MUSICA 2019年10月号 立ち読み 最新号 バックナンバー

MUSICA 2019年10月号

出版社 株式会社FACT
発行間隔 月刊
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

COVER STORY あいみょん

新たな日本のポップミュージックのど真ん中を行くシンガーソングライターとして絶対的な存在感を獲得した2019年のあいみょん。ニューシングル『空の青さを知る人よ』のリリースを機に、今だからこそ改めて丁寧に紐解く彼女があいみょんとなったワケ、そして今もなお燃え盛るその創作欲求の源泉を紐解く表紙巻頭特集!

 

BACK COVER SPECIAL Mrs. GREEN APPLE

17 曲からなるニューアルバム『Attitude』完成。バンドが掴んできた音楽的進化が充実の結実を見せる一方で、このバンドが音楽を歌い鳴らす理由であり、大森元貴の表現の根源にあるものをとても色濃く映し出した本作は如何なる想いの下に生まれたのか。その背景と彼の本質を紐解くバックカヴァー特集

 

BUMP OF CHICKEN

ドームとライヴハウスを行き来する巨大ツアー「aurora ark」、独占完全密着企画第2弾。今号はライヴハウス=新木場STUDIO COAST編。今なお進化を見せていく4人の現在地をつぶさに目撃し、綴る

 

RADWIMPS

初のスタジアム単独公演2デイズも含んだ「ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019」。彼らのホームと言ってもいい横浜アリーナでのファイナルを目撃。自由の先で歓喜を迸らせた本ツアーを振り返る

 

フレデリック

アルバム『フレデリズム 2』以降、来年2月の横浜アリーナ公演に向けて邁進する中、明確にその先を指し示す気概と確信に満ちたEPVISION』完成。充実&活発化する化学反応と新たな意志を全員で語る

 

King Gnu

“飛行艇”に続く新曲“傘”も世に響かせ始めた中、メンバーそれぞれを個別に掘り下げるパーソナルインタヴュー連載開始! 1回目となる今号は井口理、そのバックグラウンドと現在の胸の内を探る

 

THE ORAL CIGARETTES

ベストアルバム『Before It's Too Late』をリリースしたオーラルが、次なる章の幕開けを明確に告げる新曲“Don't you thinkfeat. ロザリーナ)” を急遽発表。山中拓也、変化の裏にあるものを赤裸々に語る

 

SKY-HI×SALU

3年ぶりのアルバム『Say Hello to My Minions 2』リリース。それぞれに3 年前とは異なる新たなフェーズへと突入しているふたりが、今だからこそ生み落とせた本作を探るタッグインタヴュー

 

Kvi Baba

次々に現れる才気溢れた新世代ラッパーによって日本のヒップホップが刷新されゆく今、その鍵を握るひとり、Kvi Baba がファーストアルバムを発表。ミッシングリンクを埋める新たな才能の本質に迫る

 

Age Factory

傑作と呼んで過言ではなかったアルバム『GOLD』から10ヵ月、レーベルを移籍し立て続けに3曲の新曲を配信リリースしたAge Factory。その視界が捉えた新たな確信と革新への意志を清水エイスケに問う

 

OGRE YOU ASSHOLE

前号でDISC OF THE MONTHに選出した約3年ぶりのニューアルバム『新しい人』。出戸学が語る、自身の信念と音楽的好奇心を掲げて唯我独尊の音楽道を突き進むオルタナティヴ・バンドの思惑の奥

 

BLUE ENCOUNT

バンドとしてもう一度覚醒を果たしたミニアルバム『SICK(S)』を経た上で放つシングル『バッドパラドックス』。成熟したニューモードを告げるアンセムの誕生を機に、全員インタヴューでその覚悟を掘る

 

Nothing’s Carved In Stone

10周年を超え、自身が運営する新レーベル&マネジメントを立ち上げて作り上げた10 枚目のアルバム『By Your Side』。これまでとは異なるアプローチも含む新たなNCISの世界を生形真一&村松拓が語る

 

打首獄門同好会

結成15周年記念ベストアルバム『獄至十五』発売。この5年で著しい加速を見せ、今や極めてユニークでありながら確固たるロックバンドとしてシーンに存在する打首の真意を、そして今後を、会長に問う

 

TENDRE

インディーズシーンとメジャーシーン、レジェンドと新世代をナチュラルに繋ぐ新たなポップのキーマンとなりつつあるTENDRE こと河原太朗。『IN SIGHT ? EP』を機に、彼が見つめる未来をじっくり訊く

 

Saucy Dog

1年半ぶりとなるミニアルバム『ブルーピリオド』リリース。「今こそ壁を超えなきゃならないタイミング」と語る石原慎也が、自身の弱さや不安をも赤裸々に曝け出した本作。その覚悟の裏にあるものとは

 

sleepyhead ×山中拓也(THE ORAL CIGARETTES

sleepyheadの新作EPendroll』の表題曲に、山中拓也が作曲&編曲&ギターで参加。アーティストとしての葛藤も含めて互いに共鳴し信頼し合う盟友が今回のコラボで挑んだ新境地を、ふたりで語り合う

 

リーガルリリー

ミニアルバム3部作完結から13ヵ月、新体制になって初のシングル『ハナヒカリ』完成。音楽から心が離れてしまったという時期を超え、今やっと理想の形を手に入れたと話す彼女達の新たな始まり

 

みゆな

宮崎在住・弱冠17歳のシンガーソングライター。昨年秋の初音源リリース直後から耳目を集める彼女の表現者としてのアイデンティティが露わになり始めたミニアルバム『ユラレル』、その核を紐解く

 

w.o.d.

90年代オルタナティヴ・リヴァイヴァルの先に自分達の地平を切り開こうとする若き3ピース。セカンドアルバム『1994』から鳴り響く不敵なバンドサウンドを裏打ちする強い意志と、その底にあるもの

 

向井太一

ネガティヴィティも含めた生々しい感情を反映したサードアルバム『SAVAGE』。理想と現実の間で葛藤しながらも自身と音楽との関係性を見つめ直し、アーティストとして歩むべき道を見出した彼の現在

 

カネコアヤノ

 

SUMMER FESTIVAL REPORT

RISING SUN ROCK FESTIVAL

SUMMER SONIC

SWEET LOVE SHOWER

MASHROOM

UKFC on the Road 2019


バックナンバー

 2019年9月号
2019年9月号
 2019年8月号
2019年8月号
 2019年7月号
2019年7月号
 2019年6月号
2019年6月号
 2019年5月号
2019年5月号
 2019年4月号
2019年4月号
 2019年3月号
2019年3月号
 2019年2月号 vol.142
2019年2月号 vol.142
 2019年1月号 vol.141
2019年1月号 vol.141
 2018年12月号 vol.140
2018年12月号 vol.140
 2018年11月号 vol.139
2018年11月号 vol.139
 2018年10月号 vol.138
2018年10月号 vol.138