ライカ通信 No.4 立ち読み 最新号 バックナンバー

ライカ通信 No.4

出版社 株式会社エイ出版社
発行間隔 その他
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

1990年代に大きなライカブームが巻き起こりました。このときの現行モデルはライカM6でした。手に入れやすく、使いやすいこのモデルはロングセラーとなり、ライカの魅力を幅広い世代に伝える重要な役割を果たしました。ライカ史上最も多く作られたと思われるこのM6を大特集しています。M6はレンジファインダーの完成形なのか? ファインダーの構造解説、実写レポートなどでM6の実用機としての完成度を徹底的に検証しています。また当時の最新モデルである復刻版のライカ「0(ゼロ)型」の魅力にも迫っています。恒例のレンズ特集は大人気の「35mm」。M型ライカでユーザーが多く、モデルも多彩な新旧の35mmレンズの解説と魅力を網羅しています。

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

1 ライカ新製品徹底レポート
4 ライカ0型 復刻モデル
6 ライカ0型の使い方
8 ライカ0型 原寸大図鑑
10 M6TTL 0.58
12 ズミクロン28mmF2.0 ASPH.
14 トリ・エルマー28-35-50mmF4.0 ASPH.
15 ライカ社インタビュー


16 News1 ライカAPSカメラ「C11」
17 News2 ライカデジルックス4.3
  News3 ライカC1 ブラックバージョン
18 News4 ぺンタックスL43mmF1.9スペシャル
19 News5 コニカヘキサーRFリミテッド/Mへキサノン35mmF2.0
  News6 ライカ用革ケース新登場
20 News7 ニッポンのライカツリー


22 ライカに似合う革ストラップを探せ!


28 特集1 M6をもっと知りたい使いたい!
30 究極の“使うライカ”M6を探る
32 M型ライカのベスト・セラー“M6”ヒストリー
34 M6のレンジファインダー・メカニズムを検証する
38 M6の性能・機能徹底テスト!
 1.ファインダーのパララックス・視野率を体感
 2.M6の中間シャッターは正常に動作するのか?
 3.TTLフラッシュ機能をチェック
 4.ファインダー視野枠の乱反射をどうにかしたい!
45 M6ユーザーが語る「M6を選ぶこれだけの理由」
49 日本シイベルへグナー純正修理の神随
52 M6に使えるライカ社純正アクセサリ一集


54 REPORT1 ぺンタックスL43mmF1.9スぺシャル 田中希美男
57 REPORT2 ブロニカRF645 田中希美男
60 REPORT3 コシナ ウルトラワイドへリアー12mmF5.6 Aspherical 田中希美男
62 REPORT4 PA-クルタゴン35mm+ライカ一眼レフで多重露光 ?方幸男


66 特集2 M型ライカで楽しむ
35mmレンズのすべて
内田ユキオ・加納 満
68 プロローグ“35mmという焦点距離”
70 ライカ35mmレンズの65年史
72 ズミルックス35mmF1.4
77 ズミクロン35mmF2.0
97 ズマロン35mmF2.8/F3.5
100 エルマー35mmF3.5
102 新旧ライカスクリューマウント35mm


84 作品1「CONTRASTO」加納 満?ズミルックス35mm
91 作品2「街ゆけば…」?方幸男?フジノン・ズミクロン35mm

76 非球面ズミルックス35mmをMTF測定で微底解析
81 ロングセラーのズミクロン35mmを見直してみた
82 35mmレンズ用アクセサリー大集合


113 Topics1 ライカカメラAGのホームページ
114 Topics2 世界最大級のカメラ博物館
116 Topics3 熱練職人が作ったライカ用革ケース
118 「ライカ日和」内田ユキオ
122 「ドイツデザインが生まれたとき」紫牟田伸子
126 PHOTO & ESSAY「歯車の手ざわり」小池一介
130 あなたにとって「ライカの魅力」とは? ?読者アンケートハガキから
134 Leica DATA BOX M型 ライカボディスペック&フレーム一覧

バックナンバー

 No.14
No.14
 No.13
No.13
 No.12
No.12
 NO.11
NO.11
 No.10
No.10
 No.9
No.9
 No.8
No.8
 No.7
No.7
 No.6
No.6
 No.5
No.5
 No.3
No.3
 No.2
No.2