CAMERA magazine 2014.6 立ち読み 最新号 バックナンバー

CAMERA magazine 2014.6

出版社 株式会社エイ出版社
発行間隔 不定期
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この雑誌の内容

今号の特集は「僕たちの新・風景写真」。いわゆる“花鳥風月”の定番写真もいいけれど、もっと自由な発想で、カッコよく新しい風景写真へのアプローチを探ります。山内 悠さんの富士山から見た宇宙のような夜明けの写真や、廃車と風景を組み合わせた半沢 健さんの写真など、新・風景写真に相応しい作品が盛りだくさん。特集後半では、写真家達の全国お気に入り風景スポットを紹介します。また、「My Camera,Fine Photo」ではソニーα7やニコンDfなど5名の写真家が愛用する注目のカメラと作品を紹介。さらに、キヤノンEOSの系譜を網羅した「名機の系譜」や、ライカの新マウント「LEICA T」撮り下ろしなど、盛りだくさんの内容でお届けします。

電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがある場合があります。あらかじめご容赦ください。

この雑誌の目次

004 WOMAN WITH A TIE

Catch Light[ 今月のトピックス]
006 石川文洋さんのドキュメンタリー映画が公開

008 新ライカTマウント採用のアルミ削り出しボディ
LEICA T

014 Sony DSC-RX100M3/α77 Ⅱ/α7S

016 FIRST IMPRESSION
Nikon 1 V3

018 Leica Look
LEICA NOCTILUX 50mmF1.2・LEICA M Monochrom / M9-P
セイケ トミオ

022 名機の系譜
キヤノンEOS

030 ザ・コンタクトシート
鬼海弘雄

032 MASTERPIECE
スティーブ・マッカリー

034 WORKS
ちはや 小澤トシカズ

040 オリンパス・カメラクラブ
[高感度ISO3200で夜の街スナップを楽しむ]

042 WORKS
水越 武


048 特集
僕たちの新・風景写真


050 WORKS 夜明けの宇宙 山内 悠
056 WORKS HI-LITE 半沢 健
062 LEICA T WORKS humidity 加納 満
068 8×10 WORKS 8×10ポジで捉えるインド憧憬 稲垣徳文
072 定点観測 窓からの眺めは日々差し替わる名画 田中長徳
074 鉄道 列車を入れて風景を完成させる 長根広和
078 公園 何気ない公園風景に足を止めてみる tsukao
080 tsukaoさんの公園風景撮影に密着!
082 ミニチュア 自分の手で、風景を作り撮影する 田中達也
084 Like/Ansel Adams アンセル・アダムス風、光と雲に挑戦 稲垣徳文
086 Like/中野正貴 無人の東京=非日常の風景を撮る 鈴木文彦
088 Like/杉本博司 プリントの完璧な美に刺激を受ける 金本大成
090 東京タワー 東京タワーのある風景 谷口 巧
092 日本全国 日本全国 写真家のとっておき風景スポット
104 日常 “半径10m”のマイ風景を見つける 編集部

5名の写真家が愛用するいま注目のカメラたち
My Camera,
Fine Photo

106 Sony α7+LEICA SUMMILUX 50mmF1.4 渡部さとる
108 Nikon Df+SIGMA 35mmF1.4 DG HSM 三井公一
110 Sony RX1・Carl Zeiss Sonnar T* 35mmF2 森谷 修
112 OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL 25mmF1.8 大野雅人
114 RICHO GR・GR Lens 18.3mmF2.8 中藤毅彦

116 永遠のカメラ少年たち!
郡山総一郎

120 ハービー・山口の想いを伝える写真
[写真は人柄が写るもの]

122 チョートクの愛しのカメラたち
[Canon ⅡD+RAPID WINDER]

124MY ZUIKO STYLE
[雨模様のニュージーランドを旅する]清水哲朗

126 世界の写窓から イチャソ・ズニガ
[モンスーンの雨に濡れながら]

128 遠くへ行きたい 帆足侊兀
[知床半島]

130 ANTOLOGIA

134 ロング使用レポート

137 カメマガ編集部のカメラ日記

142 愛され続けるポラロイドのいま

144 次号予告・読者プレゼント

バックナンバー

 2014.9
2014.9
 2014.8
2014.8
 2014.7
2014.7
 2014.5
2014.5
 2014.4
2014.4
 2014.3
2014.3
 2014.2
2014.2
 2014.1
2014.1
 2013.12
2013.12
 2013.11
2013.11
 2013.10
2013.10
 no.12
no.12