表示数
並び順
漢方で治す気になる不調
漢方で治す気になる不調
出版社:
株式会社 法研
著者:
岡部哲郎
不調で病院を受診し、「具体的な治療方法はありません」と言われてもあきらめないでください。

「なんとなくイライラする」「不調が続く」といった状態から、「ぜんそく」「リウマチ」、「口内炎」、「シワ、シミ」、「メタボ」まで、それぞれの症状から原因を探り、漢方の治療方法を紹介していきます。また、遺伝的な要素や老化現象にも治療する方法はあります。...
後家楽日和
後家楽日和
出版社:
株式会社 法研
著者:
花井幸子
最愛の夫を亡くしたおひとりさまの著者が、「今」を目いっぱい楽しむ暮らしぶりを綴っています。「12センチヒールにこだわる理由」「生きている限り出席簿に○をする」「ダイエットの敵は、もったいない」「苦手な人からは後ろ足で遠ざかる」など、著者ならではの流儀や、「目ぢからアップのメイク」「開発した美容液」「愛用の補正下着」など、美しさを保つために実践している美容法を...
抗うつ薬を飲む前に
抗うつ薬を飲む前に
出版社:
株式会社 法研
著者:
中河原通夫
うつ病の治療薬には、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が繁用されていますが、抗うつ薬が効かない場合もあります。なぜこのような状態が起こるのか? 本書では、「診断への疑問」「うつ病が治る場合・治りづらい場合」「抗うつ薬の効果」などを、解説しています。

また、薬物療法以外で取り入れられている「認知行動療法」「ハーブ療法」「運動療法...
自分で防ぐ・治す 糖尿病
自分で防ぐ・治す 糖尿病
出版社:
株式会社 法研
著者:
帯津良一
食生活の欧米化、生活習慣・環境の変化により、糖尿病患者、および糖尿病の疑いのある人は年々増加しています。糖尿病は、初期ではほとんど自覚症状がありませんが、治療を行わず悪化させると生命にかかわるような「合併症」を引き起こす恐ろしい病気でもあります。

本書では、こうした糖尿病に関する基礎知識や予防法、治療方法を豊富なイラスト・写真とともに解...
専門医が図解するシリーズ 脳梗塞の治し方・防ぎ方
専門医が図解するシリーズ 脳梗塞の治し方・防ぎ方
出版社:
株式会社 法研
著者:
岡田芳和
脳の血管が詰まることによって、脳の組織が障害される「脳梗塞」は、日本人の死因第3位にランクされる"脳卒中"を招く主要要因のひとつです。早期に適切な治療を受けて救命される人もたくさんいますが、それでも後遺症に悩まされる人も多いのが実情です。

本書は、増加傾向にある脳梗塞の原因・検査・治療から、病気が残った場合の生活処方までをわかりやすい図...
前立腺がん 正しい治療がわかる本
前立腺がん 正しい治療がわかる本
出版社:
株式会社 法研
著者:
村石修
前立腺がんは増加の一途をたどり、2020年には男性のがん罹患率第2位になるといわれています。しかし、腫瘍マーカー検査の普及により、早期発見率は高まっています。

また治療方法には、「手術」「放射線療法」「薬物療法」などがあり、とくに放射線療法は、外から照射する方法のほか、前立腺内に線源を埋め込む方法など、選択肢が増えています。
...
男おひとりさま道
男おひとりさま道
出版社:
株式会社 法研
著者:
上野千鶴子
増加の一途を辿る「死別シングル」「離別シングル」「非婚シングル」の男おひとりさま。

それぞれがどのような老後をむかえ、どのような問題に直面するのか? 

「下り坂を下りるスキル」「自分の居場所づくり」「介護を受ける心構え」「退職後の知人、友人とのつき合い方」など、おひとり力のつけ方を著者が語り、最後に「男おひとりさま...
糖尿病 正しい治療がわかる本
糖尿病 正しい治療がわかる本
出版社:
株式会社 法研
著者:
野田光彦
糖尿病患者さんは、予備軍の方も含めると約2000万人ともいわれています。

治療の中心となるのは、「食事・運動療法」「経口血糖降下薬による治療」「インスリン療法」の3つです。どの治療方法が選択されたとしても、その目的は血糖値のコントロールです。現在治療中で、血糖値がなかなか下がらないという方は、現在の薬が合ってない可能性も考えられます。高...
乳がんの人のためのレシピ : おいしく食べて、元気に生きよう
乳がんの人のためのレシピ : おいしく食べて、元気に生きよう
乳がんになった人も、乳がんを予防したい人にも役立つおいしいヘルシーメニュー50品。症状の緩和や治療に緩く結びつけるような形で提案されたカラーレシピ集。
名医が語る最新・最良の治療 乳がん
名医が語る最新・最良の治療 乳がん
出版社:
株式会社 法研
著者:
中村清吾
乳がんは、ほかの多くのがんと比べて検査や診断技術、治療の進歩が著しく、4~5年前とは治療の考え方そのものが大きく変化しています。現在では患者さんの希望やライフスタイルを考慮して、治療法が選択できるようになりました。本書では、各種治療法の医師が、最新の情報を解説。また、検査・診断や治療法の選択、最新トピックス、患者さんのQOL(生活の質)向上のためのチーム医療...
認知症の9大法則 50症状と対応策
認知症の9大法則 50症状と対応策
出版社:
株式会社 法研
著者:
杉山孝博
認知症の患者数は300万人を超え、政府の予測を大幅に上回るペースで増加しています。今後、自分が認知症にならなくても、家族や周囲の人が認知症になる可能性は十分にあります。
過食や暴言など、不思議に感じられる認知症の症状は、実はある程度、類型化できます。その特性をまとめたものが、「認知症をよく理解するための9大法則」で、さまざまな症状はこの法則にそって...
イラストでわかる 子宮がん・卵巣がん
イラストでわかる 子宮がん・卵巣がん
出版社:
株式会社 法研
著者:
藤原恵一
女性では乳がんとともに心配される「婦人科がん」。子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん、それぞれ違う「がん」ですが、退院後の生活のポイントは共通する部分が多くみられます。がんや手術による合併症や化学療法などの副作用は、婦人科がんの患者さん共通の悩みです。こうしたトラブルの予防と、起きたときの対処法、さらに充実した日々を送るための食事の摂り方、運動のしかた、性生活、...
がん患者さんのための国がん東病院レシピ
がん患者さんのための国がん東病院レシピ
出版社:
株式会社 法研
著者:
大江裕一郎
日本では、生涯のうちに2人に1人ががんになるとされ、現実に3人に1人ががんで亡くなっています。がん患者さんにとって、治療効果を高め、がんと闘う体力を維持するためには「食事」はとても大切な要素です。
しかし、がん予防の食生活は多く研究されていますが、闘病中のがん患者さんの食生活に参考となるものは大変少ない、というのが現状です。実際、多くのがん患者さん...
スーパー図解 関節リウマチ
スーパー図解 関節リウマチ
出版社:
株式会社 法研
著者:
林泰史
かつて“関節リウマチ”は、鎮痛薬や炎症を抑える薬などの対症療法的な治療しかなかったため、“一生付き合っていく病気”でした。しかし、90年後半から画期的な治療薬が続々と登場し、現在では発見が遅れなければ、関節の痛みや症状がなく日常生活も問題なく過ごせる「寛解(かんかい)」に至ることも難しくありません。本書は激変した関節リウマチ治療の最新情報を、図解を用いてわか...
魔法の指ヨガ
魔法の指ヨガ
出版社:
株式会社 法研
著者:
龍村修
"ヨガには興味があるけど、難しそうでなかなか始められない…
疲れがたまって、不調を感じているけど忙しくてなかなか解消できない…
そんな人でも、手だけで行う指ヨガなら、いつでもどこでもさっとできて、不調を解消し、リラックスでき、心身を強く健康にすることができます。しかも簡単。
トラブルの対処に、毎日の健康法に指ヨガをお試しください...
ヒートショックプロテイン 加温健康法
ヒートショックプロテイン 加温健康法
私たちの体は水分をのぞくと、ほとんどがタンパク質からできています。ヒートショックプロテイン(HSP)は、誰の体の中にももともといて、細胞のダメージを防いだり修復してくれたりしています。このHSPはストレスを受けると増加することがわかっています。
本書は、このHSPを安全なストレス(加温)で効果的に増やし、健康や美容、運動能力の向上、アンチエイジング...
噛みづらい・飲み込みにくい 困ったときの特選レシピ
噛みづらい・飲み込みにくい 困ったときの特選レシピ
未曾有の高齢化である。2005年の歯科実態調査によると、人間の根本的な欲求のひとつである“食べる”という行為の適わない、65歳以上の無歯顎者は全体の5分の1にものぼるという。歯の有無はもちろんのこと、“噛みづらい”という感覚的な範疇まで含めると、口腔内に不自由を抱えている人はかなりの人数にのぼるのではないだろうか。
本書はそんな口腔内にトラブルを抱...
失敗しないエンディングノートの書き方
失敗しないエンディングノートの書き方
自分の人生を整理し、人生の最後を後悔しないで迎えるために、今、終活が盛んに行われている。とくに終活ツールとして人気があるのがエンディングノートだ。
しかし、エンディングノートをせっかく書いても、希望が実現しないケースもある。書いてあるために、かえって残された人が困ることも。本書では、案外知られていないトラブルとトラブル解決の具体的な例をやさしく解説...
女子漢方
女子漢方
具体的な病気ではないけれど、不快な症状に悩んでいる…。漢方では、その状態を「未病」と言い、病気になる前の重要なサインと捉えて、この段階から治療を始めます。
女性は生理周期や、自律神経系など小さな不調を来しやすく、こうした症状に漢方が向いています。
本書は女性の不調を解消し、より健やかにいきいきと生活を送ってもらうために、漢方の考え方を紹介...
脳を鍛える練習帳
脳を鍛える練習帳
超高齢化社会を迎え、近年認知症患者の増加が著しい。そうした状況を踏まえ、厚生労働省は平成25年度医療計画で各自治体に向け、認知症を含む精神疾患患者の対策ガイドラインを作成した。
ことさら認知症を持ち出すまでもなく、中高年で“もの忘れ”など、脳の“ぼけ”症状でお悩みの方は少なくないだろう。本書はそうしたぼけでお悩みの方を対象とした、脳を活性化するため...
忙しい人こそ知っておきたい 糖尿病がわかる本
忙しい人こそ知っておきたい 糖尿病がわかる本
糖尿病で最も怖いのは合併症です。合併症は適切な治療で防ぐことができます。しかし、多くの糖尿病患者が健康診断や医師の指導を実行できず、治療をあきらめたり、病気を放置したりしてしまい、合併症を起こし、悪化させてしまっています。
本書は、糖尿病と診断された方の中でも仕事や介護、育児などで忙しい人を対象に、糖尿病の治療生活を医学的知識と患者さんの体験談をも...
地域活動・同窓会・サークル あいさつ・司会進行の事典
地域活動・同窓会・サークル あいさつ・司会進行の事典
退職後のサラリーマンや主婦などの中には、自治会活動やボランティア、趣味の会といった地元での活動を通し、生きがいづくり、友だちづくりを行っている人が少なくありません。仕事を辞めてからの期間が長くなる高齢社会では、地元の人たちとの交流がますます重要になっています。特に震災以降は、防災活動等を通じ、地域を通じての結びつき・活動が緊密になってきています。そんな地域で...
サラリーマン介護
サラリーマン介護
出版社:
株式会社 法研
著者:
池田心豪
総務省の調査(平成24年)によると、現在働きながら介護を続けている人は291万人。内訳の約6割を40~50歳代の働き盛りが占めており、さらにその4割は男性だといいます。働きながらの介護は決して珍しいことではないのです。
働きながらの介護には、多くの不安や悩みがつきまといます。しかし、現在は仕事と介護の両立を支援するさまざまな制度があり、これらを利用...
イラストでわかる 前立腺がん
イラストでわかる 前立腺がん
出版社:
株式会社 法研
著者:
伊藤晴夫
前立腺の治療は「手術」「放射線療法」「ホルモン療法」の3つが主なものです。どの治療でも生存率が高く、自宅に戻り再発を予防しながら暮らし続ける人がほとんどです。そんな、前立腺がんの治療後・治療中の患者さんに、日常生活で気をつけたいことや推奨する食事などをアドバイスします。
手術の後遺症である「尿失禁」「勃起不全」「リンパ浮腫」や放射線・ホルモン療法の...
らくらく育児百科
らくらく育児百科
出版社:
株式会社 法研
著者:
細谷亮太
子育てストレスを抱えやすい現代のママやパパ。初めての育児でも心配や不安を解消し、安心して楽しく育児ができるよう具体的なアドバイスを満載。
育て方のコツや離乳食のポイント、病気やけがの対処など、子育てに必要な情報をビジュアル中心にお届けします。おおむね0~3歳児対象。
ネット依存症から子どもを救う本
ネット依存症から子どもを救う本
出版社:
株式会社 法研
著者:
樋口進
PC、スマホが普及するとともに、社会問題となっているネット依存症。ネット依存症は、オンラインゲームやSNSなどネットの使用状況が単なるネット、ゲーム好きの域を超えて、不登校やひきこもりなど、生活に支障が出るような状況になっている状態です。この状態が続くと、意欲の減退、言動の変化、さらには健康状態や成長にも影響することがあります。
本書は中高生の保護...
症状別 28の万能ツボ
症状別 28の万能ツボ
出版社:
株式会社 法研
著者:
五十嵐康彦
私たちの体には、無数のツボが分布しています。その一つひとつに効果がありますが、すべてを覚えるのは困難です。数あるツボのなかで、これだけ知っておけばたいていの症状に対応可能なツボを28個厳選し、体の部位別にまとめました。だれでも簡単にできる指圧法のポイントもわかりやすく解説。
企業のための外国人雇用実務ガイド
企業のための外国人雇用実務ガイド
出版社:
株式会社 法研
著者:
佐藤正巳
①企業の外国人雇用を担当する実務者が読む本
担当者として基本的な知識を身につけておかないと、認められなかったり、思わぬ罰金が発生するなど、損失の大きな落とし穴に入ってしまいます。
②基本知識とQ&A形式の実例で全体を構成
各章は「基本知識」と「Q&A形式の実例」で構成します。業種の明記で読者は、自らの業界に即した基本知識が得られ...
新版 すぐに役立つ産業看護アセスメントツール
新版 すぐに役立つ産業看護アセスメントツール
超高齢社会においては、企業の生産性を高めるうえで、健康に配慮した経営(健康経営)が、今まで以上に重要となります。産業看護職は、看護専門職の立場と企業の一員としての立場を両立させる活動を行うことから、健康経営にとって不可欠な存在といえるでしょう。一方、従業員の活力向上を目指す人事・労務担当者にとっても、健康経営は注目すべき課題といえます。両者が連携することによ...
スーパー図解 パーキンソン病
スーパー図解 パーキンソン病
日本のパーキンソン病患者は年々増加しており、2011年の厚生労働省の患者調査では、全国に14万1千人。
70歳以上の100人に1人程度の割合で発症するといわれています。
また、患者数は50歳代から60歳代にかけて増加し、日本では女性に多くみられることも特徴です。
パーキンソン病は脳内の神経伝達物質の分泌異常を原因として“ふるえ”...
254件