本当は怖い昭和30年代 ALWAYS地獄の三丁目 立ち読み

本当は怖い昭和30年代 ALWAYS地獄の三丁目

出版社 鉄人社
対応デバイス
PC対応 Android対応

この本の内容

暴力とカネが全て
日本の暗黒時代へ、ようこそ!

ここ数年、『古き良き昭和』を懐かしむのがちょっとしたブームになっています。
そして、そのノスタルジィを一番感じさせるのが昭和30年代だそうです。

往時を知る人たちからすると、昭和30年代は『みんな貧乏だったけど』『人情が
あって』『夢も希望もあった』そうで、今の日本人が失ってしまった大切なもの
が残っていた時代だったとのこと。
当時を舞台にして大ヒットした映画『always 三丁目の夕日』シリーズもそういったイメージを
下敷きにストーリーが作られていました。

しかし、そんなノスタルジィが極端に美化されたものだということは、ちょっと調べればすぐに分かります。
当時の日本、もとい日本人はまだ成長途中で、明らかな非常識が常識としてまかり通り、モラルもへったくれもない時代でした。
毎日がサバイバルであり、一歩外に出ればそこに広がるのはカオス。
貧富の差は激しく、ドロドロした人間関係は人々をがんじがらめにしていたのです。

もちろん、娯楽映画の中の いい時代 を批判するつもりは毛頭無いし、真実を描いていない! などと高説をたれるつもりもありません。ただ、あまりにもキレイすぎると、ウラ側にある汚い部分も覗いてみたくなるもの。

本書を昭和懐古ブームのネガティブな解説本として楽しんで頂ければ幸いです。

※本書「まえがき」より

この書籍の目次

第1部 日常生活も危なかった
第2部 トンデモだらけの社会
第3部 問題だらけの学校生活
第4部 不便が当たり前の交通
第5部 世の中犯罪だらけ
第6部 楽しければ何でもアリ