BLADES(ブレード) Vol.14 立ち読み バックナンバー

BLADES(ブレード) Vol.14

出版社 株式会社エイ出版社
発行間隔 不定期
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

『SUP最前線2019』
SUP(エスユーピー/スタンドアップパドルボード)が
世に広まりだしてから十数年。
世界中でパドラーが生まれ、あらゆる水辺へと漕ぎ出しました。
この過程の中で、遊び方や道具が急速に進化し、
そのスタイルも千差万別になっています。
今のSUP界は、コンテストシーンからフリースタイルでファンなシーンまで、
少しも目を離せないほどのスピード感で移り変わっているのです。
そこで、あらためて世界のSUPシーンが進んでいる方向を垣間見るために、
とりわけエキスパートな世界で活躍するパドラー達を取材しました。
レースやサーフィンなどのベーシックなカテゴリーから新ジャンルのフォイルまで、
SUPの最前線から、未来のSUPの姿を追いかけます。

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

007 PROLOGUE

[PICKUP]
佐藤優夏
010 IT’S ALL ABOUT THE CHALLENGE TO THE GOAL


[SPECIAL]
014 SUP最前線2019

RACE 018 最高峰の舞台「M2O」で漕ぐレーサー達/026 M2Oに参戦した日本人選手達
028 荒木汰久治、34回目の海峡横断

SUP SURFING 036 世界のSUPサーフシーンの未来

RIVER SUP 042 リバーSUPは究極のエンターテイメント

SUP FOIL 046 世界がフォイルに夢中になった/048 フォイルレースのハワイ3連戦を村林友安が飛んだ!
052 ジェームス・ケーシーのテイクオフ解剖

ADVENTURE SUP 054 SUPだから漕ぎ出せる冒険/058 SUP 11-City Tour

GEAR 062 最新レースボード&フォイル/064 堀越優樺19歳 ニューボード新調の旅


066 How to Enjoy SUP SURF TRIP

068 ダウンウィンドの海原へ SICからの誘い

072 SUP CONTEST REPORT

074 SUP JAPAN CUP CHIGASAKI 2018


089 INFLATABLE SUP JAPAN TOUR 2018

092 TED CUPファイナリストの決勝ライディング・セルフ解説


102 SUPアジア通信
104 佐藤ルミナ 免許皆伝への道 / 108 金子ケニー 世界の漕ぎ方 / 110 KEIKI PADDLER'S FILE
112 読者投稿 SUP PHOTO SNAP! / 116 田中律子のHeart Voice
117 SURFRIDER FOUNDATION / 118 漕人・奥田哲の冒険譚 / 119 Paddling Log 文=抱井保徳
121 岡崎友子の徒然エッセー / 123 フーテン照さんの全国ゲレンデ探訪
125 流れにまかせてドンブラ漕々 川で遊ぼう! / 126 INDIANA KUMAKURA
128 BLADES INFORMATION / 130 SUP SHOP GUIDE / 136次号予告

バックナンバー

 Vol.13
Vol.13
 Vol.12
Vol.12
 Vol.11
Vol.11
 Vol.10
Vol.10
 Vol.9
Vol.9
 Vol.8
Vol.8
 Vol.7
Vol.7
 Vol.6
Vol.6
 vol.5
vol.5
 Vol.4
Vol.4
 Vol.3
Vol.3
 Vol.2
Vol.2