雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSSカテゴリーのRSSフィードのURL
雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSS カテゴリーのRSSフィードを表示する
RSS
このカテゴリーの新着情報はコチラから
表示数
並び順
【超訳】論語
出版社:
PHP研究所
著者:
岬龍一郎編訳
多くの偉人たちから愛され、日本人の道徳感の柱とも言える『論語』。しかし、“とっつきにくい”というイメージから、敬遠している人も多いのでは? 本書は、論語の中から、現代の荒波を力強く歩むための言葉を厳選し、そのエッセンスだけを読み解いた。「どんな人からも学ぶことができる」「悩んでもどうしようもないことは悩まない」など、不朽の名著がかつてないやさしさで甦る! <...
テレビは見てはいけない
出版社:
PHP研究所
著者:
苫米地英人
あなたの脳は知らぬ間に毒されている! 洗脳のプロフェッショナルが教える「だまされない生き方」とは? 日本人はなぜテレビに洗脳されるのか。CMに映し出される魅力的な商品、芸能人が着ている華麗なファッション、著名人が住んでいる高級マンション、有名店の豪勢な料理……それらはホントにあなたが欲しいモノですか? 幸福な生き方ですか? 「空気を読め」と画一的な価値観を強...
ドラッカーと松下幸之助
出版社:
PHP研究所
著者:
渡邊祐介
幼少期より波瀾万丈の人生を辿ったのち、二十世紀を代表する学者、実業家としての地位を確立した二人の哲人、ピーター・ドラッカーと松下幸之助。卓越した両者のマネジメント論、人間観には共通する点が多々あった! 本書では、双方の生き様を照らし合わせるなかから、生きがいをまっとうする仕事とは何か? 偶然の幸運を、いかにつかみ取るか? イノベーターとしての行動原理とは? ...
挫折力―一流になれる50の思考・行動術
出版社:
PHP研究所
著者:
冨山和彦
否定的なイメージの「挫折」ですが、それを経験した人間だけが、これからの不安定な時代を愉快に生き抜くことができます。 なぜなら、「挫折」という極度のストレスにさらされることで、ビジネスで最も必要な「打たれ強さ」を手に入れられるからです。さらに、「挫折」を経験することで、「過去のリセット」「敗因の分析」「己を知ること」ができ、それこそが成長への近道となるからです...
子どもの心のコーチング
出版社:
PHP研究所
著者:
菅原裕子
" 子どもをよい子に育てたい――。そう考えるあまり、声をかけ、世話をやきすぎて、依存心の強い、自立できない子どもが増えているといいます。しかし、子どもの将来を思うのなら、自分で考える力、周りの人とうまくやっていける本物の「生きる力」を身につけさせるのが親の務めです。

 本書では、コーチングの技術を応用して、子どもの内なる能力を引き出し、...
商売心得帖
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
商売は朝に発意、昼に実行、夕べに反省の繰り返し――。事業一筋半世紀、その豊富な体験と深い思索から説く商売のコツとは。ビジネスの基本と本質が詰まった一冊。
[新装版]人を育てる100の鉄則
出版社:
PHP研究所
著者:
畠山芳雄
すべての社会的組織で働く人びとは、まず先輩から教えられ育てられて一人前になり、そして次には人を育てる側にまわる。これによって組織は永遠の生命を保って発展する。これは全ての人々に共通であり重要な課題であるが、育てる力の個人差は非常に大きく、ときには逆に、人を駄目にしてしまう人さえある。本書はOJT(On-the-Job Training)の本来の役割と機能につ...
おとなの叱り方
出版社:
PHP研究所
著者:
和田アキ子
新入社員の「理想の上司」10年連続ベスト10入りの秘訣を伝授。ちょっと叱っただけで、すぐ落ち込む、ふてくされる、逆恨みして陰口を叩く若者たち。逆ギレされるのがイヤで親も上司も見て見ぬふり。世の中から“怖い人”が消えて“いい人”ばかりになった。叱られないからマナーを知らない、ルールも守らない、きちんと謝ることさえできない。それは自分にとって損なのだと、みずから...
経営のコツここなりと気づいた価値は百万両
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
" 本書の標題は、昭和九年の元旦に、松下が社員に“お年玉”として贈った言葉だという。

 松下がこの言葉に託したのは、いかに学問、知識にすぐれ、人格的にも一点の非の打ちどころのない人であっても、経営者として成功するかというと、必ずしもそうではない。成功するには、それに加えて“経営のコツ”をつかまなければならない。そして、その“コツ”とは、...
経営心得帖
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
" 企業を取り巻く環境には、好況もあれば不況もある。しかし、その中にあって常に業容を拡大させていく使命が経営者にはある。

 松下幸之助は、本書の中で、経営者とは「たとえ小さな商店であれ、あるいは大きな会社であれ、店主ともなり、最高幹部ともなれば、他人は遊んでいても、自分は遊べない」ものだといい、「何人、何十人、あるいは何百人、何千人もの...
実践経営哲学
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
" 本書は松下がささやかな形で始めた事業を、一代にして世界的企業に育て上げた要因を自ら分析して、二十項目にまとめたものである。

 自身の言葉を借りれば「六十年の事業体験を通じて培い、実践してきた経営についての基本の考え方、いわゆる経営理念、経営哲学をまとめた」ものという。

 具体的な項目には、「人間観をもつこと」「...
社員心得帖
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
" 本書はタイトルどおり、企業に身を置き、一社員として働くことの意義を、新入社員、中堅社員、幹部社員に向けて説いたものである。

 しかし、読者の中には違和感を持つ人があるだろう。なぜなら、松下幸之助自身は、丁稚奉公と電灯会社に勤めたわずかな期間以外は、常に経営者として社員を遣ってきた立場の人物だからだ。

 ところが...
人生心得帖
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
" 本書は表題どおり、人生についての考えを述べたものであり、その人生論はまさに松下自身の体験と鋭い洞察から得た“生き方の智恵”“人生の指針”といってよい。

 たとえば、「病とつきあう」という項がある。そこで松下は、病から逃げてはいけない、病を恐れて遠ざけていると、病は後から追いかけてくる。反対に、病を味わい病と仲よくすれば、最後には病の...
続・道をひらく
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
"前著刊行後、混迷のうちに過ぎた10年の歩みを見据えて、人生の真髄とこれからの社会のあり方をしみじみと綴った座右の書。


本書は、松下幸之助が自分の体験と人生に対する深い洞察をもとに綴った短編随想集である。

これまで、どれほど多くの人が本書に勇気づけられ、また成功への指針としてきたことか。
<...
道をひらく
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
"昭和43年の発刊以来、累計400万部を超え、いまなお読み継がれる驚異のロングセラー『道をひらく』。本書は、松下幸之助が自分の体験と人生に対する深い洞察をもとに綴った短編随想集である。これまで、どれほど多くの人が本書に勇気づけられ、また成功への指針としてきたことか。この本には、時代を超えて生き続ける不変の真理があるからである。

 もし失...
脳を活かす勉強法
出版社:
PHP研究所
著者:
茂木健一郎
" 勉強を始めても三日坊主で終わってしまう、集中できない、記憶が苦手だ、などと悩む人も多い。しかし、それらは脳の特性をうまく活かさず勉強しているからである。

 本書では、脳科学の第一人者である著者が、脳の仕組みを活かした勉強法を開陳する。脳の「喜びの回路」が一度回れば、あとは雪ダルマ式に勉強の成果が上がるのである。著者は小学生~大学まで...
ごく普通の人でも難関資格に受かる非常識勉強法!
出版社:
すばる舎
著者:
石井和人
働きながら勉強して、難関資格をサクッと取得する人もいれば、
仕事を辞めて勉強に専念しているのに、なかなか受からない人もいる。
実はその差は、頭や運の良し悪しではなく、〈勉強スタイル〉にあります!

ことばのゲリラ反撃術 やられっぱなしで終わらせない!
出版社:
すばる舎
著者:
ゆうきゆう
無神経な言動を繰り返す上司や取引先、お局様……。
そんな相手に「こっそり」「素早く」「ちょっとだけ」言い返す、効果絶大の反撃術をとことん紹介!

もっと効率的に勉強する技術! 1時間の勉強が30分で終わる
出版社:
すばる舎
著者:
高島徹治
「思うように勉強ができない」「なかなか成果が上がらない」と悩む方に、限られた時間で、バツグンの成果を発揮するコツを徹底伝授します!
最強の英語上達法
出版社:
PHP研究所
著者:
岡本浩一
「英語は外国語だから」ではもう遅い! 
仕事や交渉にも通用する、ワンランク上の「真の英語力」を磨くための大人の英語勉強法を伝授。
日本人の美徳を育てた「修身」の教科書
出版社:
PHP研究所
著者:
金谷俊一郎
生きるうえで最も大切でありながら、戦後教えられなくなった「大切なこと」がある。
戦前の教科書から秀逸な話を選りすぐって紹介する。
コツコツできない人でも短期間でスイスイ受かる! 超快速勉強法
出版社:
すばる舎
著者:
庵谷 賢一
「コツコツできないあなたが、スイスイ受かる人になる方法教えます!」
ワンチュク国王から教わったこと
出版社:
PHP研究所
著者:
ペマ・ギャルポ
2011年に来日し、日本人の心をつかんだブータン国王夫妻。通訳を務めた著者が「龍の話」ほか素晴らしいエピソードをカラー写真とともに紹介。
語呂ごろ
もじり語は元々の言葉などをパロディ化したりアレンジするなどしてつくられたものです。この遊びは語呂合(ごろあわせ、もじり、語呂とも)といわれています。
進化する教育
===================

「進化する教育」DVDはコチラ   →リンク先:http://www.amazon.co.jp/dp/4865050027/

※DVDは電子書籍の為、付属致しません。

===================


すべての生命は海から生まれた
出版社:
PHP研究所
著者:
中村幸昭
白いミニ鯨スナメリの出産のドラマ、働き女房の居候亭主アンコウ、ひょうきんもののラッコ、伝説のヒロイン人魚のモデル、ジュゴン。海に生きる動物たちの生活は、驚くほどの知恵と愛情に満ちている。地球環境を守ることが緊急の課題になっている現代、私たちは今こそ動物たちの生きる姿に学ばなければならない。著者は、日本一の入館数を誇る鳥羽水族館の館長。ユーモアたっぷり、珠玉の...
格言の花束 現代教養文庫シリーズ
格言とは、いわゆる処世やためになる「いい言葉」ではなく、ひとつひとつが極めて短い人生論である、と編者は述べている。本書が1958年以来版を重ねて読者に支持されてきた理由はここに尽きる。時代を超える珠玉のメッセージ。
江戸川柳で知る故事・伝説 現代教養文庫シリーズ
古川柳の作者は、大名など武家から教養ある町人までさまざま。共通するのは、歴史や文学、中国の書物に通じていたこと。本書では、中国の故事・伝説などを題材にした川柳を時代順に収録。江戸教養人の受け取り方や考え方が浮き上がる。
禅語百話 現代教養文庫シリーズ
生活の指針となる禅のこころと神髄を、簡潔な一話一話のかたちで解説。例えば「冷暖自治」。わかりにくいか説明のつかないようなこと、冷たい、あついも、自分で一度触ってみなければ理解できない。それをあえて教えないことをいう。
続 日本のことわざ 現代教養文庫シリーズ
「使う者は使われる」は、昔、奉公人などをたくさん使用する人が、逆に、使うために心身を労し、結局奉公人に使われるようになる、という今に通じる話。「子ほど喜ばせにくいものはなく、親ほど喜ばせやすいものはない」もその伝。
98件