表示数
並び順
東京近郊 一日の行楽 現代教養文庫シリーズ
日露戦争のとき写真班として従軍し、その従軍記を著すなど紀行文を多く残した。時代は明治後期から大正初期。東京近郊の風景・風俗、事件・事故、花鳥風月、事物の来歴、文学的エピソードがこれでもかと盛り込まれた、なつかしい東京。
東京震災記 現代教養文庫シリーズ
島崎藤村『破戒』と並び、田山花袋の『蒲団』は性の赤裸々な暴露を描いて、自然主義文学の代表作と評された。それだけに、実地踏査と細密な観察にもとずく大震災直後からの被災の実態描写は、記録文学の金字塔ともいうべき名作となった。
2件