表示数
並び順
悪い妻と呼ばないで (全1巻)
出版社:
ハーレクイン社
著者:
荻丸雅子
リンジーとティムの新婚生活は薔薇色…のはずだった。両親を亡くし孤児院で過ごしたリンジーと、裕福な上流階級出身のティムは愛で結ばれていたのだ。いくらティムの母がひとり息子の結婚相手が孤児であることを受け入れられず、冷たい視線を向けてこようと、彼の愛に包まれ、仕事も順調な日々を送っていたリンジーは、愛がどんな障害をも克服してくれると信じていた。出張から帰った日、...
愛についての八章 (全1巻)
出版社:
ハーレクイン社
著者:
荻丸雅子
半年ぶりにスペインに帰国したカムは危険地帯を飛びまわるレポーター、そして名うてのプレイボーイ。今回も美女をつれて別荘に着くと、控えめな未亡人リズが現れた。別荘の庭の手入れをまかされたという彼女は決してカムの好みではなかったが、なぜかリズのことが頭から離れない。さらに亡夫を想う彼女の涙を見てハッとした。ぼくを想って泣いてくれる女はいるだろうか? 誠実な心を持つ...
追憶のひと (全1巻)
出版社:
ハーレクイン社
著者:
荻丸雅子
ギャレス――ずっと避けてきたのに…! シビラは目の前の男性に言葉を失った。10年前、初恋を無残にも砕いた年上の幼なじみは、彼の祖父の死を機に、アメリカから帰国していたのだ。“シビラに恋をされても迷惑だ”ギャレスの放った言葉は、シビラの心に深い傷をつけ、今でも彼女を苦しめている。けれど10年ぶりに再会した彼は、以前よりも男らしい魅力に満ちていて、閉じ込めたはず...
眠り姫をプレゼント (全1巻)
出版社:
ハーレクイン社
著者:
荻丸雅子
執事を務めるヴァネッサが目覚めると、隣に館の主人ベネディクトが眠っていた。しかも、ふたりとも裸。嘘でしょう!? なんで!? ヴァネッサは古い館の換気のために、眠るときは客室を使用する。昨日は酔って帰ってきたせいで、間違って彼の部屋で眠ってしまったのだ。でも、彼が帰ってくるとは知らなかったし、同じベッドに入ってくるだなんて! まもなくして起きてきた彼は、「昨夜...
楽園の嵐 (全1巻)
出版社:
ハーレクイン社
著者:
荻丸雅子
ドミニク・マクスウェル――フェネラの家族を奪った美貌の悪魔。7年前、母の再婚相手にはすでに正妻がいる。そう義父の嫡出子ドミニクに重婚の事実を告げられ、母は自殺した。そして今になって父方の祖父から呼ばれたフェネラの父親違いの弟は困惑し、姉に助けを求めてきたのだ。私は歓迎されないだろう。けれど弟のためにと南太平洋の島に同行し、ドミニクと再会する。もう2度と会いた...
追憶の重さ (全1巻)
出版社:
ハーレクイン社
著者:
荻丸雅子
「1年後、ぼくが帰ったら結婚しよう」名家の御曹司ジェイの言葉を、16歳のレベッカは信じていた。だが、楽しかった夏が終わり、留学中の彼のもとに妊娠を告げ助けてと手紙を送ると、非情にもゆすりの疑いをかけられ屋敷から追いだされてしまう。――10年が経ち、新聞の尋ね人に母危篤の知らせを見つけ、故郷を訪れるともう二度と会うことはないと思っていたジェイの姿があった。昔と...
29件