホ事業参入は楽天の「最後の賭け」
・日本も宇宙開発に参入、世論対策に「宇宙安保」
・アップルの牙城崩す中国のファーウエイ
・早くも採算に厳しい目、西武の球場再開発
・企業も取り組むが危機が迫るサンゴ礁
・急激に進むIT医療時代、医療機器の新市場に期待
・「重大な放送倫理違反」MXが断罪された理由
・読売がコンテンツ支援の企業連合YBSを設立
・信憑性を帯びてきた北朝鮮「2月軍事攻撃」説
・W杯ロシア大会は突貫工事、頼みは北朝鮮労働者
・内弁慶のスー・チー政権、国内の情報統制を強化
・深刻な国内事情解決でフィリピンが台湾に接近
・国際金融機関が危ぶむ中国の債務暴発
・経済立て直しは二の次、世界進出進める中国

■ニュース鑑定人(243)──樹 静馬
大勝与党のやる大増税!/ほか

■ほまれもなくそしりもなく(67)──田部康喜
終わりなき因果関係追及

■内海善雄のやぶ睨み「ネット社会」論(95)
グローバル時代に、日本に歩んでほしい道①「外交」

■金田一秀穂の伝える言葉─伝わる言葉(162)
新しい元号は、公募して私たちで選んだらどうか

[連載コラム]
■アメリカ流・日本流(201)──後藤英彦(米国在住ジャーナリスト)
日米英で変化する“謝罪”の形

■ドイツから遠眼鏡(90)──川口マーン惠美(作家)
組閣ができない異常なドイツ政局

■新世相斬り・橋本テツヤの一針見血(162)
介護離職の現実/家計に痛みを与える増税

[好評連載]
■取材記者vs.広報マン(194)──大手町九郎
企業と閲覧者のギャップ

■やまとうた(91)──山内丈(冷泉家門人)
【松香】松が枝にことごと通ふ風なれば あを馬に香る神の祝り子

■もっともっと映画を!(188)─古閑万希子
「5パーセントの奇跡??から始まる素敵な人生?」「ロング,ロングバケーション」

■私の読書スタイル(243)──菊池達也氏(朝日生命保険相互会社取締役・常務執行役員)
旅と本の相関を楽しみ人材活用を学ぶ

バックナンバー

 2018年11月号
2018年11月号
 2018年10月号
2018年10月号
 2018年9月号
2018年9月号
 2018年8月号
2018年8月号
 2018年7月号
2018年7月号
 2018年6月号
2018年6月号
 2018年5月号
2018年5月号
 2018年4月号
2018年4月号
 2018年3月号
2018年3月号
 2018年2月号
2018年2月号
 2017年12月号
2017年12月号
 2017年11月号
2017年11月号