女帝 (12巻) 立ち読み 最新号 関連商品

女帝 (12巻)

出版社 グループ・ゼロ
著者 和気一作
原作 倉科遼
著作権 (C)和気一作/倉科遼
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応

このコミックの内容

彩香が北条に同じ罠をかけ、恐喝をやめさせる一方、男として成長した謙一が、梨奈の隠していた尾上と彩香の写真とネガを奪って彩香に届ける。父尾上の危機は去った。銀座では、昌代が雇ったホステスまで使って客の秘密を探り出し、脅迫し始めたことが発覚。彩香は直人の協力を得て、昌代の握っている証拠を奪う。昌代は直人を刺そうとして、逆に直人を守ろうとした愛人の明美に刺されて死んだ。

このコミックの関連商品

女帝 (1巻)
女帝 (1巻)
女帝 (2巻)
女帝 (2巻)
女帝 (3巻)
女帝 (3巻)
女帝 (4巻)
女帝 (4巻)
女帝 (5巻)
女帝 (5巻)
女帝 (6巻)
女帝 (6巻)
女帝 (7巻)
女帝 (7巻)
女帝 (8巻)
女帝 (8巻)
女帝 (9巻)
女帝 (9巻)
女帝 (10巻)
女帝 (10巻)
女帝 (11巻)
女帝 (11巻)
女帝 (13巻)
女帝 (13巻)