女帝 (24巻) 立ち読み 関連商品

女帝 (24巻)

出版社 グループ・ゼロ
著者 和気一作
原作 倉科遼
著作権 (C)和気一作/倉科遼
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応

このコミックの内容

彩香が銀行の融資を受けるための保証人に、尾上がなる。これまで父親らしいことを何一つ出来ずに来たから、是非ならせてくれと…。感謝の涙を流す彩香。しかし探偵が、墓地で彩香と尾上が一緒にいる写真と、融資の保証人になった事実を手に入れ、梨奈に渡した。国会で尾上の不正融資疑惑が追及される。彩香が尾上の愛人だとブチあげる袴田。国会は紛糾し、彩香たちをマスコミが追い回す。直人、大沢、大翔、藤田たちが、彩花の盾になろうと集まってきた。家族会議の結論を待ってテレビの前に立った尾上は、遂に全ての事実を語る。瞠目の総理演説、大感動の父の言葉に涙せよ! 他に「女帝外伝」(そしてその後・第一話~第三話)を収録。

このコミックの関連商品

女帝 (1巻)
女帝 (1巻)
女帝 (2巻)
女帝 (2巻)
女帝 (3巻)
女帝 (3巻)
女帝 (4巻)
女帝 (4巻)
女帝 (5巻)
女帝 (5巻)
女帝 (6巻)
女帝 (6巻)
女帝 (7巻)
女帝 (7巻)
女帝 (8巻)
女帝 (8巻)
女帝 (9巻)
女帝 (9巻)
女帝 (10巻)
女帝 (10巻)
女帝 (11巻)
女帝 (11巻)
女帝 (12巻)
女帝 (12巻)