名医が語る最新・最良の治療 大腸がん 立ち読み

名医が語る最新・最良の治療 大腸がん

出版社 株式会社 法研
著者 山口茂樹
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この本の内容

大腸がんは、早期発見できれば5年生存率90%以上という治りやすいがんです。治療法は、早期なら、腸内からがんを切除する内視鏡治療が可能。手術でも、従来の開腹手術だけでなく、大きく傷をつけない腹腔鏡下手術を選択できる場合があるなど、体への負担の少ない治療技術が進んでいます。また、ある程度進行したがんや遠隔転移があっても、手術に化学療法や放射線療法を組み合わせて、根治をめざせる可能性があるのが大腸がんの特徴です。

本書では、大腸がん治療の第一人者である医師が、それぞれの治療法のメリットや注意点をわかりやすく解説。さらに、検査・診断や治療法の選択、最新トピックスについても詳しく紹介し、患者さんが納得のいく治療法を選ぶ指針となるような1冊にまとめています。