家で死んでもいいんだよ 立ち読み

家で死んでもいいんだよ

出版社 株式会社 法研
著者 川上嘉明
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この本の内容

5割以上の人が希望する死亡場所として「自宅」を選びますが、現実には、年間死亡数約140万人のうち、自宅死をしている人は17万人ほどの1割強に過ぎません。
 この家で最期を迎えたい、また「家で看取る」という強い思いと、それを支える体制づくりがマッチしたとき、「希望を現実にできる」成果をあげられます。
 本書は、高齢者本人を可能な限り「もっともよい状態に置く」ことを看取りの基準におき、段階を追って解説。そして看取りが終結する最期の‘そのとき’からは、可能な限りよいお別れとなるための手順を、家族のケアに重点を置いて解説します。

①在宅で最期を迎えたい高齢者を支える家族
②看取りにおけるケアを提供する人たち
③在宅での最期を希望する高齢者自身
三者が、最大限納得できる看取りの参考書

この書籍の目次

Part1. 心がまえ編
Part2. 準備編
Part3. 実践編
Part4. 終結編