Ozbel and the Elephant(オツベルと象) 立ち読み 関連商品

Ozbel and the Elephant(オツベルと象)

出版社 新函館ライブラリ
著者 文 宮沢賢治、画 佐藤国男、訳 ピーター・ハウレット
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この本の内容

全国の宮沢賢治ファンから支持される函館の版画家・佐藤国男氏による賢治童話の音声付き絵本の英語版。
オツベルは大地主の資産家で経営手腕もあり、たくさんの人を使い景気よくやっていました。そこへ山から白い子象が迷いこみます。オツベルは子象をだまし、重しの鎖をつけ、水汲みやふいご吹きの仕事を次々とやらせます。食べ物の稲ワラは少なくなるのに、仕事はどんどんきつくなり、疲れ果てた子象は仲間の象たちに助けてくださいと手紙を書くのですが…。
ピーター・ハウレットさんの朗読、オルガニスト・石崎理さんのBGMとともにお届けします。語学教材としてもどうぞ

この書籍の目次

This is a story of a story being told by a certain herdsman. Ozbel was a wealthy landowner and a good proprietor. He had many employees working for him and had a steady flow of business. To this scene out of the blue, came a white elephant. Ozbel deceived the elephant and forced him to do demanding jobs such as fetching water and blowing on a smithy fire. The jobs got harder and harder, but the elephant was only given a few sheaths of straw every day. The exhausted elephant finally decided to write a letter asking his friends to save him from his ordeal, and then…

この著者の他の本

The Restaurant ...
Judge Wildcat a...