エルネオス 2019年8月号 立ち読み 最新号 バックナンバー

エルネオス 2019年8月号

出版社 エルネオス
発行間隔 月刊
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

情報感度を研ぎ澄ます!
ビジネス情報誌
ELNEOS【ザ・ニュース】

パナソニックはトヨタ頼み/SOMPOHDイスラエルに戦略拠点/五輪後の豊洲オフィス化/新天皇と水/エボラウイルス輸入/社外取締役の現状/クローバック条項/欧州トップ2女性

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

[感度を磨くビジネス情報]
■巻頭リポート
自民「辛勝」の背景にジワリ安倍批判票
不甲斐ない野党でも1人区で10勝

■企業経営と株主
武田薬品の株主総会で新提案
「クローバック条項」とは何か

■政府審議会の人選問題
老後不安煽った金融審議会報告
「御用」審議委員にも根強い批判

■エレン・ブラウン氏との対話第2回――大地舜(国際ジャーナリスト・翻訳家)
お金の仕組みの摩訶不思議
米国は国際金融業の植民地になっている

■医療の課題――木村良一(ジャーナリスト・作家)
「エボラウイルス」の輸入をどう考えるか
“五輪口実”は本来の危機管理から逸脱

■「水の日」を考える――橋本淳司(水ジャーナリスト アクアスフィア・水教育研
究所代表)
今こそ水専門家の新天皇にお願いしたい
日本人の水問題への意識向上に啓蒙を

■東京オフィス事情
東京で大企業サラリーマンの「民族大移動」が始まった

■コーポレートガバナンス
HOYA&RIZAPを比較、社外取締役がお飾りに堕す懸念

■「長期政権」企業
津賀社長が成長戦略を描けないパナソニックの「トヨタ頼み」

■デジタル&AI
イスラエルに戦略拠点を置いたSOMPOホールディングスの狙い

■どうなる国有林経営(下)――赤堀楠雄(林材ライター)
国有林の皆伐に成算はあるか? コスト至上の再造林に懸念

■〈シリーズ〉メディア激動時代(125)──神余心
不正利用で躓いた「スマホ決済」
罪深い「セブンペイ」の“お粗末”

[連載企画]
■キーパースン──セコム/尾関一郎新社長
警備業界のパイオニアが東京五輪を契機に大飛躍を目指す

■佐藤優の情報照射「一片一条」第154回
日韓基本条約が不平等に見える
韓国との関係改善には時間が必要

■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」(100)
「親子上場」で無視される少数株主の権利
ヤフー・アスクル経営権争奪戦の「背景」

■早川和宏のベンチャー発掘240──デジタルグリッド株式会社[後編]
エネルギーの地産地消を叶えるDGPを世界へ

■元木昌彦のメディアを考える旅259──黒川伊保子氏(感性リサーチ社長、感性ア
ナリスト)
遅きに失しないうちに学び取りたい
『妻のトリセツ』『ことばのトリセツ』

[世界を俯瞰する情報群]
■国際トピックス
◇欧州/脚光浴びるEUの歴史的人事、2つの最重要ポストに女性就任
◇欧州企業/ドイツ銀が1万8000人を解雇へ、再生に向けて振るわれる大ナタ
◇米国企業/米アプライド マテリアルズが日本のKOKUSAI買収へ

■〈シリーズ・世界は今〉(52)トンガ王国──宮崎正弘(国際エコノミスト)
トンガにも中国が巨大投資続々
焦る豪州、NZをよそに地元民は大歓迎

■来日ビジネスマンの主張238──ラウル・ワルク氏(インド「HIMEDIA」社 研究開
発部門部長)
日本市場でのビジネス展開に良い日本企業関係者に出会えた

[連載コラム]
■巻頭言「池 東旭の賢者に備えあり」
戦争なき平成の後、令和も平和だろうか

■時代をつかむニュースコラム
「情報スクランブル」
・イージス・アショアにいまだに燻る選定問題
・永田町スズメが早くも内閣改造人事に興味津々
・有志連合結成の動きに日本も護衛艦派遣検討
・東京地検特捜部が捜査、久々に中央政界にメス?
・韓国は国際社会で致命的打撃を受ける
・世界的包囲網に晒されるフェイスブック「リブラ」
・ソニーの半導体部門を巡り米株主と取引銀行が対立
・かんぽ生命問題で高まる横山社長への社員の不満
・米中の狭間で悩ましいファナックや東京エレ
・医療サービスに乗り出すパチンコ会社の不安材料
・レオパレス21を狙う村上世彰氏とインド資本
・新幹線の運転免許を持つルネサス新社長は46歳
・大口融資先の窮地入りで西京銀行が“スルガ銀化”
・日産自の監査委員会を担うのは永井荷風の孫
・ドコモvs.ソフトバンク、位置情報サービスで火花
・睡眠不足に警告! 動脈硬化を引き起す
・毎日が200人早期退職募集、背景に不動産の「枯渇」
・仏の「GAFA課税」にトランプ政権が報復も
・中国「北極圏航路」に各国が警戒強める
・妥結のめどが立たない自由貿易圏RCEP
・個人情報流出でFBに巨額の制裁金
・来年の米大統領選までトランプの紆余曲折は?

■ニュース鑑定人(261)──樹 静馬
消費税増税直前中止の可能性/ほか

■ほまれもなくそしりもなく(86)──田部康喜
政治意識の断裂

■内海善雄のやぶ睨み「ネット社会」論(114)
リベラリズムの危機 
異論「G20大阪サミット」

■金田一秀穂の伝える言葉─伝わる言葉(181)
沖縄で初めて触れた
加害者側に回った人の「戦いの証言」

[連載コラム]
■アメリカ流・日本流(219)──後藤英彦(米国在住ジャーナリスト)
マイスターの技術が冴えるメイドinドイツ

■ドイツから遠眼鏡(109)──川口マーン惠美(作家)
2つの人口統計に見た“好調”ドイツの難題

■新世相斬り・橋本テツヤの一針見血(181)
NHKニュースの選択/放送局と芸能界の裏

[好評連載]
■やまとうた(110)──山内丈(冷泉家門人)
【夏廬】ふたたひと 寄せるひとこゑ 涼しくて 雨の露おく 夏の仮いほ

■もっともっと映画を!(207)─古閑万希子
「ドッグマン」「ピータールー マンチェスターの悲劇」

■私の読書スタイル(262)──加賀美由加里氏(ドーメル・ジャポン株式会社会長
一般社団法人 ルーム ニッポン 代表)
考えて読み続ける日本と日本人の未来

バックナンバー

 2019年7月号
2019年7月号
 2019年6月号
2019年6月号
 2019年5月号
2019年5月号
 2019年4月号
2019年4月号
 2019年3月号
2019年3月号
 2019年2月号
2019年2月号
 2019年1月号
2019年1月号
 2018年12月号
2018年12月号
 2018年11月号
2018年11月号
 2018年10月号
2018年10月号
 2018年9月号
2018年9月号
 2018年8月号
2018年8月号