エルネオス 2020年4月号 立ち読み 最新号 バックナンバー

エルネオス 2020年4月号

出版社 エルネオス
発行間隔 月刊
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

情報感度を研ぎ澄ます!
ビジネス情報誌
ELNEOS【ザ・ニュース】

正しく怖がるコロナウイルス/オンライン教育普及へ/レナウンに買収説/日本郵政金融機関システム障害急増

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

[感度を磨くビジネス情報]
■巻頭リポート
「コロナ危機」が安倍内閣の危機を救う
桜、検察人事、森友への「怒り」も霧消

■不動産業界
銀座シックスの持ち分を売却
森ビルが銀座撤退で描く戦略

■今後の事業展開
不動産開発と地銀連携に活路
日本郵政が取り組む業績回復策

■IT技術と教育
中国が存在感見せつけるオンライン教育
新型コロナウイルス禍で日本の授業は?

■中国の存在感
習近平政権は内外宣伝に必死
上意下達、監視社会の功罪

■新興国のデジタル通貨
カンボジア国立銀行の
新デジタル通貨発行が秒読み

■新型コロナウイルス禍――木村良一(ジャーナリスト・作家)
なぜ世界はパニックに陥ったのか、その検証と正しい対応策を考える

■エレン・ブラウン氏との対話:お金の仕組みの摩訶不思議第10回――大地舜(国際ジャーナリスト・翻訳家)
新型コロナウイルスは世界人口削減策?
監視型専制社会を求める中央銀行カルテル

■動き出す新規事業
「衝撃的な価格を実現」でも依然厳しい楽天の携帯電話事業

■森林を活かす
林野庁が本腰を入れ始めた森林のサービス産業化に期待

■〈シリーズ〉メディア激動時代(133)──神余心・水野泰志
メディアライフが一変の予感?! 「NHKプラス」本格スタート

[連載企画]
■キーパースン──SMBC日興証券/近藤雄一郎社長
“証券の論理”で士気と収益の向上目指す7年ぶりの生え抜き社長

■佐藤優の情報照射「一片一条」第162回
北朝鮮のウイルス感染を読み解き
感染症対策で日朝実務者協議を

■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」108
社外の会長1人で「体質」は変わるのか
関電第3者委員会報告書の厳しい指摘

■早川和宏のベンチャー発掘248──東京都渋谷区/株式会社ESSPRIDE[後編]
おやつで世界に笑顔を広げる361°のチャレンジ精神

■元木昌彦のメディアを考える旅267──河村光庸氏(映画プロデューサー)
『新聞記者』が日本アカデミー賞3冠 ピエール瀧起用作品で表現の自由訴訟

[世界を俯瞰する情報群]
◇欧州企業/新型コロナで運航が止まった独ルフトハンザ、政府に支援要請
◇米国/安全保障上の懸念排除に向けて米国がファーウェイ排除策強化

■〈シリーズ・世界は今〉(60)予備選最中のアメリカ編──宮崎正弘(国際エコノミスト)
米国は、トランプ陣営の熱狂が目立ち
民主党はまるで相手にされていないゾ

■来日ビジネスマンの主張(246)──袁也氏(中国「中来股?」海外販売マネジャー)
太陽光関連企業の本格回復は今年後半か
新型コロナウイルスが影響する中国事情

[連載コラム]
■巻頭言「内田樹の賢者に備えあり」
コロナウイルスとセンター試験

■時代をつかむニュースコラム
「情報スクランブル」
・安倍首相からの禅譲が有力、岸田氏の危惧は力量不足
・安倍首相の年内退陣で麻生氏が後釜を狙う算段
・プーチン5選の道を原油価格暴落が後押し
・長引く「黒川問題」で揺らぐ検察庁の反撃策は?
・自衛隊災害派遣隊員から感染者が出なかった理由
・新型コロナがもたらす違法貸金業者の跋扈
・株価の急落で日銀に債務超過の懸念
・ベア見送りに賃上げ低迷、アベノミクスに赤信号
・銀座の土地建物売買で安田本家が相続対策か
・富士通が次世代を睨みデジタル事業の新会社設立
・苦境の名門レナウンに触手を伸ばす企業は?
・前途多難の関電の新体制、大阪市が人事に介入も
・製造業の復権が難しい経団連の新しい顔ぶれ
・敗戦処理を託された東京商品取引所の新社長
・グノシーが虚偽広告配信、罪深い「懲りないやつら」
・新型コロナウイルスで加速する医療のIT化
・金正恩体制が揺らぎ予断許さぬ朝鮮半島情勢
・健康保険制度維持に難問、2億円超の高額治療薬承認
・ムエタイでクラスター、国技から新型コロナ拡散
・新型コロナの発生源を世界的権威が明言
・中国は泣きっ面に蜂? コロナの次は蝗害か

■ほまれもなくそしりもなく(94)──田部康喜
安倍首相のトップマネジメント

■内海善雄のやぶ睨み「ネット社会」論(122)
新型コロナウイルス、政府の甘い見通しと対処策

■金田一秀穂の伝える言葉─伝わる言葉(189)
政府の言葉が信じられないコビッド19の世紀末的展開

[連載コラム]
■アメリカ流・日本流(227)──後藤英彦(米国在住ジャーナリスト)
世襲議員を追い出せば女性議員が育つ

■ドイツから遠眼鏡(117)──川口マーン惠美(作家)
時代の変化を示すダイムラー社の苦悩

■新世相斬り・橋本テツヤの一針見血(189)
刻々変わる感染・死者数/コロナニート

[好評連載]
■やまとうた(118)──山内丈(冷泉家門人)
【藤(ふじ)】葉のさまの 濃き薄き色 紫の 五月雨待つは 藤波の山

■もっともっと映画を!(215)──古閑万希子
「在りし日の歌」「世界でいちばん貧しい大統領」

■私の読書スタイル(270)──樋田かおり氏(株式会社トークナビ代表取締役・アナウンサー)
言葉を伝える力をビジネスの世界へ

バックナンバー

 2020年6月号
2020年6月号
 2020年5月号
2020年5月号
 2020年3月号
2020年3月号
 2020年2月号
2020年2月号
 2020年1月号
2020年1月号
 2019年12月号
2019年12月号
 2019年11月号
2019年11月号
 2019年10月号
2019年10月号
 2019年9月号
2019年9月号
 2019年8月号
2019年8月号
 2019年7月号
2019年7月号
 2019年6月号
2019年6月号