クイックジャパン vol.129 立ち読み 最新号 バックナンバー

クイックジャパン vol.129

出版社 太田出版
発行間隔 隔月刊
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

最強のカルチャー誌!!!
Quick Japan――“A VOICE OF NEW GENERATION”
20代~30代のアンテナ感度の高い男女から支持されているカルチャー誌。音楽、
お笑い、テレビ、マンガ、映画、アニメ、ストリートの最前線か ら、20年以上
にわたって時代の気分をキャッチし先導しています。流行を追いかけるのではな
く、自らが情報の発信源となるようなアーリーアダプ ター層から熱烈に支持さ
れている雑誌です。

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

【特集】
欅坂46
僕らが背負った運命
CDデビューからわずか8カ月で紅白歌合戦の出場を決めた、欅坂46。これから控える初めてのワンマンライブは、1万人キャパの有明コロシアムだ。結成は2015年8月。何者でもなくそれぞれの人生を送っていた21人がひとつのチームとなり、たった1年で背負っているものがとんでもなく大きくなった。しかし、彼女たちはそのすべてを通過点にしてしまうかのように驚くべきスピードで成長を続けていく。取材が行われたのは2016年11月23日。翌日には紅白歌合戦出場が決定し、また新たな運命を背負うことになる彼女たちの「今この瞬間」をあらゆる角度から切り取った、全100ページの総力特集。
◆SPECIAL PHOTO
21faces of KEYAKIZAKA46
撮影=神藤剛
◆全メンバーインタビュー&セルフポートレート
「今を輝け仲間とともに」
平手友梨奈「欅坂がわたしの居場所」
今泉佑唯・小林由依「進化するゆいちゃんず」
上村莉菜・長沢菜々香・土生瑞穂・渡辺梨加・渡邉理佐「FIVE CARDSのポテンシャル」
小池美波・齊藤冬優花・佐藤詩織・原田葵「3列目だった仲間とフロントに立つ」
石森虹花・志田愛佳・鈴本美愉・守屋茜「故郷を離れ、思い出すのは」
尾関梨香、織田奈那、菅井友香、米谷奈々未「学業はアイドルにどう役に立つ」
長濱ねる「遅れて入ったことも含めて、自分」
◆スタッフインタビュー
「つなげ欅の心」
秋元康(総合プロデューサー)/今野義雄(欅坂46運営委員会委員長)
茂木徹(チーフマネージャー)/森槙一郎(A&R)
TAKAHIRO(ダンサー・振付師)/『欅って、書けない?』制作スタッフ
◆全シングル楽曲解説&ヒストリー
◆オフショットアルバム&アンケート「1年後、何してる?」
◆特別描き下ろしマンガ
うえむら「なりたかったダムと欅坂46」
カシワイ「運命と決めた」
◆特別綴じ込み
全長1m パノラマ両面グラビア「僕らが背負った運命」 撮影=神藤剛
◆100ページ特集記念!100名(以上)に当たる読者プレゼント
【第2特集】
2号連続特集完結!
佐藤流司
頂を見据える瞳
◆10pスペシャルグラビア
◆証言 俳優・佐藤流司の真実
土屋シオン/東啓介/樋口裕太/茅野イサム/児玉明子/小坂崇氣/古屋兎丸
◆対談 須賀健太「正反対のふたりが立つ、同じ2.5次元というフィールド」
◆佐藤流司が自身の役を振り返る「セルフライナーノーツ」
◆レコーディング現場に密着! 佐藤流司の1日
◆2.5次元の歩き方(Q&A15/糸川智史(ヘアメイク)/小原敏博(衣装プランナー))
【連載】
◆「清水富美加のふみ散歩」第4回:WAnocotoさんで茶道を学ぶ
◆いがらしみきお「動物園のボブ」
◆武田砂鉄「<RT>の現場」第6回:女性誌の着回しコーディネート企画が野次られる
◆森栄喜「標榜/東京」
◆最果タヒ×小浪次郎「永永永永永永永遠遠遠遠遠遠遠」
◆こだま「Orphans」
◆グラビアの現場「被写体少女雑感」第6回:藤田恵名
【INTERVIEW&REPORT】
あっこゴリラ/Maison book girl/妄想キャリブレーション/オカダ・カズチカ…and more! 

バックナンバー

 vol.128
vol.128
 vol.127
vol.127
 vol.126
vol.126
 vol.125
vol.125
 vol.124
vol.124
 vol.123
vol.123
 vol.122
vol.122
 vol.121
vol.121
 vol.120
vol.120
 vol.119 side-S
vol.119 side-S
 vol.119 side-A
vol.119 side-A
 vol.118
vol.118