子ども白書 2015年版 立ち読み 最新号 バックナンバー

子ども白書 2015年版

出版社 本の泉社
発行間隔 年刊
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

【 特集論文】
戦後70 年 平和的生存権と子どもの権利 
戦後70 年 社会の変容、子ども・若者の意識の変容

家庭生活を脅かす労働法制の規制緩和
子ども子育て支援制度の「教育」「保育」観を問うことしの子ども最前線
LGBT(性的少数者)の子どもたち
姿勢と子どもロコモ―子どもの体に異変有り 
子どもを考える市民として社会に送り出す―成人年齢の引き下げ 、18 歳選挙権

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

・巻頭言 増山 均
・子ども白書2015 発刊にあたって 森本 扶
〈 戦後70 年〉寛容さを失う社会
        ― 子どもを信頼できますか?
【 座談会】
寛容さを失う社会―子どもを信頼できますか? 
 森本 扶・竹原幸太・阿比留久美・義基祐正・大阪谷未久・齋藤史夫(司会)
【 特集論文】
戦後70 年 平和的生存権と子どもの権利 世取山洋介 
戦後70 年 社会の変容、子ども・若者の意識の変容 中西新太郎 
家庭生活を脅かす労働法制の規制緩和 脇田 滋 
子ども子育て支援制度の「教育」「保育」観を問う 大宮勇雄 
「放課後子ども総合プラン」でどうなる子どもの放課後 泊 唯男
ゼロ・トレランスによる生徒指導は教育にどんな影響を及ぼすのか 小野方資

ことしの子ども最前線
LGBT(性的少数者)の子どもたち 遠藤まめた&荻野雄飛 
姿勢と子どもロコモ―子どもの体に異変有り 林 承弘 
子どもを考える市民として社会に送り出す―成人年齢の引き下げ 、18 歳選挙権 小玉重夫
へき地から始まる教育改革―子どもらしい顔を取り戻せ 辻 英之 
「共利共愉」 東日本大震災でお父さんお母さんを亡くした子どもたちを応援 久田光政
子どもとIT―光と影 片岡輝&竹林暁&高橋大洋 
東日本大震災後を生きる子どもたち
子どもたちに今、必要なことの合意作り  福島市渡利での子育て 佐藤秀樹 
生きづらい時代を生きる子どもの心に寄り添いたい 石巻市で子どもの居場所作り 柴田滋紀
忘れられない記憶 ―チャイルドラインに寄せられた声から 太田久美 
石巻を元気にする子どもセンターの子どもたち 永沼良樹 
未来を切り開く力を育てるOECD スクール 三浦浩喜 
〈トピック〉主体者としての子ども観を示す 「蠢動する子ども・若者」刊行 吉川恭平
子どもをめぐるこの1年
Ⅰ 子どものいのちと健康
〈この1 年〉子どもの" いのちと健康" に関する悲鳴とSOS
              ─子どもの幸せのために声を上げよう! 野井真吾
〈トピック〉「子ども」と「子供」─歴史から考える 石井秀昭
教育現場で実感される子どもの" からだのおかしさ"
               ─最新「子どものからだの調査2015」の結果から 鹿野晶子
高校生の危ない体型認識 山田直子
よい歯並びを子ども時代から 小野大地 
危険ドラッグ ─正しい知識と断る勇気を 加藤 隆
 
Ⅱ 子どもと医療
〈この1 年〉さらなる医療の質の向上のとりくみ 伊東 繁
〈トピック〉HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンを考える 根本玲子
染色体異常児をめぐる医療と社会環境 飯沼和三 
発達障害児の置かれている現状と今後の問題点 田中 学 
社会の変化にあわせて支援を工夫  知的障害児通園施設から児童発達支援センターへ 長谷川聖二
相談者の悩みを直接的に把握する  アレルギー電話相談事業から 永山洋子 
Ⅲ 子どもと家庭
〈この1 年〉広がる家庭の貧困と子育て力の崩壊・再建 増山 均 
〈トピック〉「存在しない」子ども 森川雄基 
スクールソーシャルワークを通してみる家庭養育力の貧困 山田恵子 
シングルマザーとともに歩む─子どもと親を丸ごとサポート 徳丸ゆき子
住宅問題と若者の貧困 平山洋介 
家庭科の授業から見つめる今日の家庭と子どもの生活 知識明子 
社会とつながり子どもを育てる ─子どもの自己成長力を信じて  鈴木はつみ
Ⅳ 子どもと福祉
〈この1 年〉ひとりの主権者として子どもに寄り添って ─福祉の公共性を問う 義基祐正 
〈トピック〉沖縄からの声 加藤彰彦 
「子供の貧困対策大綱」と子ども福祉 小河光治
子どもの居住権 ─ホームレス状態の子どもの生活から考える 中野加奈子 
安心できる環境としての児童養護 ─「小規模化」と「家庭的養護」 遠藤由美 
子ども・子育て支援新制度の本格実施と学童保育  どこが変わるのか 杉山隆一 
Ⅴ 子どもと司法
〈この1 年〉少年事件から見える子どもの成長発達課題を読み解く 竹原幸太 
〈トピック〉NPO による少年院内での被害者の視点を取り入れたグループワーク 山田由紀子
 家裁の現場からみた少年保護  横山 勝 
矯正教育と被害者加害者の対話を巡って  八田次郎 
非行の背景にある家族問題 ―虐待と非行の連鎖の視点から 遠藤洋二 
非行と向き合う家庭の力の再生 春野すみれ 
Ⅵ 子どもと学校
〈この1 年〉安倍教育改革の展開と矛盾 田沼 朗 
〈トピック〉問い直されるPISA 学力観 本田伊克 5
今後の道徳教育の危うさと可能性 《 価値観の多様性の承認》を拠り所に 櫻井 歓
和解と対話をめざす歴史教材づくり  日・中・韓3国共同の取り組み 大日方純夫 
学校外の子どもの学び場への公的支援拡大  子どもの思いを正面から受けとめて 安 恩鏡 
学校統廃合推進をめざす新基準の問題点 三輪定宣 
Ⅶ 子どもと地域
〈この1 年〉子どもと大人が共に、地域で「つながる」、地域を「つくる」 阿比留久美 
〈トピック〉カジノ誘致の危険性 正坊伸太郎 
子ども・若者と共にある地域づくりと支援者ネットワーク 南出吉祥 
子育てしながら街にでよう!~ Community based IKUJI ~ 松田妙子 
若者たちと「自立」や「支援」を探究する場づくり 日置真世 
「社会に必要だけど不足しているもの」を創造していく 森下道朗 
Ⅷ 子どもと文化
〈この1 年〉表層と基層に橋を架ける 片岡 輝 
〈トピック〉こどもの城の閉館をめぐって 王 聡
厳しい現実と対峙しながら 文化とは何かを考える
Ⅰ 偏見・差別を考える 石川翔太 
Ⅱ ありのままとは 島 夢美 
Ⅲ 自己表現を受け止める 小川カノン 
Ⅸ 子どもとメディア
〈この1 年〉一体、子どもの体に何が起きているのか? 成田弘子 
〈トピック〉国立広島原爆死没者追悼平和祈念館 企画展 『原爆の子 広島の少年少女のうったえ』 日本子どもを守る会
ノーメディアチャレンジ ─心身の健康を守るために 昭島市公立小学校教育研究会 保健部 
スマホ・ネット問題にどう向き合うか ─子どもの発達の視点から考える 古野陽一 
いまどきの妊娠・出産・育児とスマホ 伊東厚子 
生徒自身によるからだの実感調査 荒井育恵 
Ⅹ 子どもと環境
〈この1 年〉将来世代へ負の遺産は残さない  持続可能な社会に向けた取り組み 野田 恵
〈トピック〉与論島・美ら島プロジェクト365 ~ゴミ拾い365 日の報告~ 池田龍介
ESD の10 年から持続可能な開発目標(SDGs)地域の視点・始点からのESD 再編へ 野口扶美子
問題解決学習としてのESD と環境教育 棚橋 乾
全国に広がる森のようちえんの活動 内田幸一 
津波被災地の子どもの学びを通じたオルタナティブな地域づくり 秦 範子 
○子ども生活関連年表 
○日本子どもを守る会2014 年度の主な活動 
○日本子どもを守る会 第63 回 総会アピール 
○資 料 
○編集後記 
【資料1】国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について(閣議決定)/【資料2】集団的自衛権の行使容認に抗議する日教組、全教の談話/【資料3】SEALDsSTATEMENT・OPINION(抄)、本間信和さんのスピーチ、愛鳥さんのスピーチ/【資料4】少年の実名等報道を受けての日弁連会長声明

バックナンバー

 2017年版
2017年版
 2013年版
2013年版
 2014年版
2014年版
 2016年版
2016年版