秘書は偽りのフィアンセ (全1巻) 立ち読み

秘書は偽りのフィアンセ (全1巻)

出版社 ハーレクイン社
著者 花牟礼サキ
原作 イヴォンヌ・リンゼイ
著作権 (C)SAKI HANAMURE (C)HARLEQUIN ENTERPRISES ⅡB.V./S.a.r.l.
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

このコミックの内容

あのとろけるような口づけが、汚れた脅迫に変わるなんて!やっぱり彼は、息が止まるほど魅力的だわ。マーガレットは夢心地で新社長ウィリアム・タナーを見つめた。彼は気づくかしら? 仮面舞踏会の夜、キスをした相手がこんなに地味な秘書の私だと。だが彼は、胸躍らす彼女に信じ難い事実を告げた。彼女の弟が会社の金を横領したというのだ。そして公にされたくなければ、自分の婚約者役を演じろとマーガレットに迫った。呆然とする彼女の唇を奪って、ウィリアムは言った。「僕たちならきっと、迫真の演技ができる」