エルネオス 2017年12月号 立ち読み バックナンバー

エルネオス 2017年12月号

出版社 エルネオス
発行間隔 月刊
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

情報感度を研ぎ澄ます!
ビジネス情報誌
ELNEOS【ザ・ニュース】

AIスピーカー/日産vs.国交省/習近平一強体制/東郷和彦(改憲論)/希望なき野党/ルポ・那須「生涯活躍のまち」/クジラ買いが止まる時/三越伊勢丹の苦境/オイシックス

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

[感度を磨くビジネス情報]
■巻頭リポート
自民党との合流もささやかれる
「希望の党」に希望はあるか――

■AIスピーカー
日本に上陸したアマゾンエコー
覇者を目指すアマゾンと日本企業

■日産vs.国土交通省
波紋広がる日産の不正検査問題
国交省が激怒した西川社長会見

■老舗百貨店の経営戦略
三越伊勢丹HDが取り組む
独自ブランドのネット通販開始

■ルポ・高齢者共同体――八牧浩行(ジャーナリスト)
温泉連携“生涯活躍のまち”が那須に誕生
「1億総活躍」と「地方創生」の切り札に

■提言寄稿 東郷和彦(京都産業大学教授・世界問題研究所長)
憲法改正論議に欠かせない視点――
「安全と水はただ」という観念の払拭

■株式市場動向
安倍・自民大勝で日本株上昇、背景に日本政府の「クジラ買い」

■仏教界に新風
元銀行マン宗務長が仕掛ける築地本願寺の二十一世紀型革命

■築地市場問題
バブル人気急落の小池都知事を無視して進む築地再整備計画

■不動産業界
マンション管理で共通見積書式導入意図は管理費大幅値上げ?

■食生活の変化
家事の時短で需要が急拡大するミールキット市場は混戦模様

■〈シリーズ〉メディア激動時代(105)──神余心
固定電話は全国一律3分8.5円になる――
20年前なら「大ニュース」のはずが今は……

■〈シリーズ・世界は今〉(32)南アフリカ──宮崎正弘(国際エコノミスト)
黒人政権の調和なき経済政策に見た
貧富の差拡大と鉱山ビジネスの繁栄

[連載企画]
■キーパースン──タカラトミー/小島一洋次期社長
商社出身で玩具は「素人」だが独自色出せるか経営手腕に注目

■佐藤優の情報照射「一片一条」第134回
中国共産党対外連絡部長が訪朝
米朝関係の緊張を読み解くカギ

■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」(80)
国会質問時間を増やせと自民党が要求
本音は「加計かわし」か、本格議論か

■早川和宏のベンチャー発掘220──東京都千代田区/ビーイングホールディングス[後編]
ライバルはアマゾンとアリババ
“300年企業”を目指して人を育て、未来をつくる

■元木昌彦のメディアを考える旅239──望月衣塑子氏(東京新聞社会部記者)
権力側に使われている今の記者は
果たすべき役割から逸脱している

[世界を俯瞰する情報群]
■分析寄稿――濱本良一(国際教養大学教授)
習近平一強体制は独裁に非ず? 党指導層の総意が生んだ新時代

■国際トピックス
◇欧州/バーゼル市民も危機を懸念する世界最大の時計・宝飾品見本市

■来日ビジネスマンの主張218──ルイス・アルバラス氏(ベネズエラ国営石油会社元アドバイザー)
ベネズエラ経済危機は深刻で中国経済への悪影響を懸念

[連載コラム]
■巻頭言「枝廣淳子の賢者に備えあり」
『不都合な真実2』と『おだやかな革命』
■時代をつかむニュースコラム
「情報スクランブル」
・安倍首相「改憲慎重」に隠されたしたたかさ
・対露外交「進展ナシ」で官邸に対中シフト派台頭
・米国製武器のセールスはとんでもない"悪徳商法”
・新国税庁長官の答弁で思わぬ難問抱える職員
・西室氏の独断だった日本郵政のトール社買収
・官邸主導の民間頼み、教育無償化に批判百出
・ついに大手も赤字転落へ、旅行業界の生き残り模索
・商工中金の新社長は三菱商事前副社長?!
・金融行政に爆弾投げ込む辣腕の元金融マンとは
・地銀が規制緩和を切望するソーラーシェアリング事業
・戸田建設の初名乗りでグリーンボンドに広がり
・サウジ政変でどうなる? ソフトバンクの投資計画
・2019年にオープン、銀座にMUJIホテル
・神戸製鋼データ不正問題で「眠った子を起こすな」の声
・都の入札改革に抵抗しゼネコンがサボタージュ
・働き方改革に壁、大学病院の大きな悩み
・2審も無罪になった電通LED事件
・迷走するマイナンバー、総務省流「普及大作戦」
・ラグビーW杯日本大会、試合数割当に不満の声
・財務省が実態調査根拠に診療報酬引き下げを諮問
・的確な訓練を積めば第2の藤井4段になれる?
・日経の「押し紙」公取が実態調査に着手
・社員の給与160万円減、朝日が再度の大リストラ
・サウジ・イランの関係悪化、背後にトランプ大統領の影
・米GEが航空、電力など3分野に事業集中を発表
・「パラダイス文書」にロシアか中国の陰謀説
・順調な政権運営に見える韓国文大統領の内憂外患
・米メディア業界規制緩和で合従連衡の動きが加速か

■ニュース鑑定人(242)──樹 静馬
日本は「居場所」喪失危機の半年/ほか

■ほまれもなくそしりもなく(66)──田部康喜
情報共有の失敗

■内海善雄のやぶ睨み「ネット社会」論(94)
現代を生き抜くスイスの知恵(3)

■金田一秀穂の伝える言葉─伝わる言葉(161)
言われても釈然としない「お忙しいでしょう」

[連載コラム]
■アメリカ流・日本流(200)──後藤英彦(米国在住ジャーナリスト)
欧米各地で見聞されるつり目騒動

■ドイツから遠眼鏡(89)──川口マーン惠美(作家)
ドイツの友人を日本で観光案内したら

■新世相斬り・橋本テツヤの一針見血(161)
握手の力がある高齢者/犯罪者と認知症

[information]
■中部電力株式会社
浜岡原子力発電所の取り組み
    
[好評連載]
■取材記者vs.広報マン(193)──大手町九郎
日本の信頼を揺るがす不祥事

■やまとうた(90)──山内丈(冷泉家門人)
【寒?時】いそぎゆく寒き川なみしとどめて 瀬せに柵む葦の枯れ草

■もっともっと映画を!(187)──古閑万希子
「ルージュの手紙」「希望のかなた」

■私の読書スタイル(242)──古座健太郎氏(住友化学株式会社工業薬品事業部 第1工業薬品部長)
多様なジャンルを厳選して読む

バックナンバー

 2017年11月号
2017年11月号
 2017年10月号
2017年10月号
 2017年9月号
2017年9月号
 2017年8月号
2017年8月号
 2017年7月号
2017年7月号
 2017年6月号
2017年6月号
 2017年5月号
2017年5月号
 2017年4月号
2017年4月号
 2017年3月号
2017年3月号
 2017年2月号
2017年2月号
 2017年1月号
2017年1月号
 2016年12月号
2016年12月号