女帝花舞 (28巻) 立ち読み 関連商品

女帝花舞 (28巻)

出版社 グループ・ゼロ
著者 和気一作
原作 倉科遼
著作権 (C)倉科遼 /和気一作
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応

このコミックの内容

ニチブン編集長の北沢が、豆千代が陰謀を知らせたことを、亀田に連絡する。豆千代の命が危ない! 彩香が杉野にアメリカの策略を報せ、菱和会に豆千代の保護を頼んだ。鈴木が豆千代を座敷に呼び、帰りに拉致させる。それを追った明日香と康平が、駆けつけた菱和と烏丸とともに救出した。亀田、マッケンジー等と対決し、杉野の邪魔をしないことを約束させる。ニールに別れを告げる明日香。康平と結婚し、芸妓を辞めて小さな料理屋を営むことにする。母・彩香も、ともに暮らすために呼んだ。彩香と明日香、二人の女帝が人生の最後に辿り着いた場所は、家族という名の幸せ…。『女帝』母娘二代の物語、ここに堂々の完結!!

このコミックの関連商品

女帝花舞 (1巻)
女帝花舞 (1巻)
女帝花舞 (2巻)
女帝花舞 (2巻)
女帝花舞 (3巻)
女帝花舞 (3巻)
女帝花舞 (4巻)
女帝花舞 (4巻)
女帝花舞 (5巻)
女帝花舞 (5巻)
女帝花舞 (6巻)
女帝花舞 (6巻)
女帝花舞 (7巻)
女帝花舞 (7巻)
女帝花舞 (8巻)
女帝花舞 (8巻)
女帝花舞 (9巻)
女帝花舞 (9巻)
女帝花舞 (10巻)
女帝花舞 (10巻)
女帝花舞 (11巻)
女帝花舞 (11巻)
女帝花舞 (12巻)
女帝花舞 (12巻)