海猫亭へようこそ (10巻) 立ち読み 関連商品

海猫亭へようこそ (10巻)

出版社 グループ・ゼロ
著者 村尾忠義
原作 剣名舞
著作権 (C)村尾忠義/剣名舞
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

このコミックの内容

陶芸をやっている火見子の元へ、料理に使う器を求めに行く涼二と鱒田。鱒田は火見子に好意を抱くが、火見子の夫で美術鑑定人の土谷が彼女を連れ戻しにやって来た。火見子や鱒田に、金儲けを目的にしていた美術に対する自分の驕りを知る。一人で帰った土谷は、火見子の求めていた離婚届を送った。全国フランス料理コンテストに出場することにした涼二。優勝できたら、羽純にプロポーズする決心である。全国のつわものシェフと競い、涼二は惜しくも第2位に留まった。しかし羽純に、高志が昔一度だけ出場した料理コンテストで、予選落ちしていたことを告げられる。もうこれ以上高志にこだわる事は無いと、鱒田にも言われ、涼二は羽純にプロポーズした。

このコミックの関連商品

海猫亭へようこそ (1巻)
海猫亭へようこそ (1巻)
海猫亭へようこそ (2巻)
海猫亭へようこそ (2巻)
海猫亭へようこそ (3巻)
海猫亭へようこそ (3巻)
海猫亭へようこそ (4巻)
海猫亭へようこそ (4巻)
海猫亭へようこそ (5巻)
海猫亭へようこそ (5巻)
海猫亭へようこそ (6巻)
海猫亭へようこそ (6巻)
海猫亭へようこそ (7巻)
海猫亭へようこそ (7巻)
海猫亭へようこそ (8巻)
海猫亭へようこそ (8巻)
海猫亭へようこそ (9巻)
海猫亭へようこそ (9巻)