雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSSカテゴリーのRSSフィードのURL
雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSS カテゴリーのRSSフィードを表示する
RSS
このカテゴリーの新着情報はコチラから
表示数
並び順
日本の医療 この人を見よ
出版社:
PHP研究所
著者:
海堂尊
配備が進むドクターヘリ、代理出産の成功例を重ねる不妊治療、大学病院を黒字にした男…
…医療の改革者たちの志に海堂尊が迫る!
心コロコロ介護のこころ
苦しかったり、つらかったり…心がコロコロ変わって尽きることのない介護の悩み。なかよし僧侶兄妹が、仏さまの教えを通じて心をホッと楽にさせてくれます。
アルツハイマー病 正しい治療がわかる本
出版社:
株式会社 法研
著者:
栗山勝
現在、アルツハイマーの患者数は140万人にのぼるともいわれています。脳の老化にともなって誰もがかかり得る進行性の病気ですが、「治療薬」「回想法」「音楽療法」など、さまざまな治療で進行を抑えられることがわかってきています。本書では、「予防法」「治療方法」とともに、家族の「効果的なケア(介護)の方法」についても、くわしく解説しています。そのほか、12の事例でそれ...
ボケない頭をつくる60秒活脳体操
出版社:
株式会社 法研
著者:
篠原菊紀
脳の働きを活性化し、記憶力、創造力、運動能力、元気力がアップする60秒のかんたんな体操をイラストと図解でやさしく紹介。
「統合失調症」からの回復を早める本
出版社:
株式会社 法研
著者:
糸川昌成
統合失調症は「100人に1人が発症する可能がある」といわれるほど、私たちにとって身近な病気です。症状は、幻覚や妄想、興奮、昏迷などさまざまで、発症から治療開始までの未治療期間が長いほど、経過が悪くなる傾向があります。しかし、病気をできるだけ早く発見し、治療に結びつければ、その後の経過は順調に推移します。早い段階で治療を行うことを早期介入といいます。この早期介...
子どもの発達障害 家族応援ブック
出版社:
株式会社 法研
著者:
高貝就
「うちの子、理解されにくいかも……」「うちの子、学校になじめないかも……」。言葉としてはよく知られるようになった「発達障害」。ただ、障害の詳しい特性や、望ましい接し方、「療育」など支援の仕方など、肝心なことはまだまだ十分知られているとは言えません。大切なことは、周囲の方が「発達障害」について正しい知識を持ち、早いうちに子どもが抱えている困難感を理解して、その...
新版 アルツハイマー病がわかる本
出版社:
株式会社 法研
著者:
植木彰
2020年には300万人を超えると推計される認知症患者。とくに、認知症が現れる原因となる病気であるアルツハイマー病は、増加の一途を辿っています。『アルツハイマー病がわかる本』の新版である本書は、アルツハイマー病の症状、検査、治療法とともに、2011年12月に承認された新薬(メマンチン、ガランタミン、リバスグミン)や、認知症の前兆である軽度認知障害、早期発見す...
新版 家庭でできるリハビリテーション
出版社:
株式会社 法研
著者:
隆島研吾
老化によって起こる骨折、病気やケガの後遺症によるマヒなどが原因となって、寝たきりになってしまうことがあります。つまり、寝たきりになる原因は、そのほとんどが作られているのです。
寝たきりにならないためには、退院後のリハビリテーションがきめ手となります。本書の理学療法士の著者は、障害者施設等で、障害のある多くの人のリハビリテーションを実際に指導してきた...
サラリーマン介護
出版社:
株式会社 法研
著者:
池田心豪
総務省の調査(平成24年)によると、現在働きながら介護を続けている人は291万人。内訳の約6割を40~50歳代の働き盛りが占めており、さらにその4割は男性だといいます。働きながらの介護は決して珍しいことではないのです。
働きながらの介護には、多くの不安や悩みがつきまといます。しかし、現在は仕事と介護の両立を支援するさまざまな制度があり、これらを利用...
「外出と交通の案内」アンケート調査レポート
身体属性によって、交通機関に求める情報はこんなに違う
スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護
出版社:
主婦と生活社
著者:
バニラファッジ
総アクセス数がついに1億を突破した超人気ブログ「7人家族の真ん中で。」。ほぼ毎日更新されているカリスマ主婦の日常の中から、介護のエピソードを抜粋、再編集して1冊にまとめました。現在、著者のバニラファッジさんは、要介護4で認知症の姑と、要介護5で体が不自由なその妹の2人を自宅にて介護中。しかも、3人の子育て中! 母としてだけでもじゅうぶん忙しいのに、2人を在宅...
老人漂流社会
2013年1月に放送されて大反響を呼んだ「NHKスペシャル」の書籍化。病院や介護施設をたらい回され「死に場所」を持てない男性、自宅を失った高齢者の「終の住処」と化した三畳一間の宿泊所、自分も周りも気づかずホームレスになってしまった認知症の高齢者など、超高齢社会に住む我々が目を背けてはならない現実を徹底取材。自分の居場所を自分で選べずに「漂流」してしまう現状に...
86歳乙女系女子、恋の力でいきてます スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護vsドM
出版社:
主婦と生活社
著者:
バニラファッジ
総アクセス1億を軽く突破する超人気ブログ「7人家族の真ん中で。」の第二弾を2冊同時発売で!
オレンジ色の表紙が目印のこちらは、身体が不自由で要介護認定5のおばさん(姑さんの妹)が主役。
食事も一人ではままならないおばさんの生き甲斐は、アイドル。いつまでも乙女でいたいな~と思わせてもらえます。
本書のメインイベントは、「おばさんが...
91歳毒舌系女子、喧嘩売って生きてます スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護vsドS
出版社:
主婦と生活社
著者:
バニラファッジ
総アクセス1億を軽く突破する超人気ブログ「7人家族の真ん中で。」の第二弾を2冊同時発売で!
紫色の表紙が目印のこちらは、認知症が進んだ、著者の姑さんが主役。
もともと気難しく、周囲の人を怒らせるのが得意だった姑さんが、認知症が進行したことによって、さらに周囲の人を振り回しています。
新たなステージに進んだ嫁姑の「闘い」を笑ってく...
認知症予防トレーニング 認トレ 一生ボケない! 38の方法
出版社:
すばる舎
著者:
広川慶裕
日本は、高齢化の進展とともに未曾有の「大認知症時代」を迎えようとしています。なんと、すでに国民の10人に1人が認知症過疎の予備群であると予測されており、道行くご老人の何人かに1人は認知症患者、という世界がすぐそこまで迫っているのです。結果、本格的な認知症が始まる少し前の「ちょいボケ」の段階、専門的には「MCI(軽度認知障害)」と呼ばれる段階で、「危ない」患者...
本当に知りたかった介護と老後 2016 東海版
出版社:
流行発信
東海版 高齢者施設・住宅 最新ガイド2016
笑って楽しい! 高齢者レクリエーション
●京大卒大道芸人が教えます!老人介護施設で使える!
著者は、大道芸の笑いが持つ力を医療や介護の現場で生かしたいという夢が芽生え、学者の道を断念し、修士号取得後にプロの大道芸人としての活動を開始。現在では、大道芸と笑いの体操、笑いと健康の小噺をミックスしたレクリエーションプログラムを開発し、デイサービスや特別養護老人ホームなどの老人介護施設を訪問する...
訪問リハビリテーション 7つの極意
出版社:
株式会社 法研
著者:
出江紳一
地域住民が住み慣れた地域で最期まで過ごすために、リハビリテーション専門職の地域での活躍が期待されています。しかし療法士の大多数は病院の院内業務に従事しており、地域におけるリハビリテーションは少数の療法士がしっかりとしたガイドラインのない中、手探りで行っているのが現状です。本書は、わかりやすくポイントを7つに絞った「極意集」としてまとめた、地域リハの質向上の一...
18件