雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSSカテゴリーのRSSフィードのURL
雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSS カテゴリーのRSSフィードを表示する
RSS
このカテゴリーの新着情報はコチラから
表示数
並び順
電力会社のおしごと 初版
「仕事のデパート」ってどんな会社?
慧眼 大前研一通信特別保存版 PartⅣ
問題を解決する思考

貴方にも隠れた真実が見えてくる!
ビジネスコンプライアンス検定 初級 問題集
出版社:
サーティファイ
主催 サーティファイ コンプライアンス検定委員会
のうぜい!~同人作家のための確定申告ナビ~
税務職員が税務署を辞めてまで書き上げた渾身の一作!
同人活動経験のある元税務職員による確定申告解説マンガです。
お堅い話題ですがギャグでユルユルになってます。
コンサルタントの「現場力」
出版社:
PHP研究所
著者:
野口吉昭
コンサルタントの使っている「ツール」に関しては、勉強したことがあるという人も多いだろう。だが、当のコンサルタントがツールをそのまま、現場で使っているわけではない。できるコンサルタントは、「自分のツールを作る」。実はその「現場でのノウハウ」こそが一流と二流を分けているのだ。本書はその「コンサルタントの現場ノウハウ」を、一般のビジネスパーソンが使えるように解説し...
ビジネス力の磨き方
出版社:
PHP研究所
著者:
大前研一
すべてのサラリーマンは職業的絶滅の危機にある――本書はこの危機意識をベースにしている。同時に、やる気のある人にとっては今日ほどチャンスにめぐまれた時代もないと著者は説く。不透明な時勢だからこそ、先を見通す力、難局を切り抜ける力、付加価値を生み出す力があれば、成功は向こうから転がり込んでくるのだ。本書はノウハウの紹介が目的ではない。われわれが信じている常識や情...
挫折力―一流になれる50の思考・行動術
出版社:
PHP研究所
著者:
冨山和彦
否定的なイメージの「挫折」ですが、それを経験した人間だけが、これからの不安定な時代を愉快に生き抜くことができます。 なぜなら、「挫折」という極度のストレスにさらされることで、ビジネスで最も必要な「打たれ強さ」を手に入れられるからです。さらに、「挫折」を経験することで、「過去のリセット」「敗因の分析」「己を知ること」ができ、それこそが成長への近道となるからです...
女性の幸福(仕事編)
出版社:
PHP研究所
著者:
坂東眞理子
『女性の品格』の著者による仕事を通じた自己実現のすすめ。女性が働くことが少数派だった時代に、それでも一貫して著者が仕事を続けてきたのはなぜか? 働きつづけてきたからこそ、他人に頼らず生きてこれた。自分の成長を実感できた。感謝される喜びを経験できたと著者は説く。「仕事は人を裏切らない」「悩むひまがあれば行動する」「素直でまじめは才能」「叱られても落ち込まない」...
商売心得帖
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
商売は朝に発意、昼に実行、夕べに反省の繰り返し――。事業一筋半世紀、その豊富な体験と深い思索から説く商売のコツとは。ビジネスの基本と本質が詰まった一冊。
人材コンサルタントに騙されるな!
出版社:
PHP研究所
著者:
山本直治
「転職」「採用」その前に! だれも書かなかった業界のウソ・ホント。通勤電車やインターネットの広告で目につく「転職」の文字。景気回復の追い風もあり、世は求人難・転職ブームの時代だ。そこで始まる<人材コンサルタント>とのお付き合い。しかしその実態には謎も多いのではないだろうか。本書では、求職者と求人企業を仲介し転職を支援する<人材紹介会社>の内実と賢い利用方法を...
世界を知る力
出版社:
PHP研究所
著者:
寺島実郎
世界同時不況のさなか、日本には民主党新政権が誕生した。冷戦が終結して二〇年が過ぎ、長く続いた戦後体制は名実ともに変わろうとしている。日本と世界は今どこへ向かっているのか? 長く世界潮流を観測してきた著者が、“時空を超える視座”“相関という知”を踏まえて、“分散型ネットワーク時代”の新たな展望と日本の針路、いま最も必要とされる「全体知」のあり方を提示する。米中...
他人の10倍仕事をこなす私の習慣
出版社:
PHP研究所
著者:
和田秀樹
「才能がない」と諦めた人が負け、やり方を変えればよいと気づいた人が勝つ!――「忙しい」「時間がない」と、つい言いたくなるもの。しかし、世の中には著者のように凄まじい仕事量をこなす人間がいるのだ。年間数十冊の著書を出版、新聞・雑誌にコラムを連載し、月刊誌に論文を寄稿。さらに精神科医として週二回の診療を欠かさず、老年医学会のトップランク雑誌や国内の学術雑誌におい...
独破力
出版社:
PHP研究所
著者:
松井大輔
" フランスで己を磨き続け、サッカー日本代表のキーマンとして活躍が期待される松井大輔。チャンスを生み出すドリブルと華麗なテクニックで、常に見る人に「何かやってくれる」という期待を抱かせる。

 しかし、華々しい活躍のかげで、京都パープルサンガでのサテライト落ち、腰のケガ、そしてドイツワールドカップ日本代表落選……とさまざまな挫折を経験して...
稼げる文章 すぐ書けるコツ
出版社:
PHP研究所
著者:
竹内謙礼
ホームページ、ブログ、メール、店頭ポップ、企画書、報告書……「話す」ことよりも、「書く」コミュニケーションの方が主流になった今、文章力はビジネスマンの必須スキルといえよう。本書では顧客が寄ってくるコピー、取引相手を味方にするメール、上司から好かれる社内文書など、すぐに使えるコツを大公開! 誰でも賢くみえる文章術を伝授する。
会議革命
出版社:
PHP研究所
著者:
齋藤孝
あなたの会社の会議は大丈夫? 「意見の内容よりも、発言する人や発言する人の声の大きさで決まる」「いつも席次が決まっている」「はじめから結論が決まっているんじゃないかと思うことがある」……。そんなことを感じる会議は要注意です。本書は、著者の「不毛な会議を日本中から一掃したい」という、熱い思いから生まれました。したがって、「全員の顔が見える位置に座る」「ホワイト...
銀座ママが教える 「できる男」の口説き方
出版社:
PHP研究所
著者:
ますいさくら
夜の銀座で繰り広げられるビジネスのかけひき、男と女のやりとりの中で、成功する男たちは「言葉」という武器を巧みに操る。そして、彼らは仕事、お金、女性すべてに愛され続ける。そんな一流の男たちの「交渉術」とは? 本書は、人気会員制クラブのママである著者が見た一流の男たちの交渉テクニックをそっと教える。「『できる男』は夢を見せて口説く」「ワンオブゼムではなく、オンリ...
社員心得帖
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
" 本書はタイトルどおり、企業に身を置き、一社員として働くことの意義を、新入社員、中堅社員、幹部社員に向けて説いたものである。

 しかし、読者の中には違和感を持つ人があるだろう。なぜなら、松下幸之助自身は、丁稚奉公と電灯会社に勤めたわずかな期間以外は、常に経営者として社員を遣ってきた立場の人物だからだ。

 ところが...
勝者の思考 いい仕事をして、いい人生を送るために
出版社:
PHP研究所
著者:
財部誠一
稲盛和夫、前田晃伸、八城政基、吉越浩一郎、寺島実郎、ジェフリー・イメルト……。著者によれば、「傑出した経営者の過去を辿ると、30~40代の頃に、経営者として求められる『思考』の原型がすでにできあがっている」とのこと。そして、「仮に経営者の地位を得られなかったとしても、自分の人生が価値あるものであったと自分自身で納得できる生き方ができていたのではないか」と推測...
心を高める、経営を伸ばす
出版社:
PHP研究所
著者:
稲盛和夫
1959年、従業員28人で発足した京セラは、セラミックという新素材を世界に広め、売上1兆円の優良企業に。また1984年、ガリバーNTTの独占を崩すべく産声を上げたKDDIは、国内シェア2位、売上2兆8000億円の巨大企業に。この業態の違う2社を創業したのが稲盛和夫氏だ。しかし、氏の歩んできた道は決して平坦ではない。本書は、氏が半世紀近くに及び経営者人生のなか...
新しい自分に気づくセルフコーチング
出版社:
PHP研究所
著者:
吉田典生
何かを選択しなければならないとき、仕事や人間関係で行き詰ってしまったとき、不安や不満を感じたとき、あなたは誰に相談しますか? 友人? 家族? 恋人? 上司? 「こうしたほうがいいよ」とアドバイスされたら、その通りに実行していますか? 参考にすることはあっても、反発を覚えたり、「そうはいっても……」と尻込みしたりしてしまうのではないでしょうか。あなたの人生の答...
続・道をひらく
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
"前著刊行後、混迷のうちに過ぎた10年の歩みを見据えて、人生の真髄とこれからの社会のあり方をしみじみと綴った座右の書。


本書は、松下幸之助が自分の体験と人生に対する深い洞察をもとに綴った短編随想集である。

これまで、どれほど多くの人が本書に勇気づけられ、また成功への指針としてきたことか。
<...
伝える力
出版社:
PHP研究所
著者:
池上彰
"商談や会議、プレゼンテーションや企画書・報告書の作成、電話での交渉、メールでの連絡――ビジネスの現場で行なわれている日常業務。仕事の「できる」「できない」を左右するのは、意外とこうした基礎をしっかりやるかどうか。それには上司や部下、顧客とのコミュニケーションをいかに円滑にするかが鍵を握る。

 本書は「話す」「書く」「聞く」の3つの能力...
道をひらく
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
"昭和43年の発刊以来、累計400万部を超え、いまなお読み継がれる驚異のロングセラー『道をひらく』。本書は、松下幸之助が自分の体験と人生に対する深い洞察をもとに綴った短編随想集である。これまで、どれほど多くの人が本書に勇気づけられ、また成功への指針としてきたことか。この本には、時代を超えて生き続ける不変の真理があるからである。

 もし失...
はじめてのEVERNOTE情報整理術
出版社:
笠倉出版社
倉下忠憲氏 誌上セミナー開講! Evernoteライフハック的「超」仕事術全公開。名刺や人脈管理・アイデア帳や原稿管理・資料データベース化・復習ノート作成・やりたいことリストと予定管理・ファイルバックアップ・共有機能で執筆原稿やりとり・共有機能で勉強会・ライフログや行動記録・Twitterの記事を貼付ける・駅やバス停お時刻表を記録・家計簿をEvernoteで...
仕事ができる〝キラリーマン!〟
出版社:
流行発信
著者:
余語まりあ
日本テレビ「魔女たちの22時」やTBS「はなまるマーケット」にも出演のキラリーマン評論家、イメージアップアドバイザーである余語まりあ渾身の1冊。
スティーブ・ジョブズ名語録
出版社:
PHP研究所
著者:
桑原晃弥
iPod、iPhone、iPad……。
iPad・スマートフォン・クラウド・Twitter…で 結局、何が変わるんですか?
出版社:
すばる舎
著者:
藤井伸輔/野村章
「モバイル」「ワイヤレス」「クラウド」で、Webの利用、通信、パーソナル管理が、「いつでも」「どこでも」可能になる―。
モバイル・インターネット・デバイスがもたらす情報格差、そして、私たちのライフスタイル、ビジネスモデルに与える影響を、わかりやすく解説。
「これやっといて」で部下が動いてくれる! 最速・最短・最ラクで部下を戦力にする極上メソッド
出版社:
すばる舎
著者:
柴田英寿
「自分の仕事にもっと集中したい」「部下が言った通りにしてくれない」「何をどう教えていいかわからない」――その悩み、全て解決できます!!
「やり残しゼロ!」の仕事術60 毎日、スッキリ達成感!
出版社:
すばる舎
著者:
上村敏彦
その日やろうと思っていた仕事を、きれいにさばくことができると、非常に晴れ晴れとした気持ちになるものです。
一方、「やり残し」が積み重なるとストレスもたまり、日増しにパフォーマンスも落ちていきます。
340件