クイックジャパン vol.134 立ち読み バックナンバー

クイックジャパン vol.134

出版社 太田出版
発行間隔 隔月刊
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

最強のカルチャー誌!!!
Quick Japan――“A VOICE OF NEW GENERATION”
20代~30代のアンテナ感度の高い男女から支持されているカルチャー誌。音楽、
お笑い、テレビ、マンガ、映画、アニメ、ストリートの最前線か ら、20年以上
にわたって時代の気分をキャッチし先導しています。流行を追いかけるのではな
く、自らが情報の発信源となるようなアーリーアダプ ター層から熱烈に支持さ
れている雑誌です。

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

【表紙・50ページ特集】
『水曜日のダウンタウン』
この番組、こだわりと狂気が紙一重説
Quick Japan最新号の表紙&巻頭特集は、これまで数々の仮説を検証してきたバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』。こだわりと狂気に満ちた、番組独特の編集と演出について50ページにわたって大特集!
表紙は、番組ビジュアルを手がけるODDJOB×ダウンタウンによるオリジナルカバーが実現。
「説検証」ロケとスタジオ収録の様子を追いかけた密着をはじめ、ディレクターたちによる座談会など番組の制作サイドから番組のこだわりを聞く一方で、「素材」として扱われる芸人やプレゼンターへのインタビューを実施。
特別付録は「『水曜日のダウンタウン』の説で五十音全て揃う説」ポスター。全長60センチのあいうえお表。(ダウンタウンのインタビューはございませんのでご注意ください。)
第2特集はマンガ家・鳥飼茜。“男女の性差”を浮き彫りにして大きな話題となった『先生の白い嘘』が今年9月に完結したばかりだが、足を止めることなく現在3誌で連載を動かし、10月23日には3冊同時刊行をするというハイペースで作品を発表し続けている。つねに新しさを求めて走る彼女を駆り立てるものとは──。
本誌描き下ろしマンガ、担当編集座談会、密着など、自身初となる、40ページの大特集。
◆クロちゃん目隠しインタビュー
◆水曜日のこだわりと狂気
・ロケ現場篇
仕込みは綿密に、オチは寛大に
・スタジオ篇
すべての説が笑いになる空間
・演出篇
番組演出・藤井健太郎インタビュー
・仕込み篇
みゆきの手紙
◆インタビュー
告発! 検証される男たち
小宮浩信/バイきんぐ/春日俊彰/アントニー/あかつ/ハリウッドザコシショウ
◆水曜日の流儀
・音楽
スペシャル鼎談 PUNPEE×TOWA TEI×藤井健太郎「音楽・TV・ダウンタウン」
・アートディレクション
遊びまくるデザインチームODDJOB
・説の検証
“地獄の軍団” ディレクター座談会
◆インタビュー
説を笑いに導くプレゼンターたち
千鳥/小籔千豊/たむらけんじ/陣内智則
◆番組スタッフが選んだスター名鑑ランキングTOP10
◆特別付録
『水曜日のダウンタウン』の説で頭文字50音全て揃う説「みんなのあいうえお表ポスター」
(A2サイズ)
qj134_ta01_R_R.jpg
【第2特集】
鳥飼茜
新しい漫画家
◆ドキュメント
鳥飼茜の作業現場
◆担当編集座談会
鳥飼茜への愛と苦悩を語る+鳥飼全作品解説
◆鳥飼茜がつづる9つのことと15のキーワード
◆本人を知る6人が語る鳥飼茜へのエール
荻上チキ/山崎紗也夏/呂布カルマ/海猫沢めろん/入江喜和/爪切男
◆鳥飼茜インタビュー
たいがい、楽しい。
◆特別描き下ろしマンガ
コピペ copy&paste
【SPECIAL 1】
太賀
はらむ感情
(撮影:植本一子)
【SPECIAL 2】
VIDEOTAPEMUSIC
エキゾチック・ドライバー
(撮影:草野庸子)
寄稿 滝口悠生「ON THE AIR」
【SPECIAL 3】
スカート
澤部渡が語る 僕を作ってきた20/僕を作ってゆく20
【連載】
◆いがらしみきお「お人形の家 寿」第4話
◆森栄喜「標榜/東京」
◆最果タヒ×小浪次郎 永永永永永永永遠遠遠遠遠遠遠
◆グラビアの現場「被写体少女雑感」第11回:わちみなみ
◆こだま Orphans
◆オークラ「20代芸人A君は笑いで天下が取れるのか(コント作り編)」
【INTERVIEW&REPORT】
CHAI/羊文学/上杉周大/新しい学校のリーダーズ/寺嶋由芙/初見健一/真壁刀義・・・and more!

バックナンバー

 vol.133
vol.133
 vol.132
vol.132
 vol.131
vol.131
 vol.130
vol.130
 vol.129
vol.129
 vol.128
vol.128
 vol.127
vol.127
 vol.126
vol.126
 vol.125
vol.125
 vol.124
vol.124
 vol.123
vol.123
 vol.122
vol.122