ケトル VOL.41 2月号 立ち読み 最新号 バックナンバー

ケトル VOL.41 2月号

出版社 太田出版
発行間隔 隔月刊
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

一見すると“知らなくても良い”情報が、私たちの日常に楽しい刺激を与えてくれる、というダイナミズムを体験できる雑誌。「ネタになる、アテになる、バズをうむ」。そんな雑誌を目指します。

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

表紙モデル:黒板五郎こと田中邦衛 イラスト/高橋将貴
◆ネタモト [Artwork: Hironobu Yamabe] 
成馬零一(ドラマ評論家) てれびのスキマ(テレビウォッチャー) 仲世古善雄(「北の国から」資料館元運営者) BBゴロー(芸人) 河瀨直美 伊藤弘 南馬越一義 西田善太
◆特集◆北の国からが大好き!
「北の国から」にあふれるパンク精神を感じろ! 大根 仁(映像ディレクタ―)
北の国からの歴史 1981年の初回放送から「2002 遺言」まで
主要人物紹介 これが黒板家をめぐる人々なわけで
22年にわたる歴史を凝縮した「北の国から」人物相関図
ハードすぎる黒板家の半生をダイジェストで振り返る
ドラマと現実の年表で見る日本社会と「北の国から」 藤波匠(日本総研 上席主任研究員)
本音で語るから胸が熱くなる「北の国から」名言集  人生編/恋愛編/家族編/時代編/都会編
チャレンジ!「北の国から」 純の口癖を数えてみた/自家発電入門
生きることは食べること「北の国から」の食べ物のある風景
「北の国から」ミニコラム
ドラマに何度も登場する富良野名物「へそ祭り」とは?
「ルールルルルル」でキタキツネを呼んではいけない? 五郎がいつも飲んでいるお酒はいったい何?
富良野ではなぜ、ラベンダーが名物なの?
五郎さんもびっくり! 自力で風力発電機を作った14歳
ある夫婦のドキュメンタリーがまるでリアル「北の国から」
「北の国から」モノ図鑑 あらゆるモノに思い出と忘れられない物語がある 06歌を聴くと、その時代を思い出す 「北の国から」作中音楽ガイド
同じキャストに何年も密着 「北の国から」ライクな映画たち
なぜ五郎のモノマネはドラマを観たことがなくても面白いのか? 善し(COWCOW)
◆ロングインタビュー 山下澄人(作家・俳優)
「倉本聰さんは五郎ではなく、本当は純なんです」
◆正田真弘写真劇場 出演/ザ・たっち
◆review 40人のここが気になる [Illustration: Yukiko Yamasaki]
青柳文子 阿部洋介 伊賀大介 大澤真幸 大根仁 尾形真理子 小崎哲哉 架神恭介 金原由佳 草野庸子 小杉幸一 小宮山雄飛 桜井圭介 桜川和樹 佐々木 敦 佐藤 優 椹木野衣 高橋健太郎 TAKUYA 竹本織太夫 中条省平 辻川幸一郎 遠山正道 轟夕起夫 豊﨑由美 橋爪大三郎 HACHI 幅允孝 林雄司 林裕 速水健朗 平川克美 文月悠光 堀部篤史 前島秀国 前田有一 山形浩生 米光一成 寄藤文平 渡辺亨(五十音順)
◆連載
「北の国から」をより一層楽しむために! 富良野に住む動物トリビア
津田大介「ワセ女でいこう!」Vol.41 里咲りさ(アイドル)
ITの話はビールを2杯飲んでからVol.41 田端信太郎/森永こへだ/山本憲資
ポテサラとフルーツサンド Vol.5 Potato Cream / CAMELBACK sandwich&espresso 小山健の女性へ... 其の5
日本一どうでもいいデータVol.5イカとタコ、飼いやすそうなのはどっち?
田中開「この店を見よ」Vol.5
昼から飲める店 Vol.5 十番右京 恵比寿店
プロとアマのハザマで ... 第 5 回 路上園芸鑑賞家 村田あやこ
出張版 ラジオ第二外国語 第 5 回 嶋浩一郎×渋谷慶一郎 
渋谷直角の、次号に続く

バックナンバー

 VOL.40 12月号
VOL.40 12月号
 VOL.39 10月号
VOL.39 10月号
 VOL.38 8月号
VOL.38 8月号
 VOL.37 6月号
VOL.37 6月号
 VOL.36 4月号
VOL.36 4月号
 VOL.35 2月号
VOL.35 2月号
 VOL.34 12月号
VOL.34 12月号
 VOL.33 10月号
VOL.33 10月号
 VOL.32 8月号
VOL.32 8月号
 VOL.31 6月号
VOL.31 6月号
 VOL.30 4月号
VOL.30 4月号
 VOL.29 2月号
VOL.29 2月号