エルネオス 2018年2月号 立ち読み 最新号 バックナンバー

エルネオス 2018年2月号

出版社 エルネオス
発行間隔 月刊
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

情報感度を研ぎ澄ます!
ビジネス情報誌
ELNEOS【ザ・ニュース】

自動車業界の脱皮

航空レーザー技術

アマゾン封じ込め規制

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

[感度を磨くビジネス情報]
■巻頭リポート
「米朝戦争」勃発を想定する安倍内閣は
事態を拡大させない外交安保に重点

■ビジネスモラル
躍進するアマゾンの社会変革が進行
巨大化封じ込めに動く規制当局

■資源の有効活用
ICT林業支援ツール活用で山を動かす
航空レーザー測量技術による森林管理

■物流業界
SGホールディングスの上場は
業界再編への号砲となるか?

■今春闘の行方
今春闘のカギは大幅な賃上げと
格差是正への配分政策見直し

■CESリポート1――ジェイコブソン・アヤコ(米国シリコンバレー在住ビジネスライ
ター)
グーグル・アシスタント、ラスベガスを席巻
AIが闊歩したCES2018を行く

■地球温暖化対策
「環境後進国」の烙印が押される日本の脱炭素社会への取り組み

■事業戦略
スマホに不動産と車をつなげるソフトバンクの未来シナリオ

■金融行政
金融庁自らが脱却を決断した金融検査マニュアルの“呪縛”

■次世代の人材育成
始動する「大学院大学至善館」で長谷川評議員会議長の評判

■新聞業界の苦境
朝日新聞が売上高を下方修正渡辺社長に問われる経営責任

■CESリポート2
トヨタのプレゼンが見据えたモビリティー会社化への脱皮

■CESリポート3
自動車技術のメガトレンド示す大変革時代のバトルロイヤル

■〈シリーズ〉メディア激動時代(107)──神余心
楽天、ケータイ参入に勝算あり?!
巨額投資、総務省の規制など課題は山積

■〈シリーズ・世界は今〉(34)キューバ──宮崎正弘(国際エコノミスト)
カストロとゲバラの「革命神話」は消えて
庶民は経済の向上を夢見るが離陸は困難

[連載企画]
■キーパースン──JR東海/金子慎次期社長
リニア事業を長く担当した経験を活かせるバランス感覚と腹の据わり方

■佐藤優の情報照射「一片一条」第136回
核兵器使用の意思排除のためにロシアが対北朝鮮政策を転換

■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」(82)
訪日外国人2869万人で過去最多、消費4兆円が日本経済を下支え

■早川和宏のベンチャー発掘(222)──徳島県徳島市/広沢自動車学校[後編]
交通事故ゼロ、人間を育てる2大プロジェクトを展開

■元木昌彦のメディアを考える旅(241)──三木由希子氏(NPO法人情報公開クリア
リングハウス理事長)
捜査機関ではない会計検査院は禊の演出プロセスに使われた

[世界を俯瞰する情報群]
■国際トピックス
◇米国/トランプ政権の対中強硬姿勢で「米中貿易戦争」に発展か
◇中国/ネパールに光ファイバーを敷設、モルディブには潜水艦基地か
◇欧州企業/独ルフトハンザGの一人勝ち、搭乗者数が過去最高で収益期待

■来日ビジネスマンの主張(220)──チャバ・ロボタカ氏(ハンガリー投資促進庁
上級コンサルタント)
自動車関連事業だけではなく日本企業の積極的投資を待つ

[連載コラム]
■巻頭言「池 東旭の賢者に備えあり」
古い風車は壊した。だが風が止んだのでない

■時代をつかむニュースコラム
「情報スクランブル」
・総裁3選目指す安倍首相が野田総務相の出馬を期待か
・イージス・アショア導入は電磁波や費用など難問浮上
・日露平和条約締結は2020年7月か?
・経団連に求められる安倍政権との一定の距離
・IIJが3月に開始する〝フルMVNO〟に期待
・小池氏「都政に専念」も国政復帰へ“次の一手”
・世界で失敗続く水道民営化、東京都があえて進める理由
・もう「箱だけ」しかない兜町再開発に不協和音
・商工中金再建で火中の栗を拾った関根正裕氏って誰?
・旧村上ファンド系から狙われる国内海運業界
・フィンテックで銀行店舗が不要になる?
・サイバーテロ対策でイスラエルに急接近
・ルノー会長のゴーン氏に6月退任説が急浮上
・MRJの前途にまた暗雲、ライバル2社が大手傘下に
・全面戦争寸前までいった大正製薬とマツキヨの軋轢
・経営悪化が判明した「かぼちゃの馬車」
・GACKTコインに仮想通貨暴落の余波
・民放で放送トラブル続出、広告費3倍返しに悲鳴
・日本人宇宙飛行士が探る健康・長寿のヒント
・すでに緊迫が語られている平昌五輪後の北朝鮮問題
・イラン暴動で気になるアフリカのイスラム過激派
・ローマはゴミだらけでも総選挙で「5つ星」躍進か
・好景気の米国で利上げ「逆イールド」の懸念も
・軍事クーデターから4年、タイ暫定首相の延命策
・朗報を生かせぬ台湾を包囲する中国の政治力
・フジモリ元大統領恩赦が“骨肉の争い”に発展

■ニュース鑑定人(244)──樹 静馬
「平成ロス」気分を食い止めよ/ほか

■ほまれもなくそしりもなく(68)──田部康喜
経営者を誤らせるメディア

■内海善雄のやぶ睨み「ネット社会」論(96)
グローバル時代に、日本に歩んでほしい道(2)「教育」

■金田一秀穂の伝える言葉─伝わる言葉(163)
言葉が信用を失っている。これこそが「国難」だ

[連載コラム]
■アメリカ流・日本流(202)──後藤英彦(米国在住ジャーナリスト)
隔離の体験がアル中を生む米先住民の今

■ドイツから遠眼鏡(91)──川口マーン惠美(作家)
どんどん膨らむ電力安定供給コスト

■新世相斬り・橋本テツヤの一針見血(163)
63歳、東北弁/全国の高齢者の励み

[好評連載]
■取材記者vs.広報マン(195)――大手町九郎
相撲に助けられた不祥事企業

■やまとうた(92)――山内丈(冷泉家門人)
【里香】鄙とて ひと本ゆゑに 香りける  色なき里の 雅ごころと

■もっともっと映画を!(189)――古閑万希子
「苦い銭」「スリー・ビルボード」

■私の読書スタイル(244)──飯豊聡氏(損害保険ジャパン日本興亜株式会社取締
役常務執行役員)
気分転換に楽しみ反復して深く味わう

バックナンバー

 2018年11月号
2018年11月号
 2018年10月号
2018年10月号
 2018年9月号
2018年9月号
 2018年8月号
2018年8月号
 2018年7月号
2018年7月号
 2018年6月号
2018年6月号
 2018年5月号
2018年5月号
 2018年4月号
2018年4月号
 2018年3月号
2018年3月号
 2018年1月号
2018年1月号
 2017年12月号
2017年12月号
 2017年11月号
2017年11月号