挑戦 新たなる繁栄を切り開け! 立ち読み

挑戦 新たなる繁栄を切り開け!

出版社 株式会社ビジネス・ブレークスルー
対応デバイス
PC対応 Android対応

この本の内容

===================

※DVDは電子書籍の為、付属致しません。

===================

「この混乱の時代に求められるのは、アカデミック・スマートではない。現実の中で自ら考え、 答えのない問いに自分なりの答えを見つけ出していくストリート・スマートである。」~本文より ~

盛田昭夫、本田宗一郎、松下幸之助など、世界に冠たる日本ブランドを築き上げた戦後第一世代の経営者と比べ、現在の日本のビジネスパーソンが圧倒的に劣っているのは、世界に挑戦する「気概」、
「アンビション」 だと指摘する大前研一が、世界の教育トレンドから、OECD諸国の平均より著しく低い日本での社会人への 再教育の必然性や、道州制、文科省への提言、グローバル人材の育成法
などを語り、自ら学長に就任したビジネス・ブレークスルー大学、大学院などで学ぶ学生や卒業生の「ストリート・スマート」像に挑戦する道程や声も紹介。更に、<原発・再生エネルギー問題>、
<世界の教育トレンド>、<日本で政権交代がうまくいかない本当の理由>等、様々な事象を大局的に俯瞰し提言をする大前研一の発信に加え、そこから学び取っていく学生達の問題解決思考の一端
もご紹介しています。 激変する時代を生き抜けるスキルアップを望む全ての人へ贈る、「読んで、見て、身につける!」貴方のアンビションを刺激する大前研一通信特別保存版シリーズ、第7弾!

この書籍の目次


        

大前研一通信特別保存版Part.Ⅶ 


「 挑 戦 」~新たなる繁栄を切り開け!~

 

まえがき                  


第1章 教育改革への「挑戦」

 
1.ストリート・スマートが「新たなる繋栄」を切り開く 


2.世界の教育トレンド               

(1)国家戦略を考えるうえで一番大切な問題は「教育」 
(2)21世紀の教育をめぐる二つの大きな変化 
(3)先進国の現実に教育制度が全く合っていない日本の問題 
(4)日本人をアンビションの無い国民にした「偏差値」問題 
(5)学歴インフレが進行している現状 
(6)エリート・リーダー教育の世界の取り組み 
(7)教育で世界から遅れをとった日本のわけ 
(8)アメリカの落ち込み 
(9)安定した卒業生を育てるドイツ・スイス型特徴 
(10)アジア型詰め込み主義か、北欧型「考えさせる教育」か 
(11)日本の教育の問題点 
(12)再教育、企業の場合 
(13)人材は国力を決める一番大きな武器 


3.日本の教育の問題点 

(1)米国は、強者を呼び込むが日本は、強者が逃げていく! 
                             
(2)「ストリート・スマート」なリーダーを目指せ     
(3)21世紀型子育てのすすめ               

4.21世紀の教育へ

 [クオリティ国家」という選択]

(1)世界で繁栄する「国のかたち」     
(2)道州制のダイナミズムが日本を変える! 
(3)人材育成こそが「道州」の最大の仕事  


 [未来の学校づくりへの示唆]    

(1)文科省は何をやる組織なのか 
(2)義務教育の役割の定義 
(3)稼ぐ力を身に就ける大学 
(4)グローバル時代のコミュニケーションとしての英語 
(5)新しい教育システムの設計 

 [社会人の再教育] 

(1)社会人の再教育で後れを取っている日本      
(2)なぜ少子高齢化の時代なのに「教育」が21世紀最大の産業になるのか?

 [大前研一が語るグローバルに活躍する人材の育成]      

(1)21世紀の「勝利の方程式」 
(2)語学は「通じてなんぼ」の世界 
(3)教育の制度の大胆な切り換え 
(4)社会人のための大学・大学院 

 

第2章 答えがない時代への「挑戦」

    【BBT大学・BBT大学院・BONDーBBT MBA】 


1.BBT大学

(1)なぜ今「新興国」に出ていく時なのか?(大学講義「新興国ビジネス事例研究」より/椿進BBT大学経営学部教授)
(2)世界で通用するための「2つの力」 
(3)BBT大学の講義で重要視する「実践と行動」
(4)BBT大学生の紹介 
(5)BBT大学生の「行動の変化」 
(6)失敗が許される環境 

2.BBT大学院 

(1)“正解”がない時代に求められる力とは? 
(2)この時代を生き抜き成果を上げるために、BBT大学院では何を学ぶか? 
(3)国内・国外問わず活躍する修了生たち 
(4)卒業後も、自分に必要な武器を得ながら学び続ける修了生たち 

3.BOND-BBT グローバルリーダーシップMBA 

(1)Bond-BBT グローバルリーダーシップMBAプログラムで学べることはなにか
(2)Bond-BBT MBAでのプロセス 
(3)Bond-BBT MBA 卒業生の声と成果 

 .Bond-BBT MBAプログラムディレクター コメント 

 

第3章 問題解決思考への「挑戦」

   ~大前研一の発信から学ぶ ~

   
<原発・エネルギー問題>

 1.新政権はロシアと電力輸入などの経済協力を進めよ     

(1)日ロがじっくりと話し合う好機 
(2)極東地域での中国依存にロシアが危機感 
(3)ロシアの焦りを利用し、有利な条件で天然ガスの調達を 
(4)サハリンから電力を持ち込む技術はすでにある 
(5)平和条約締結も視野に入れた広範囲な話し合いを 
*エアキャンパス発信事例紹介(各学生コメント抜粋)

 2.国家的危機にある日本は、再生可能エネルギー政策を改め、
  石炭火力を見直せ                    

(1)太陽光発電の買い取り価格がようやく1割下げへ 
(2)ドイツやスペインでも引き下げが進む 
(3)今後注目されるのは低コストの石炭火力 
(4)韓国、米国、ドイツは4割以上が石炭火力 
(5)米国のシェールガス革命が起こす「世界の玉突き現象」 
(6)エネルギー問題は実現可能なプランが重要 
*エアキャンパス発信事例紹介(各学生コメント抜粋)

<政治問題>

 3.日本で政権交代がうまくいかない本当の理由      

(1)民主党政権は、「アラブの春」現象 
(2)自民党政権の本質とは 
(3)地方に金をばらまき、票を買ってきた 
(4)自民党外交は“属人的な外交” 
(5)小選挙区制は、デメリットが大きい 
*エアキャンパス発信事例紹介(各学生コメント抜粋)


<教育問題>

4.「世界の教育トレンド」関連エアキャンパス(AC)発言


あとがき