エルネオス 2015年4月号 立ち読み 最新号 バックナンバー

エルネオス 2015年4月号

出版社 エルネオス
発行間隔 月刊
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

情報感度を研ぎ澄ます!
ビジネス情報誌
ELNEOS【ザ・ニュース】

矢尽きたアベノミクス/金利消失の不安/農協改革の虚実/電子書籍事業は頭打ち
日本株の外国人売り/保険ショップ規制/水道断絶の危機/アサツーDKの配当

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

[感度を磨くビジネス情報]
■巻頭リポート
アベノミクス3本目の矢はネタ切れ?
「大官製相場」は支え続けられるのか

■出版業界
またアマゾン対抗策を打ち出した
電子書籍市場はすでに頭打ちか

■中東情勢──鈴田孝史(経済ジャーナリスト)
ネタニヤフ首相勝利で高まる危機
イスラエルのイラン攻撃で何が起こるか

■ドイツ現地リポート
世界最大の情報通信見本市「CeBit」で注目
ドイツが官民で進める「第4次産業革命」

■緊急リポート《水道断絶》(1)──橋本淳司(ジャーナリスト)
各地で進む水道料金の値上げは
避けて通れない水道確保の重い現実

■京都発・空き家考──神崎夢現(編集者)
廃墟化する京町家の再生を越えて
京都で始まる「日本の未来」構築

■岩盤規制打破
“資金源”温存や独禁法適用除外、安倍政権の農協改革に疑問の声

■株式市場動向
日本株相場に安心感は早計、4~5月は外国人の売り相場か

■保険ショップ規制
金融庁の査察から2年で施行へ、保険ショップへの監視強化

■株主還元経営
驚愕の17%配当利回り実施、アサツーDKと物言う株主

■経営再建
スカイマーク再建に名乗り、HIS澤田会長の最後の勝負

■経営者の生きざま
私財を捧げたスカイマークを、破綻させた西久保慎一という男

■マンション2極化
都心高額物件に需要は集中、住宅市場で進む「富」の偏重

■金融政策
日銀の国債買い占めは金利消失へのカウントダウン

■社外取締役の役割
「創業者の乱」でかすむ“機能”、政府肝いりの「企業統治指針」

■〈シリーズ〉メディア激動時代(73)──神余心
国内ネット広告がついに1兆円突破! 新型モデルが次々登場し成長加速

[連載企画]
■キーパースン──ホンダ/八郷隆弘・次期社長
前社長路線からの脱却が最優先、ホンダ復活へ鍵を握る若き新リーダー

■佐藤優の情報照射「一片一条」第102回
鳩山元首相のクリミア訪問に帝国主義的取引外交が見える

■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」(48)
「日本の今」を象徴する大塚家具問題、どちらが勝ってもガバナンス強化が課題に

■早川和宏のベンチャー発掘(189)──東京都港区/スペースフロンティア財団アジ
アリエゾン[前編]
日本の「宙の産業革命」を推進する商業宇宙ビジネスの“女性伝道師”

■元木昌彦のメディアを考える旅(207)──高橋和夫氏(放送大学教授)
死の覚悟を求められるメディア、中東で高い中国のプレゼンス

[世界を俯瞰する情報群]
■国際トピックス
◇欧州企業/スペイン5位のサバデル銀が英銀七7のTSBを買収で北上
◇フランス/汎欧州のナショナリズム台頭でマリーヌ・ルペンは今ヒロイン
◇中国/習近平・国家主席の強権政治に走った「軍クーデター未遂」情報
◇フランス/米国でのフランス人起業を支援、女性経営者に母国が国家功労賞

■来日ビジネスマンの主張(186)──ホルヘ・ウルタド氏(メキシコ国家炭化水素委
員会・CNH・コンサルタント
メキシコ石油資源の外資開放で日本企業の商機は確実に拡大する

[連載コラム]
■巻頭言「佐伯啓思の賢者に備えあり」
成長できない資本主義

■時代をつかむニュースコラム
「情報スクランブル」
・「海外での武力行使」を加速、自公共同文書は出来レース
・外務省を“排除”して国際会議を遅らせた内閣府
・ようやく中韓に対抗する対米「人と銭」外交開始
・中国主導投資銀に対抗し“宮澤AMF構想”復活
・「2人以上」義務付けで社外取締役“市場”誕生
・郵政3社同時上場を牽引、ゆうちょ銀行の苦悩
・大手銀が資産運用会社統合、三井住友の出方に注目
・任天堂とDeNAは水と油、窮余の提携に冷やかな反応
・雪国まいたけのTOBで絵を描いた投資ファンド
・大塚家具のお家騒動でひと儲けした“傭兵”たち
・誇らしい半面で辛さもあるアステラスの新薬開発姿勢
・三菱重工が先駆けるワイヤレス送電システム
・失態続くNHK籾井会長に強制調査企業との接点浮上
・動き出すポスト籾井人事、後継候補選びは難航中
・黒字転換中のBS放送の視聴率調査開始に懸念
・米国とイスラエルがイラン核問題で対立激化
・中国の原発400基構想、安全性置き去りの恐怖
・金融機関が震えあがる米当局の制裁金高額化
・英国で社会問題化、保険の払い戻しは4兆円
・米大使襲撃事件が及ぼす朴槿恵政権へのダメージ
・米大使襲撃事件で米国が韓国に突き付けた要求
・中国の「IT規制法」に反発を強めるアメリカ
・いまや村上春樹より注目はカズオ・イシグロだ
・敗戦国ドイツが受けた連合国側の性犯罪を糾弾

■ニュース鑑定(210)──樹 静馬
公明は連立離脱し軍事観を語れ/ほか

■ほまれもなくそしりもなく(34)──田部康喜
<神経戦の陥穽(3)>「黒幕」の消滅

■内海善雄のやぶ睨み「ネット社会」論(62)
「死者を出す覚悟」のリトマス試験紙

■金田一秀穂の伝える言葉─伝わる言葉(129)
漢文化が理解できる日本人の凄さを再認識しよう

■楽しくなければ老後じゃない(46)──河内孝(ジャーナリスト)
ファッション業界のカリスマから
介護の世界への“華麗”な転身

[連載コラム]
■在米日本人のニッポン考(148)
小浪幸子(引退生活者)/デシルバ真理紗(ソプラノ歌手)

■アメリカ流・日本流(168)──後藤英彦(米国在住ジャーナリスト)
報道の自由、紙から電子へ揺れる活字媒体

■ドイツから遠眼鏡(57)──川口マーン惠美(作家)
2つのオペラで考えた残虐な過去の宗教対立

■新世相斬り・橋本テツヤの一針見血(129)
子供を甘やかす世の中/非課税贈与は愚の骨頂

[好評連載]
■取材記者vs.広報マン(161)──大手町九郎
コミュニケーション能力

■やまとうた(58)──山内丈(冷泉家門人)
《花風》いとどしく 春を知らせる 風なれば 花の香をまた 身にぞ染めつる

■食材5色バランス健康法(52)──杉本恵子(管理栄養士・ヘルシーピット代表)
ご飯と合わせ栄養価を高める栄養豊富な【赤】のカツオ

■もっともっと映画を!(155)──古閑万希子
「和食ドリーム」「セッション」

■気になる健康、気にする体調(170)──幸井俊高(幸福薬局 中医師)
生薬の力「赤芍(せきしゃく)」

■私の読書スタイル(210)──渡邊喜雄氏(株式会社カインドウエア会長&CEO)
人類が生き残るために何が必要なのかを知る

バックナンバー

 2020年6月号
2020年6月号
 2020年5月号
2020年5月号
 2020年4月号
2020年4月号
 2020年3月号
2020年3月号
 2020年2月号
2020年2月号
 2020年1月号
2020年1月号
 2019年12月号
2019年12月号
 2019年11月号
2019年11月号
 2019年10月号
2019年10月号
 2019年9月号
2019年9月号
 2019年8月号
2019年8月号
 2019年7月号
2019年7月号