雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSSカテゴリーのRSSフィードのURL
雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSS カテゴリーのRSSフィードを表示する
RSS
このカテゴリーの新着情報はコチラから
表示数
並び順
日本のヘンな風習
これってうちの地元だけ!?
意外と知らないローカルルール
思わず鼻で笑いたくなるヘンな風習
「キュウリを食べてはいけない」(京都府)
「お風呂でうどんを食べる」(香川県)
「生後100日目にナマズを食べる」(宮崎県)
「くじ引きで義理の姉妹を決める」(山形県)
など全国から収集した珍奇なロ...
本当に怖いマヤの予言
驚異の的中率を誇る天才的な古代マヤ人の予言書の真相に、さまざまな観点から迫る。そして来るべき終末の日とは…。
本当は怖い世界の神話
残酷で無慈悲な神話の世界へようこそ─。ゼウスの逆鱗に触れ、生きながら内臓を大鷲に喰われたギリシア神話のプロメテウス。知識を求めるあまり自らの片目をえぐって捧げた北欧神話の主神オーディン。狼藉の限りを尽くした日本の暴神スサノオ。神々の行動の根底にあるのは、愛憎、陰謀、復讐、プライド、食い意地、物欲……。人間と同様、剥き出しの欲望をさらけだす神々の真の姿とは!?
本当は怖い日本の地名
あなたが住んでいる土地は、実はすごく怖い場所!?…最恐地名スポットから今は亡き怖い地名まで、驚愕の知られざる事実!
本当は怖い日本の風習としきたり
おばあちゃんが言ってたことは本当だったんだ!村のオキテを破った時、何かが起こる!201の妖しい伝承、驚きのタブー!
名家・名門の世界
あなたの故郷から現在生活する街まで…。街あるところに「名家」あり!日本を支えた「名家」132家の家紋・家系を掲載
行って良かった!絶対見たい!世界遺産77
出版社:
JTBパブリッシング
著者:
JTBのMOOK
一度は行っておきたい世界遺産を厳選! 美しい写真に観光のツボを併記して紹介しています。実際に行ってみた臨場感を大切にし、観光のツボやその地で絶対押さえたいポイントなども紹介した役に立つ世界遺産ムックです。写真も著名写真家の方や、そのエリア専門写真家の方、空撮などの厳選した写真を掲載しています。
※この電子書籍は2013年1月にJTBパブリッシングか...
石仏・石の神を旅する
石の神仏像に魅せられた著者と写真家が、全国の主な石仏や道祖神、庚申塔や狛犬など計100カ所以上をカラー写真とともに紹介。全ての石仏や石の神像に問合せ先・アクセス等のデータ付き。私選の全国石仏10選をはじめ、石の神仏像の見方、撮影の方法や見分け方についても掲載。信州に見事な石仏を残した名工・守屋貞治や小浜の地蔵盆に関するコラムも収録。これ1冊で石仏の魅力、石仏...
地図とデータでよくわかる日本史
出版社:
JTBパブリッシング
著者:
JTBのMOOK
大人なら知っておきたい日本史の基本事項を学べる本。シンプルな地図を大きく使った、見やすい誌面が特徴。日本史の重要テーマが1見開きでまとまっているので、前後を見なくても、興味のあるところから読み始められるのもポイントだ。旧石器時代~戦後史までを扱い、1冊で通史がおさえられる。ファンの多い戦国時代や幕末はページを割いて解説。また「邪馬台国はどこにあったか?」「イ...
東京今昔 街角散歩
都内各地の古写真や絵葉書と現代を定点対比しつつ、街角散歩を楽しむためのガイド。
おすすめルートと見どころ紹介を付け、見て楽しく使って便利な構成。

【収録エリア】丸の内、日比谷、霞が関、神田神保町、竹橋・九段、赤坂見附、六本木、浅草、吾妻橋、上野、日暮里・谷中、湯島天神、本郷・根津、秋葉原・御茶ノ水、日本橋、京橋、銀座、築地、新...
秘蔵鉄道写真に見る戦後史 下
戦争でダメージを被った国土にあって、鉄道はそれ自身が復旧し近代化を進めただけでなく、戦後日本の復興から経済発展の過程に大きな役割を果たしてきた。
当時貴重だったフィルムを使用して、日本交通公社の専属カメラマンによる膨大な記録写真から厳選。駅、列車や人々の姿などに時代や世相が見える写真に、当時のニュースやトピック、風俗をまじえた解説を加えた写真集。下...
秘蔵鉄道写真に見る戦後史 上
戦争でダメージを被った国土にあって、鉄道はそれ自身が復旧し近代化を進めただけでなく、戦後日本の復興から経済発展の過程に大きな役割を果たしてきた。
当時貴重だったフィルムを使用して、日本交通公社の専属カメラマンによる膨大な記録写真から厳選。駅、列車や人々の姿などに時代や世相が見える写真に、当時のニュースやトピック、風俗をまじえた解説を加えた写真集。上...
貧しい国で女の子として生きるということ―開発途上国からの5つの物語
「早すぎる結婚・妊娠」、「人身売買」、「HIV・エイズ」
......「女の子」というだけで、途上国では多くの過酷な試練が待ち受けています。

例えば

■ ニジェールでは15~19歳で結婚している女の子は62%に対し、
同世代の男の子の場合は4%

■ ネパールでは人身売買を目...
戦国武将ビジュアルプロフィール200 完全保存版
【戦国の世を駆け抜けた武将200人のパーソナルデータを一望!】
戦国武将200人を家紋・花押・印章・関連写真といったビジュアルデータと、経歴・生没年・出身地・別名・官位・系図・さまざまなエピソードなどのパーソナルデータで紹介するプロフィールブックです。仙田聡氏の描き下ろしによる、人気の武将76人のイラストも掲載。さらに
・10人の姫たちの...
日本ボルダリングエリア 上
出版社:
山と溪谷社
著者:
北山 真
ついに出た!全国版ボルダリング専用トポの第1弾! 北海道から中部までを収録!
日本中にボルダリング専用ジムができ、いまや岩登りといえばボルダリングが主流となっています。

この本は『フリークライミング 日本100岩場』をベースに、雑誌『ROCK&SNOW』に掲載した新しいエリアの情報を盛り込み、北海道、東北、関東、中部のエリア...
富士山ブック2014
数ある富士登山ガイド本の中で、もっとも歴史のある『富士山ブック』。
2014年、富士山に登るために必ず読んでおきたい一冊です。

正確で詳細なコースガイド情報、登山口までの交通情報や宿泊する山小屋情報など、富士登山に必要なすべてのデータを、最新情報にアップデートしています。

さらに、富士山を快適に楽しく登る...
まりこふんの古墳ブック
出版社:
山と溪谷社
著者:
まりこふん
「古墳ってどこが見どころなの? 」
「埴輪って何のためにつくられたの?」

最近古墳が気になっているあなたのために、
古墳大好き女子・まりこふんが
「日本一わかりやすい古墳の本」をお届けします。

今、若い女性を中心に古墳がブームになっています。
その古墳ブームの牽引者・「まり...
吉田松陰 誇りを持って生きる!
出版社:
すばる舎
著者:
森友幸照
この魂の叫びが時代の閉塞を打破する! 己れの信念と志を一本のぶれない軸にして、激動の幕末を駆け抜けた吉田松陰。そのあまりに太く短く熱い生涯をたどり、彼が一身を賭し追い求めたものが何だったのかをさぐる。
残された著作や書簡、漢詩や和歌などから聞こえてくる獅子吼は、現代を生きる私たちの背中を押し、その歩を前に進めさせる力がある。人を率いる人、人を育て...
マタギ 矛盾なき労働と食文化
マタギのアイデンティティーは山と共に暮らす生活スタイルにあります。彼らは熊やウサギ、川魚、茸など、山にある様々な恵みを頂いて命を繋ぎます。しかし、時代が変化し、マタギは消えつつあるのです。本書は、そんなマタギの今を写真に捉えることをライフワークとしたカメラマンが贈るフォトエッセイです。
マタギとは山の恵みをいただく者なり
日本人は、魚や野菜、米ばかりを食べてきた民族だと思っていませんか? 答えはノー。日本人は古来から獣を狩る、立派な肉食民族だったのです。イノシシ、シカ、熊、ウサギ、タヌキにとどまらず、ハクビシンやトドまでを食べてきた日本人。それは各地に残る食文化や昔話からも容易に理解できます。そしてそれは、現在まで連綿と続いている食生活の様式なのです。国内にすむほとんどの獣を...
日本人は、どんな肉を喰ってきたのか?
日本人は、魚や野菜、米ばかりを食べてきた民族だと思っていませんか? 答えはノー。日本人は古来から獣を狩る、立派な肉食民族だったのです。イノシシ、シカ、熊、ウサギ、タヌキにとどまらず、ハクビシンやトドまでを食べてきた日本人。それは各地に残る食文化や昔話からも容易に理解できます。そしてそれは、現在まで連綿と続いている食生活の様式なのです。国内にすむほとんどの獣を...
ヤマケイ文庫 私の南アルプス
出版社:
山と溪谷社
著者:
不破 哲三
著者が日本共産党委員長として多忙を極めていた当時、政治とは対極にあるような山を舞台に、しかも玄人好みの南アルプスに、毎夏、通っていたころの山の紀行文を集めた読みもの。
3部で構成されており、序章に「山への思いを語る」と題して、まず山の魅力、特に丹沢から道志、そして南アルプスに惹かれた経緯が述べられます。 続いて1部は「南アルプス縦走の日々」として...
ヤマケイ文庫 第十四世マタギ 松林時幸一代記
出版社:
山と溪谷社
著者:
甲斐崎 圭
自然を相手に生きる人物を描かせたら右に出る者のいない作家・甲斐崎圭の筆が冴える代表作を復刻。
名マタギの一生にみる失われた日本。いま読まれるべき名著。

秋田県内陸部、マタギの里として知られる阿仁の里。
ここには、自然を活用しつつ、調和しながら生きてきた人々の暮らしがあった。
代々マタギとしてこの地で暮らして...
ヤマケイ文庫 定本 日本の秘境
出版社:
山と溪谷社
著者:
岡田 喜秋
昭和30年代前半の日本奥地紀行。1960年に単行本として初めて刊行された際は、秘境ブームを巻き起こした紀行文学の傑作。
戦後の復興を遂げ、都市部では好景気に沸き立つころ、雑誌『旅』(日本交通公社)の名編集長として知られた岡田喜秋氏が、日本各地の山・谷・湯・岬・海・湖などを歩いた旅の記憶をまとめた紀行文18編を収載。
紀行の名手が紡ぎだ...
知られざる富士山
出版社:
山と溪谷社
著者:
上村 信太郎
誰でも知っている秀峰の知る人ぞ知る意外な素顔、驚きの事実!
世界文化遺産に登録されてますます注目される日本最高峰にまつわる147の話題を網羅した富士山蘊蓄本。
富士山は、登るだけでなく、読んでも大満足です!

世界の人々に愛されてきた富士山。
だが、富士山は、美しいだけではなく、数多くの出来事・ドラマ...
日本人なら一度は見ておきたい 民話と伝承の絶景36
出版社:
山と溪谷社
著者:
石橋 睦美
自然美と人の生業の融合した「幽玄の世界」に、風景写真の第一人者が迫る!
日本人なら一生に一度は見ておきたい、時代を超えて受け継がれてきた「絶景」を厳選して紹介。
出羽立石寺・松島の戻り松・土佐室戸岬・吉野の山桜・近江三井寺 ほか

風景写真家、石橋睦美さんが各地に残された民話や伝承が残された土地を訪ね歩いた記録を、 <...
週刊ヤマケイBOOKS 山のリスクマネジメント
出版社:
山と溪谷社
著者:
木元康晴
電子書籍の新シリーズ「週刊ヤマケイBOOKS」
週刊ヤマケイとは、山岳情報をタイムリーかつスピーディーに登山者に伝える無料週刊EPUBマガジンで、読者の寄稿を中心とし毎週木曜日に配信しています。

本書は、常連の寄稿者で現役の登山ガイドである著者が、多くの登山者を案内してきた経験から山のリスクについて、その事例や対処方法を週刊ヤ...
95件