日本人なら一度は見ておきたい 民話と伝承の絶景36 立ち読み

日本人なら一度は見ておきたい 民話と伝承の絶景36

出版社 山と溪谷社
著者 石橋 睦美
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この本の内容

自然美と人の生業の融合した「幽玄の世界」に、風景写真の第一人者が迫る!
日本人なら一生に一度は見ておきたい、時代を超えて受け継がれてきた「絶景」を厳選して紹介。
出羽立石寺・松島の戻り松・土佐室戸岬・吉野の山桜・近江三井寺 ほか

風景写真家、石橋睦美さんが各地に残された民話や伝承が残された土地を訪ね歩いた記録を、
まさに「絶景」と呼ぶにふさわしい風景写真とともにお届けする。

芭蕉が「閑さや岩にしみ入る…」と詠んだ立石寺

西行が足跡を残すことが叶わなかった松島の戻り松

空海が修行僧として開眼した室戸岬の御厨人窟

役行者が蔵王権現の像を刻んだ吉野の山桜

小野小町が最後の恋をした小町堂

紫式部が籠って源氏物語の着想を得たという石山寺

牛若丸が天狗に剣術の手ほどきを受けた鞍馬山…他