クイックジャパン Vol.149 立ち読み 最新号 バックナンバー

クイックジャパン Vol.149

出版社 太田出版
発行間隔 隔月刊
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

最強のカルチャー誌!!!
Quick Japan――“A VOICE OF NEW GENERATION”
20代~30代のアンテナ感度の高い男女から支持されているカルチャー誌。音楽、
お笑い、テレビ、マンガ、映画、アニメ、ストリートの最前線か ら、20年以上
にわたって時代の気分をキャッチし先導しています。流行を追いかけるのではな
く、自らが情報の発信源となるようなアーリーアダプ ター層から熱烈に支持さ
れている雑誌です。

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

【表紙・40ページ特集】
特集:ボーイズグループの現在地
EBiDAN「星屑家の一族」
新しい動きが次々に起こっているボーイズグループ。現在の群雄割拠の状況を準備してきたのが超特急とDISH//が率いるEBiDANなのではないか。およそ10年前、ゼロからはじまった新たなボーイズグループのストーリーを、超特急やDISH//だけでなく、これからを担う若手グループまで、総勢7グループ、38人の証言から明らかにする。
▼超特急
SPECIAL PHOTO Wack but Cool
インタビュー 行動する意味や理由は無限に作っていける
▼DISH//
SPECIAL PHOTO  DISH// out
インタビュー 違和感から自分たちの欲が生まれる
▼インタビュー EBiDANの未来を背負う新星たち
M!LK 「目標に向かって高め合える5人」
SUPER★DRAGON 「『自分たちで作る』を意識する」
さくらしめじ 「ふたりだけの表現を鳴らす」
ONE N’ONLY 「アイドルでもアーティストでも戦えるグループに」
原因は自分にある。「7人7様の走り出し」
▼インタビュー
黒須洋嗣(『EBiDAN THE LIVE』振付・演出)「EBiDANのカラーと変遷」
▼EBiDAN10年史 EBi nicle
▼ピックアップ
スタメンKiDS/EDAMAME BEANS/AMEZARI/BATTLE BOYS
▼編集部選 EBiDAN逆引きプレイリスト
【第2特集】
オードリー
『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』(中京テレビ)
「みんなと同じ」じゃない、だけ。
中京テレビが誇るお笑いバラエティ『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』。オードリーはもちろんのこと、アナウンサー、ぜひらー(出演する素人さん)、プロデューサーまで全員面白い。すべてのローカル番組マニアに刺さるエッジ―なゆるゆるバラエティの魅力を番組関係者「ほぼ」全員のインタビューを通して映し出す。
▼インタビュー オードリー 「引き分け以下」のヤツらとフルマラソンを走り切る
▼インタビュー 市野瀬瞳/磯貝初奈 アナウンサーまで面白いの、ズルくない?
▼インタビュー プロデューサー陣 『オドぜひ』の狂気と変態性を狙う
▼コメント おススメYouTube動画
▼座談会 スターぜひらー集結 ぜひらー8年の軌跡
【SPECIAL】
水溜りボンド「前人未到のラジオに立つ」
▼レポート YouTubeのふたりが90分を遊び尽くす
▼インタビュー 新しい面白さが強制的に引き出される
【SPECIAL】
今泉力哉の生態系
「恋愛と映画の温度」
▼インタビュー 無観客の夜に、自作を振り返る
▼コメント 8人の関係者が明かす今泉力哉の実像
【SPECIAL】
ロロ 大人のファンタジー論
▼マンガ 新田 章
▼エッセイ 滝口悠生
▼自作解説 三浦直之
【特別寄稿】
コロナの渦中に生きている
写真:青木柊野
田我流/長谷川白紙/枝優花/鈴木志遠/片山勝三(スラッシュパイル)/サーヤ(ラランド)
【好評連載中】
トミー(水溜りボンド) 日常が水溜りボンド
小袋成彬 小袋成彬の消息
立川吉笑 次世代落語研究所
オークラ 20代芸人Aくんはお笑いで天下をとれるのか
死後くん QさんJさん
Erinam 韓国の車窓から
はじまりの一枚 桑島智輝=撮影
こだま Orphans
いがらしみきお お人形の家寿
ドキュメント『all alright』なみちえ
【INTERVIEW&REPORT】
真夜中のハーリー&レイス/『どうにかなる日々』尾崎世界観/エロ自由律俳句/フワちゃん特集秘話

バックナンバー

 Vol.148
Vol.148
 Vol.147
Vol.147
 Vol.146
Vol.146
 Vol.145
Vol.145
 Vol.144
Vol.144
 Vol.143
Vol.143
 Vol.142
Vol.142
 Vol.141
Vol.141
 Vol.140
Vol.140
 vol.139
vol.139
 vol.138
vol.138
 vol.137
vol.137