エルネオス 2017年8月号 立ち読み 最新号 バックナンバー

エルネオス 2017年8月号

出版社 エルネオス
発行間隔 月刊
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

情報感度を研ぎ澄ます!
ビジネス情報誌
ELNEOS【ザ・ニュース】

流動化する米中日関係/日本郵政への疑問/産業用ロボット/終末期医療改革/銀座バブル崩壊の予兆/東電・中電の統合計画/ジェネリック医薬品原薬事情

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

[感度を磨くビジネス情報]
■巻頭リポート
安倍首相の「経済最優先」は本物か
成否を決める内閣の「布陣」と「政策」

■北朝鮮問題──濱本良一(国際教養大学教授)
“米中蜜月”は風前の灯で
金正恩委員長だけが高笑いする

■金融庁の思惑
預貯金偏重に金融庁が蟻の一穴
投資ブロガーとの意見交換会

■終末医療――八牧浩行(ジャーナリスト)
地域包括ケアで“在宅看取り率”引き上げへ
超高齢化で考える終末期医療と地域共生社会

■企業体質
日本郵政に浮上した2つの疑問
東芝メモリへの出資と高齢者事業

■キャッシュレス社会
世代差と環境が支払い方法も変える
多様な決済が続々登場する時代背景

■ロボット業界
まるで「爆買い」の中国需要で日本の産業用ロボットが潤う

■電力再編の壁
東京電力との統合計画に反発し中部電力が他社との提携を加速

■国際競争力
シリコンバレーに支援拠点、医療機器開発を支える仕組み

■医薬品業界
原薬への無届け品混入で判明、後発薬品製造の中国頼み

■《シリーズ》中国の実相(4)――初田宗久(香港在住・中国企業アシスタント)
中国人爆買いブームはすでに終わったのか!?
「モノ消費」から「コト消費」へ変わる日本旅行

■ITの巨人に挑戦
孫ソフトバンクが最後の賭け、サウジとの10兆円ファンド設立

■銀座バブル崩壊の予兆
路線価最高値更新の裏で「銀座バーゲン」が進行中

■〈シリーズ〉メディア激動時代(101)──神余心
アマゾンが出版社との直接取引を拡大
透けて見える流通システム変革の「野望」

■〈シリーズ・世界は今〉(28)デンマークとノルウェー──宮崎正弘(国際エコノ
ミスト)
北海油田で好景気のデンマークも
経済停滞のノルウェーも観光客だらけ

[連載企画]
■キーパースン──東京地下鉄/山村明義新社長
周到かつ大胆な新社長が担う上場と地下鉄経営統合への期待

■佐藤優の情報照射「一片一条」第130回
北方領土の落としどころが読めたエカテリンブルク森・プーチン会談

■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」(76)
高浜原発再稼働の効果で料金値下げ 販売電力量の失地回復を狙う関西電力

■早川和宏のベンチャー発掘(216)──東京都中央区/Quiree株式会社[後編]
音楽の力で“違い”を乗り越え「愛と平和のため」に世界を変える

■元木昌彦のメディアを考える旅(235)──木曽崇氏(国際カジノ研究所所長)
人集めの観光から消費喚起の観光へ
「夜遊び」の経済学とカジノの相関

[世界を俯瞰する情報群]
■国際トピックス
◇中国/中国が次世代戦争を想定した「軍事ロボット」開発を加速
◇欧州企業/多額の不良債権に喘ぐ伊銀行界 公的資金投入で進む財政危機

■来日ビジネスマンの主張(214)──ロベルト・ゴンサレス氏(国営企業キューバ
資本商事会社・海外部門リサーチャー)
再生可能エネ、バイオ分野で日本からの投資を期待する

[連載コラム]
■巻頭言「池東旭の賢者に備えあり」
虎尾難放というポピュリズムの罠

■時代をつかむニュースコラム
「情報スクランブル」
・「長崎原爆の日」式典の「平和宣言」にも“忖度〟か
・都議選7回連続全員当選、それでも喜べない公明党
・北朝鮮弾道ミサイル迎撃にイージス・アショア導入へ
・3期目の森金融庁長官に凄腕の「助さん・格さん」
・JA全中会長選挙で小泉進次郎議員に「NO!」
・「失速」示すデータ続々、ニッポン科学技術の危機
・東芝とWDの契約内容判明、差し止め訴訟は無理筋
・タカタ倒産の裏で創業家が密かに資産保全か
・名門ニコン買収にもホンハイが触手を伸ばす
・苦境が続く百貨店業界で独り気を吐く髙島屋
・造船立て直しで中韓の後塵を拝す日本
・カジノ学部と民間出資で大阪市立・府立大が統合?
・獣医学部新設計画の中身は加計学園より京産大に軍配
・国交省が訴え始めた持ち主不明土地の流動化
・海外では事件・事故より心筋梗塞や脳卒中にご用心
・ネット配信は“本来業務”NHKの目論見に猛反発
・欧州委が米グーグルから立て続けに巨額制裁金
・北朝鮮への軍事作戦に米国防省内で2つの動き
・“米国第一”の米大統領に独与党が強烈メッセージ
・露骨な反日米と親中国をアピールするドイツの思惑
・ロシアが危険視するIS戦闘員の帰国
・政治問題化しかねないベトナムの二輪車規制
・AIIBの不振で画策、中国のADB乗っ取り

■ニュース鑑定人(238)──樹 静馬
小池都知事は「江戸幕府」を開け/ほか

■ほまれもなくそしりもなく(62)──田部康喜
ユビキタス監視社会(2)

■内海善雄のやぶ睨み「ネット社会」論(90)
老人が率先垂範できたなら…
社会に笑顔も増えるかも

■金田一秀穂の伝える言葉─伝わる言葉(157)
不機嫌で怒っている人が増えている

[連載コラム]
■アメリカ流・日本流(196)──後藤英彦(米国在住ジャーナリスト)
天皇の生前退位、日本で遠い恒久化の道

■ドイツから遠眼鏡(85)──川口マーン惠美(作家)
独G20報道に見た日本への関心「激減」

■新世相斬り・橋本テツヤの一針見血(157)
指差し確認と声出し確認/首相のエスカレーター

[好評連載]
■取材記者vs.広報マン(189)──大手町九郎(189)
サラリーマン観光大使
■やまとうた(86)──山内丈(冷泉家門人)(86)
【星合時】君想ふ 千代にひとつと吹く笛に  こたへてのぼる 涼し御舟よ

■もっともっと映画を!(183)──古閑万希子
「ギフト 僕がきみに残せるもの」
「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」

■私の読書スタイル(238)──筧誠一郎氏(日本eスポーツ協会事務局長、eス
ポーツコミュニケ―ションズ代表)
1冊を妄信せず多くの視点を楽しむ

バックナンバー

 2017年10月号
2017年10月号
 2017年9月号
2017年9月号
 2017年7月号
2017年7月号
 2017年6月号
2017年6月号
 2017年5月号
2017年5月号
 2017年4月号
2017年4月号
 2017年3月号
2017年3月号
 2017年2月号
2017年2月号
 2017年1月号
2017年1月号
 2016年12月号
2016年12月号
 2016年11月号
2016年11月号
 2016年10月号
2016年10月号