雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSSカテゴリーのRSSフィードのURL
雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSS カテゴリーのRSSフィードを表示する
RSS
このカテゴリーの新着情報はコチラから
表示数
並び順
新編 世界むかし話集 (1)イギリス編
「ムーミン」やアンデルセン童話など、北欧・児童文学の研究・翻訳に生涯携わり、子供たちには夢を、大人にはやすらぎを与え続けた著者・山室静の世界むかし話集第1弾。
新編 世界むかし話集 (2)ドイツ・スイス編
これまで家庭で語られていただけの昔話が、今日のように文化的宝と認められるようになったのは、グリム兄弟の『家庭と子供のための童話集』の刊行によるところが大きい。
新編 世界むかし話集 (3)北欧・バルト編
他のゲルマン諸国では、神話詩や英雄伝説がキリスト教の影響で失われたが、北欧ゲルマン人はすこぶる詩歌を愛し、それが語り伝えられている。
新編 世界むかし話集 (4)フランス・南欧編
早くからギリシャ・ローマ文明に触れ、常にヨーロッパの先進地域であったため、フランスは洗練と、世界伝播の揺籃となる。
新編 世界むかし話集 (5)東欧・古代編
この地域は民族的、文化的に入り組んでいて、しかもアジアに近く、昔話はどこか土俗的かつ素朴で、狡猾な機知があり、またオリエント風の怪奇や華麗な幻想性も現わしていて、ふしぎな謎を秘めているものが多い。
新編 世界むかし話集 (6)ロシア・西スラブ編
ロシアはヨーロッパから別扱いされ、なおざりにされ続けてきた。
新編 世界むかし話集 (7)インド・中近東編
世界宗教といわれるものはすべてこの地域で発生し、砂漠あり氷河あり、人類の往きかよう十字路。
新編 世界むかし話集 (8)中国・東アジア編
黄河流域の北は儒教の影響もあって少ないが、揚子江の南では民話が多く、また少数民族の民話が伝えられていて民間伝承は豊か。
新編 世界むかし話集 (10)アメリカ・オセアニア編
アメリカ・インディアンや大洋州原住民の民話。素朴なものが多いが、それだけに従来の昔話を読みなれた人にとっては、思いがけない発想や急転回があり、楽しいおどろきが多い。
新編 世界むかし話集 (9)アフリカ編
アフリカは大きく分けると、サハラ砂漠から北、地中海に面した地域と、いわゆる「黒いアフリカ」のサハラ以南に分かれるが、多くの部族社会ごとに民話も異なり、芸術的なもの、動物民話、神話など、その無限の変化が魅力ともいえる。
日本怪談集 幽霊編
科学上の常識では実在しないはずが、なぜ人は幻視・幻覚をかくも長い歴史のあいだ経験し続けてきたのか。
日本怪談集 妖怪編
妖怪化する動物の類の多くは、神霊、神使い、霊獣だったという。神樹、霊木が祟ったという話はどこでも聞く。
日本伝説集
伝説は読むだけでも楽しいし、その伝説がどうして発生し、どのような経路をたどって分布するようになったかを訪ねるのは、さらに興味深い。
海の奇談
書誌学研究のかたわら、世界の奇談・怪奇談などの紹介につとめ、「庄司浅水ワールド」とも呼ばれ、好評を博したシリーズ。
奇談千夜一夜
信じられそうもない本当の話、うそのような本当の話、奇なるもの、珍なるもの、妙なるもののエンサイクロペディアの前では、世界がまだまだ広大であり、底深いものであることを思い知る。
世界の奇跡
なじみ深いノアの箱舟からはじまる「聖書をめぐる奇跡」から、「現代に生きる奇跡」「夢にまつわる奇跡」「世にもふしぎな物語」「ふたつの奇妙な物語」他
モンゴル国ものがたり 神話と伝説と挿話と
なじみ深いわりにあまり知られることのなかったモンゴルの民族性を理解するために著されたが、その神話・伝説・民話に章が大きく割かれている貴重な文献。
星の神話伝説集
星や星座の神話伝説には、人類の遠い祖先の宇宙観や夢が反映されている。
中国怪異集
中国四千年の歴史は、中国民衆のものの見方や生きる知恵の、革袋のなかの酒ともいえます。
秘められた世界史
このシリーズ中では一転して、歴史的事実、事件の裏にある悲しくいたましい秘話、エピソードを発掘したもの。
あられもない祈り
出版社:
河出書房新社
著者:
島本理生
"〈あなた〉と〈私〉……名前すら必要としない二人の、密室のような恋―山本文緒・行定勲・西加奈子・青山七恵さん絶賛。至上の恋愛小説。島本理生の新境地!
火照った躰の内側から滲み出す愛の不毛と孤独は、私を虜にした。――行定勲(映画監督)
この小説を読むこと自体、胸をえぐられる恋愛をするのと同等だ。――西加奈子"
ダーティ・ママ!
出版社:
河出書房新社
著者:
秦建日子
"ベストセラー《刑事 雪平夏見》シリーズに続く待望の新シリーズ!43歳のシングル・マザー刑事・丸岡高子が1歳の愛息・橋蔵、新米刑事・葵と共に事件解決へひた走る!1歳の息子を育てるシングルマザーで、事件となればハイパーレッドのベビーカーをブッ飛ばして現場に駆けつける女刑事、丸岡高子登場!FX会社で働く女性が襲われた。単純な強盗未遂事件かと思いきや、自首してきた...
強運を呼び込む47の習慣
出版社:
PHP研究所
著者:
佐藤伝
運のいい人と悪い人、その差は毎日の“何気ない習慣”に隠されていた! 本書では、30年間に渡って数多くの人を成功に導いてきた「習慣術の達人」が、人生を好転させる最強のメソッドを紹介。「不要品はとことん捨てる」「下着の色は赤にする」「花を部屋に一輪だけ飾る」「光り物を身につける」など、仕事からお金、恋愛までに効くヒントがいっぱい。この1冊であなたの運は絶対よくな...
蹴りたい背中
出版社:
河出書房新社
著者:
綿矢りさ
高校に入ったばかりの蜷川とハツはクラスの余り者同士。やがてハツは、あるアイドルに夢中の蜷川の存在が気になってゆく…いびつな友情? それとも臆病な恋!? 不器用さゆえに孤独な二人の関係を描き、文学史上の事件となった百二十七万部のベストセラー。史上最年少十九歳での芥川賞受賞作。
徳川秀忠と妻お江
出版社:
PHP研究所
著者:
立石優
「秀忠さまは、当年おいくつですか」お江は淀殿の顔色をうかがうように訊いた。我ながら(もう負けている)と感じ、みじめな気分になっていた。「十七歳におなりです」(六歳も年下のお相手。ましてこちらは三度目の結婚ときている。なんとまあ……)お江は打ちひしがれて、黙り込んだ──。信長の妹・お市の方の三女・お江は、幼くして父母を殺されるという悲運を味わう。そして23歳の...
「悪」と戦う
出版社:
河出書房新社
著者:
高橋源一郎
"少年は旅立った。サヨウナラ、「世界」―衝撃のデビュー作『さようなら、ギャングたち』から29年。著者自身「いまの自分には、これ以上の小説は書けない」と語った傑作!
―――
29年前、デビュー作『さようなら、ギャングたち』でやり残していたことが一つだけありました。ラストは、もっと別の形のものになるはずでした。
でも、その頃のぼくに...
クリスマスを探偵と
出版社:
河出書房新社
著者:
伊坂幸太郎
"伊坂幸太郎が初めて書いた小説が、自身の手により、20年の時を経て完全リメイク!
舞台はドイツ、童話に出てくるような町、ローテンブルク。探偵カールがクリスマスの夜に出会った、不思議な男とは……?
デビュー10周年を記念して刊行の総特集ムック『文藝別冊 伊坂幸太郎』に収録された、作家の創作の原点となった物語。クリスマスを彩るにふさわしい、大...
サラダ記念日
出版社:
河出書房新社
著者:
俵万智
〈「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日〉――日常の何げない一瞬を、新鮮な感覚と溢れる感性で綴った短歌集。生きることがうたうこと、うたうことが生きること…なんてことない24歳が生み出した感じやすくひたむきな言葉。従来の短歌のイメージを見事に一変させ、与謝野晶子以来の革命的情熱歌人誕生とうたわれた、空前絶後の大ベストセラー。
人のセックスを笑うな
出版社:
河出書房新社
著者:
山崎ナオコーラ
「思わず嫉妬したくなる程の才能」と選考委員に絶賛された、せつなさ100%の恋愛小説。松山ケンイチ、永作博美主演で映画化され、話題に。十九歳のオレと三十九歳のユリ。恋とも愛ともつかぬいとしさが、オレを駆り立てた――歳の離れたふたりの危うい恋の行方は? 年上の女性との恋愛をまったく新しい文体で描いた、第41回文藝賞受賞作/芥川賞候補作。短篇「虫歯と優しさ」を併録...
大人のケンカ必勝法
出版社:
PHP研究所
著者:
和田秀樹
「成果主義!」「能力重視!」と力の入った声がさまざまな場所で聞かれるようになった。実際に日本にはこれが浸透しているといってもいい。何しろ「勝つ人」「負ける人」の差が明確になってきたからだ。年収の格差が急激に広がってきたことはその顕著な例だ。現代は、そんな競争原理主義のサバイバル時代なのである。かつての日本人の典型、「根回し上手でケンカせず」では冷や飯を食わさ...
138件