雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSSカテゴリーのRSSフィードのURL
雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSS カテゴリーのRSSフィードを表示する
RSS
このカテゴリーの新着情報はコチラから
表示数
並び順
EDなんて怖くない
出版社:
日刊現代
著者:
鷹澤フブキ
「アチラの元気の加減は、殿方ならば少なからず気になるところですよね。最近ちょっと……というあなた。相手や場面が変われば、急に元気になっちゃったりするものです。淫らな人妻とのアバンチュールをお届けします」
いとしのライバル
出版社:
日刊現代
著者:
森奈津子
女の子だってオナニーするし、女の子に恋をするし、女の子とセックスしたいと願うこともあるのです!というお話です。エッチで明るいレズビアン物コメディーにするつもりです。お楽しみいただければ、幸いです」
パソコン教室の女
出版社:
日刊現代
著者:
霧原一輝
女性はたいがい「秘密」を抱えています。たとえ人妻であっても、相手が大切な男であればあるほどにそれを隠したがるものです。
 女性から「秘密」を打ち明けられたとき、あなたはどうしますか?
 そんな男女の機微を性を通して読んでいただければ幸いです。
淫ら縁結び
出版社:
日刊現代
著者:
菅野温子
美雪は25歳のOL。常に官能の螢火を体に抱えているが、男とのエッチでは、イクことができない。そのため体の相性のいい男を探してさ迷うのだが、美雪の心には、中学時代に見た淫らな情景が焼きついていた――。
淫ら螢
出版社:
日刊現代
著者:
子母澤類
婚活が取り沙汰されて数年。
仕事も結婚もままならぬ世の中とあって、この頃の女性たちは神頼みに走り、多くの女性誌をパワースポットがにぎわしている。
神社参拝に入れ込んだ一女性の男運・セックス運は果たしていかに――。
艶絵師・北斎 枕の手ほどき
出版社:
日刊現代
著者:
黒沢美貴
春画眺めて自慰に耽るは卯月の宵、絵から腕が伸びてきて、連れて行かれた江戸の世界。
タイムスリップした江戸で、純子が知るは、摩訶不思議なるスケベヱ事情。
艶絵師・葛飾北斎に、揉まれて咲くか、ウブな女の花びらよ。
泣き濡れる人妻
出版社:
日刊現代
著者:
渡辺やよい
「恋は遠い日の花火ではない」というCMが昔ありましたが、そのように酸いも甘いもかみわけた熟年男女が、思いもかけず官能の甘い罠に堕ちていく熱い物語をお楽しみ下さい。
湯けむりの女
出版社:
日刊現代
著者:
霧原一輝
「巷では『回春官能の作家』といわれている霧原一輝です。
今回は熟年を迎えた男とかつて不倫の関係にあった旅館の若女将との艶話です。湯けむりのなかで再会した男と女のこってりした濡れ場をお楽しみください」
彼女が寝てる間に
出版社:
日刊現代
著者:
橘眞児
「綺麗な女性を見かけたとき、こんなひとでも足は匂うのかなとか、腋の下もムレムレなのかしらとか、もっとムレムレしたところを嗅ぎたいなとか、そういうことをつい考えてしまう紳士の皆様に、この作品を捧げます」
誘う女の花芯くらべ
出版社:
日刊現代
著者:
小玉二三
遠い昔の、たった一度の「魅惑の体験」。
そんな過去が巡り巡って再び人生の秋に花を咲かせたら?
しかし今度は、毒も含んだ甘い蜜の花……。魅惑の女性たちに翻弄される男性の揺れる思いを楽しんでください。
フェティッシュな媚薬
出版社:
日刊現代
著者:
菅野温子
淡々と続く日常に身を置いていればこそ、ときに違う世界に入りこむことが生き生きとした意味を帯びはじめる。いつもの自分から乖離していく快楽。女はじゃらじゃらした装飾にまみれて、真に中毒者じみていく――。
淫魔が取り憑く
出版社:
日刊現代
著者:
草凪優
「夏らしくホラー官能を書いてみました。謎の死を遂げた淫乱グラビアアイドルが、真面目なキャリアウーマンに取り憑いたら……というお話です。ちょっとだけ怖くて、とびきりエロティックな世界をご堪能くださいませ」
12件