追憶の重さ (全1巻) 立ち読み

追憶の重さ (全1巻)

出版社 ハーレクイン社
著者 荻丸雅子
原作 ミシェル・リード
著作権 (C)MASAKO OGIMARU(C)MICHELLE REID
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

このコミックの内容

「1年後、ぼくが帰ったら結婚しよう」名家の御曹司ジェイの言葉を、16歳のレベッカは信じていた。だが、楽しかった夏が終わり、留学中の彼のもとに妊娠を告げ助けてと手紙を送ると、非情にもゆすりの疑いをかけられ屋敷から追いだされてしまう。――10年が経ち、新聞の尋ね人に母危篤の知らせを見つけ、故郷を訪れるともう二度と会うことはないと思っていたジェイの姿があった。昔と変わらぬ青い瞳で私を見つめるジェイ。まるで私を弄んだことなどなかったみたいに…。