趣味の文具箱 Vol.31 立ち読み 最新号 バックナンバー

趣味の文具箱 Vol.31

出版社 株式会社エイ出版社
発行間隔 不定期
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

万年筆の最大の魅力は「書き味」。人の好みは様々ですが、万年筆の書き味にはそれを凌駕する奥深さと多様性があります。特集「万年筆の書き味大研究」では、書き味を決定づける要素を分析し、目的と好みに合うより良い書き味を探求します。第二特集は「中屋万年筆の真髄」。昔ながらの製法で作られるメイド・イン・ジャパンの万年筆の魅力をたっぷりお届けします。連載「手書き人」はエジプト考古学者の吉村作治さん。臨場感あふれる発掘調査メモや毎日原稿執筆に愛用しているペンなど必見。秋冬の文具シーズンに向けた濃厚な新製品にも注目です。

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

今時の文具箱
001 モンブラン ヘリテイジ コレクション 1914
005 アシュフォード ジェム タブレッドジャケット
007 タシャ 短刀LEコレクション

009 中屋万年筆の真髄

020 カランダッシュ バリアスコレクション最新作「シラス」
022 ステッドラープレミアム「リグヌム」×石川文洋
024 見通す美軸 オマス「オジバ ヴィジョン」
026 デルタ「ビンテージ・コレクション」の魅力
028 アシュフォードの速記グッズ
030 神戸派計画オリジナル用紙「グラフィーロ」完成!


特集
034 万年筆の書き味
大研究
万年筆の書き味はここで決まる
万年筆らしいぬらぬら!大研究
最良の書き味を産むバランス
よい書き味を作るペン先工場の秘密
書き味を自分好みに変える工夫
書き味のトラブルの原因はここにあり!
書き味×用途で万年筆を選ぶ!


056 旅は文具を連れて
強羅環翠楼 神奈川県 箱根・強羅温泉 文=小日向 京


061 手書き人
エジプト考古学者 吉村作治さん 文=小日向 京

066 次のオフには大好きな文具店へ
リビング・モティーフ(東京・六本木) 文=堤 信子

068 トラベラーズロード「成田空港へ文具を巡る旅」

070 万年筆解剖講座
1950年代製造ヴィンテージモデル モンブラン146の分解 文=森 睦

074 ヴィンテージの誘惑
ヴィンテージモンブランの色柄軸が欲しい 文=藤井栄蔵(ユーロボックス)

080 続 万年筆の達人
張替英行(K.ITOYA ペンケアルーム) 絵・文=古山浩一

084 老舗と新店でステーショナリーを巡る旅
函館×文具さんぽ


088 注目の新製品情報
モンブラン
ペリカン
アウロラ
カランダッシュ/オマス
ファーバーカステル伯爵コレクション/ファーバーカステル/ラミー
パーカー
エス・テー・デュポン
モンテグラッパ/フィッシャー/ヴィスコンティ
クロス/カヴェコ
パイロット/セーラー万年筆
プラチナ万年筆/ペンハウス×大西製作所/大西製作所/ツイスビー


103 2015ダイアリー15大ニュース
ロディア ウェブプランナー/トライストラムスlinklet 野帳タイプ/マルマンpuo(ピュオ)×週間ダイアリー/
ほぼ日手帳avec/マルマン クロッキーダイアリー/クオバディス マンスリーノート/ミドリ ふくろダイアリー/
NOLTY U/コクヨ ジブン手帳/アシュフォードの新ジャケット/スマイソン限定色/PTMの新革 他


108 インクパラダイス

110 文具箱通信
6月ナガサワ梅田茶屋町店で万年筆フェス開催
関西の万年筆愛も熱かった! Y・Y・DAYの濃厚な一日
自分でブレンドするインクバーが東京・蔵前のカキモリでオープン
いま旬の注目ステーショナリー
日本文具大賞2014

120 趣味の文具箱 通信販売

122 読者の文具箱

124 編集部の自腹インプレッション

125 読者モニタープレゼント

132 吉宗の文具の茶室
木工家という生き方 工房楔 永田篤史さん 文=吉宗史博

134 ブランド紹介

136 万年筆の基礎

140 日本の主な万年筆・筆記具取り扱い店

144 奥付・次号予告

145 投稿募集
「趣味の文具箱」ペン・オブ・ザ・イヤー2014/オリジナルインク見せてください!

146 バックナンバー掲載モデル索引【定番ペン編】

155 バックナンバー掲載モデル索引【ヴィンテージペン編】

バックナンバー

 Vol.41
Vol.41
 バックナンバーセレクト モンブラン
バックナンバーセレクト モンブラン
 バックナンバーセレクト ペリカン
バックナンバーセレクト ペリカン
 Vol.40
Vol.40
 Vol.39
Vol.39
 Vol.38
Vol.38
 Vol.37
Vol.37
 Vol.36
Vol.36
 Vol.35
Vol.35
 Vol.34
Vol.34
 vol.1
vol.1
 Vol.3
Vol.3