Judge Wildcat and the Acorns(どんぐりと山猫) 立ち読み 関連商品

Judge Wildcat and the Acorns(どんぐりと山猫)

出版社 新函館ライブラリ
著者 文 宮沢賢治、画 佐藤国男、訳 ピーター・ハウレット
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この本の内容

全国の宮沢賢治ファンから支持される函館の版画家・佐藤国男氏による賢治童話の音声付き絵本の英語版。
秋も深まった土曜日の夕方、一郎の家に山猫から「面倒な裁判をするのでおいで下さい」というおかしなハガキが届きます。日曜日の朝、一郎が栗の木や白いきのこやリスに道をたずねながら黄金の草原へとたどり着くと、風がどうと吹き、目の前に山猫が現れます。黄金の草原で一郎が目にしたどんぐりたちの裁判とは一体何なのか。痛烈な社会批判をユーモアでくるんだ快作です。
ピーター・ハウレットさんの朗読、オルガニスト・石崎理さんのBGMとともにお届けします。語学教材としてもどうぞ

この書籍の目次

One late afternoon on an autumn Saturday, a very strange postcard from Judge Wildcat arrived at Ichiro’s house. “Tomorrow is troublesome trial. Please come.” was written on the postcard asking him to come to the mountains to help settle a dispute among the acorns. So, off went Ichiro the next morning. Asking the big chestnut tree, the white mushrooms and the squirrel along the way, finally Ichiro arrived at the golden-colored grassy field where the trial was to be held. There he met Judge Wildcat’s coachman, and along with a great gust of wind arrived Judge Wildcat right before him. What was the acorns’ trial about? And what was the surprising advice that Ichiro gave to the most bewildered Judge Wildcat?

この著者の他の本

Ozbel and the E...
The Restaurant ...