みんなちさこの思うがままさ

みんなちさこの思うがままさ

出版社 山と溪谷社
著者 池田 知沙子
対応デバイス
iPhone対応 iPad対応

この本の内容

幻の書、再臨。1999年に急逝した池田知沙子。
人の入ることの稀な山域を、沢登りや雪山登山というスタイルでかけ、類いまれな文章力で読む者を魅了した池田氏の唯一の著作集であり遺稿集である『みんなちさこの思うがままさ』(2000年、浦和浪漫山岳会出版局刊。2003年第2刷)が甦りました。
本書はもとは身近な人々に頒布されましたが、その文章の質の高さが話題を呼び、自費出版としては異例の増刷もされました。その後も噂が噂を呼び、現在でも本書を探し求める人がたえませんが入手困難な状況です。
最も新しい古典にして、どの山の本とも異なるこの傑作を新装復刊しました。新たな「ちさこ伝説」、のはじまりです。
<満天の星である。遠く稲光もする。焚き火が燃えあがると、ひととき星数が少なくなる。美しい闇のただなかに、沢音がたしかなリズムをきざむ。みんなちさこの思うがままさ。月もだしてみせると有言してしまったさ。多分、私たちが寝静まった頃、なんといっていいかわからないお月様が、静かに静かにめぐるのだろう。>