新版 家庭でできるリハビリテーション 立ち読み

新版 家庭でできるリハビリテーション

出版社 株式会社 法研
著者 隆島研吾
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この本の内容

老化によって起こる骨折、病気やケガの後遺症によるマヒなどが原因となって、寝たきりになってしまうことがあります。つまり、寝たきりになる原因は、そのほとんどが作られているのです。
寝たきりにならないためには、退院後のリハビリテーションがきめ手となります。本書の理学療法士の著者は、障害者施設等で、障害のある多くの人のリハビリテーションを実際に指導してきた第一線で活躍している専門家です。病院や施設で実際に行っているリハビリテーションの専門技術を、ご家庭でできるように詳しく図解します。寝たきりの生活から、外出ができるまで機能アップを目標にしたステップアップのリハビリテーションと、利用できる介護・介護予防サービスについて紹介しています。