その症状って、本当に認知症? 立ち読み 関連商品

その症状って、本当に認知症?

出版社 株式会社 法研
著者 朝田隆
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この本の内容

認知症は患者数が多いので、身近な高齢者にもの忘れが増えたり、以前と比べて変わった様子を見ると「認知症かな?」と考えがちです。しかし、「認知症のように見えて認知症ではない、治療可能な病気」はたくさんあります。医師から「認知症」と診断された例でも、後から違ったとわかることもあります。適切な治療をすることで認知機能が回復する例も少なくないのです。また高齢者の認知機能は、環境や体調などからも影響を受けやすいものです。本書は認知症と間違えやすい病気、高齢者の認知機能を低下させる要因を解説し、認知機能を回復する可能性があれば適切な対処を行い、いきいきと暮らすための対処法や工夫を紹介します。

この書籍の目次

第1章 その症状は、認知症ではないかもしれない?
第2章 認知症と間違われやすい病気
第3章 認知機能を悪化させる要因
第4章 体の不調で低下する認知機能
第5章 自分でできる認知症を進ませない工夫

この著者の他の本

ウルトラ図解 認知症
ボケない暮らし 30ヵ条