雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSSカテゴリーのRSSフィードのURL
雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSS カテゴリーのRSSフィードを表示する
RSS
このカテゴリーの新着情報はコチラから
表示数
並び順
新編 世界むかし話集 (1)イギリス編
「ムーミン」やアンデルセン童話など、北欧・児童文学の研究・翻訳に生涯携わり、子供たちには夢を、大人にはやすらぎを与え続けた著者・山室静の世界むかし話集第1弾。
新編 世界むかし話集 (2)ドイツ・スイス編
これまで家庭で語られていただけの昔話が、今日のように文化的宝と認められるようになったのは、グリム兄弟の『家庭と子供のための童話集』の刊行によるところが大きい。
新編 世界むかし話集 (3)北欧・バルト編
他のゲルマン諸国では、神話詩や英雄伝説がキリスト教の影響で失われたが、北欧ゲルマン人はすこぶる詩歌を愛し、それが語り伝えられている。
新編 世界むかし話集 (4)フランス・南欧編
早くからギリシャ・ローマ文明に触れ、常にヨーロッパの先進地域であったため、フランスは洗練と、世界伝播の揺籃となる。
新編 世界むかし話集 (5)東欧・古代編
この地域は民族的、文化的に入り組んでいて、しかもアジアに近く、昔話はどこか土俗的かつ素朴で、狡猾な機知があり、またオリエント風の怪奇や華麗な幻想性も現わしていて、ふしぎな謎を秘めているものが多い。
新編 世界むかし話集 (6)ロシア・西スラブ編
ロシアはヨーロッパから別扱いされ、なおざりにされ続けてきた。
新編 世界むかし話集 (7)インド・中近東編
世界宗教といわれるものはすべてこの地域で発生し、砂漠あり氷河あり、人類の往きかよう十字路。
新編 世界むかし話集 (8)中国・東アジア編
黄河流域の北は儒教の影響もあって少ないが、揚子江の南では民話が多く、また少数民族の民話が伝えられていて民間伝承は豊か。
新編 世界むかし話集 (10)アメリカ・オセアニア編
アメリカ・インディアンや大洋州原住民の民話。素朴なものが多いが、それだけに従来の昔話を読みなれた人にとっては、思いがけない発想や急転回があり、楽しいおどろきが多い。
新編 世界むかし話集 (9)アフリカ編
アフリカは大きく分けると、サハラ砂漠から北、地中海に面した地域と、いわゆる「黒いアフリカ」のサハラ以南に分かれるが、多くの部族社会ごとに民話も異なり、芸術的なもの、動物民話、神話など、その無限の変化が魅力ともいえる。
日本怪談集 幽霊編
科学上の常識では実在しないはずが、なぜ人は幻視・幻覚をかくも長い歴史のあいだ経験し続けてきたのか。
日本怪談集 妖怪編
妖怪化する動物の類の多くは、神霊、神使い、霊獣だったという。神樹、霊木が祟ったという話はどこでも聞く。
日本伝説集
伝説は読むだけでも楽しいし、その伝説がどうして発生し、どのような経路をたどって分布するようになったかを訪ねるのは、さらに興味深い。
海の奇談
書誌学研究のかたわら、世界の奇談・怪奇談などの紹介につとめ、「庄司浅水ワールド」とも呼ばれ、好評を博したシリーズ。
奇談千夜一夜
信じられそうもない本当の話、うそのような本当の話、奇なるもの、珍なるもの、妙なるもののエンサイクロペディアの前では、世界がまだまだ広大であり、底深いものであることを思い知る。
世界の奇跡
なじみ深いノアの箱舟からはじまる「聖書をめぐる奇跡」から、「現代に生きる奇跡」「夢にまつわる奇跡」「世にもふしぎな物語」「ふたつの奇妙な物語」他
モンゴル国ものがたり 神話と伝説と挿話と
なじみ深いわりにあまり知られることのなかったモンゴルの民族性を理解するために著されたが、その神話・伝説・民話に章が大きく割かれている貴重な文献。
星の神話伝説集
星や星座の神話伝説には、人類の遠い祖先の宇宙観や夢が反映されている。
中国怪異集
中国四千年の歴史は、中国民衆のものの見方や生きる知恵の、革袋のなかの酒ともいえます。
秘められた世界史
このシリーズ中では一転して、歴史的事実、事件の裏にある悲しくいたましい秘話、エピソードを発掘したもの。
コンピュータvsプロ棋士
出版社:
PHP研究所
著者:
岡嶋裕史
コンピュータがプロの将棋棋士に初めて勝利を収めた。2010年10月11日、清水市代女流王将(当時)に公開対局で将棋ソフトの合議「あから2010」が勝利したのだ。チェスのチャンピオンにコンピュータ「ディープブルー」が勝利を収めて13年、渡辺明竜王と「最強の将棋ソフト」ボナンザの激闘から3年、ついに「知性の象徴」をめぐる人間とコンピュータの歴史の新しい扉が開かれ...
徳川秀忠と妻お江
出版社:
PHP研究所
著者:
立石優
「秀忠さまは、当年おいくつですか」お江は淀殿の顔色をうかがうように訊いた。我ながら(もう負けている)と感じ、みじめな気分になっていた。「十七歳におなりです」(六歳も年下のお相手。ましてこちらは三度目の結婚ときている。なんとまあ……)お江は打ちひしがれて、黙り込んだ──。信長の妹・お市の方の三女・お江は、幼くして父母を殺されるという悲運を味わう。そして23歳の...
歴史の意外な「ウラ事情」
出版社:
PHP研究所
著者:
日本博学倶楽部
学校で教わる歴史、教科書に書かれた歴史では、どうしても時代の流れを追うのが中心になり、人間ドラマや意外なウラ話を知るチャンスはほとんどない。しかし、誰もが知っている有名事件や人物でも、ちょっとこだわって調べると、「秘められた事実」がどんどん出てくる。「ヤマトタケルの神話は、大和朝廷の何人もの武将の活躍から生まれた!?」「空海と最澄の仲が悪いのは、空海が最澄の...
研究社シェイクスピア・コレクション 第01巻 あらし
出版社:
研究社
"「人間てなんて美しいんでしょう。これはすばらしい新世界
――絶海の孤島で成長した美しい娘は思わずこう叫ぶ。ここにこめられた何重ものアイロニー。かつてこの幼い娘とともに国を追われたミラノ大公プロスペローは魔法により復讐をはかるが、やがて復讐者への憎しみは赦しへと変わり、平安が訪れる。妖精たちの歌声にみちた魔法の島で織りなされる、詩的情緒あふれるシェ...
研究社シェイクスピア・コレクション 第02巻 真夏の夜の夢
出版社:
研究社
"「まあ人間てやつはなんてばかなんでしょうねえ!
――妖精のいたずら小僧は恋に右往左往する若者たちを見てこう言って笑うけれども、右往左往は人間だけでなく妖精の王と女王も加わって、愛と恋との大騒動。真夏の一夜、深い森を舞台に人間と妖精たちが織りなす幻想喜劇。"
研究社シェイクスピア・コレクション 第03巻 ヴェニスの商人
出版社:
研究社
"「ユダヤ人には目がないっていうのか
――金・銀・鉛の箱選び、サスペンスあふれる人肉裁判など、エピソードあふれる傑作青春恋愛喜劇の中に、虐げられたユダヤ人シャイロックが暗い影を落とす。"
研究社シェイクスピア・コレクション 第04巻 宴の夜
出版社:
研究社
"「身にしみて知っております、女の男への愛の大きさを
――しかし男もまた知っている、女への愛の大きさを、そして、男も女も、報われぬ恋の切なさを。双子の兄妹をめぐっての、もつれた恋の行方や如何に。さらに召使いたちのドタバタ騒ぎによって混乱は最高潮に。笑いの中に哀感の漂う、シェイクスピア恋愛喜劇の最高傑作。『十二夜』の邦題で親しまれていた作品を、より内...
研究社シェイクスピア・コレクション 第05巻 ロミオとジュリエット
出版社:
研究社
"「名前にいったい何がある? あの薔薇って名前の花は別の呼び名だって甘い香りに変りはないでしょうに
――敵対する両家の憎しみを超えて、愛の真実を純粋の目で直視する二人の若い恋人たちは死への道をまっしぐらに突き進む。恋に生き、恋に死んだ若い二人の清冽な青春。"
研究社シェイクスピア・コレクション 第06巻 ジューリアス・シーザー
出版社:
研究社
「ブルータス、お前もか
――独裁者の誕生をおそれてシーザーを倒した高潔の人ブルータスは、たちまち遠謀深慮の冷徹な政治の流れに飲み込まれてしまう。苦悩するブルータス、ブルータスを追い詰めるアントニー、いとも簡単に煽動される群衆など、シーザーをめぐり、さまざまな人間模様が交錯する。シェイクスピアの波瀾万丈ローマ史劇の傑作。
研究社シェイクスピア・コレクション 第07巻 マクベス
出版社:
研究社
「いつまた三人で会うのかのう、かみなり、稲妻、雨の中かのう
――魔女の二枚舌の予言に操られて王を殺し、王冠を手に入れたマクベスは、破滅への道へと一瀉千里に突き進む。雷鳴がとどろき稲妻が光る急激の展開に、人間の情念の地獄が見えてくる。
80件