雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSSカテゴリーのRSSフィードのURL
雑誌オンライン.COM+BOOKSのRSS カテゴリーのRSSフィードを表示する
RSS
このカテゴリーの新着情報はコチラから
表示数
並び順
新しい自分に気づくセルフコーチング
出版社:
PHP研究所
著者:
吉田典生
何かを選択しなければならないとき、仕事や人間関係で行き詰ってしまったとき、不安や不満を感じたとき、あなたは誰に相談しますか? 友人? 家族? 恋人? 上司? 「こうしたほうがいいよ」とアドバイスされたら、その通りに実行していますか? 参考にすることはあっても、反発を覚えたり、「そうはいっても……」と尻込みしたりしてしまうのではないでしょうか。あなたの人生の答...
人材コンサルタントに騙されるな!
出版社:
PHP研究所
著者:
山本直治
「転職」「採用」その前に! だれも書かなかった業界のウソ・ホント。通勤電車やインターネットの広告で目につく「転職」の文字。景気回復の追い風もあり、世は求人難・転職ブームの時代だ。そこで始まる<人材コンサルタント>とのお付き合い。しかしその実態には謎も多いのではないだろうか。本書では、求職者と求人企業を仲介し転職を支援する<人材紹介会社>の内実と賢い利用方法を...
人生心得帖
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
" 本書は表題どおり、人生についての考えを述べたものであり、その人生論はまさに松下自身の体験と鋭い洞察から得た“生き方の智恵”“人生の指針”といってよい。

 たとえば、「病とつきあう」という項がある。そこで松下は、病から逃げてはいけない、病を恐れて遠ざけていると、病は後から追いかけてくる。反対に、病を味わい病と仲よくすれば、最後には病の...
世界を知る力
出版社:
PHP研究所
著者:
寺島実郎
世界同時不況のさなか、日本には民主党新政権が誕生した。冷戦が終結して二〇年が過ぎ、長く続いた戦後体制は名実ともに変わろうとしている。日本と世界は今どこへ向かっているのか? 長く世界潮流を観測してきた著者が、“時空を超える視座”“相関という知”を踏まえて、“分散型ネットワーク時代”の新たな展望と日本の針路、いま最も必要とされる「全体知」のあり方を提示する。米中...
続・道をひらく
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
"前著刊行後、混迷のうちに過ぎた10年の歩みを見据えて、人生の真髄とこれからの社会のあり方をしみじみと綴った座右の書。


本書は、松下幸之助が自分の体験と人生に対する深い洞察をもとに綴った短編随想集である。

これまで、どれほど多くの人が本書に勇気づけられ、また成功への指針としてきたことか。
<...
大人のケンカ必勝法
出版社:
PHP研究所
著者:
和田秀樹
「成果主義!」「能力重視!」と力の入った声がさまざまな場所で聞かれるようになった。実際に日本にはこれが浸透しているといってもいい。何しろ「勝つ人」「負ける人」の差が明確になってきたからだ。年収の格差が急激に広がってきたことはその顕著な例だ。現代は、そんな競争原理主義のサバイバル時代なのである。かつての日本人の典型、「根回し上手でケンカせず」では冷や飯を食わさ...
伝える力
出版社:
PHP研究所
著者:
池上彰
"商談や会議、プレゼンテーションや企画書・報告書の作成、電話での交渉、メールでの連絡――ビジネスの現場で行なわれている日常業務。仕事の「できる」「できない」を左右するのは、意外とこうした基礎をしっかりやるかどうか。それには上司や部下、顧客とのコミュニケーションをいかに円滑にするかが鍵を握る。

 本書は「話す」「書く」「聞く」の3つの能力...
頭がいい人、悪い人の〈口ぐせ〉
出版社:
PHP研究所
著者:
樋口裕一
日常会話でつい出てしまう<口ぐせ>から、その人の知性や性格がわかる。「すげー」「マジかよ」「超カワイー」など貧困な表現ばかりの若者。「とりあえず」「まあいいか」「なんちゃって」など、いい加減な仕事ぶりの上司。「べつに」「ビミョー」「どっちでもいい」など曖昧な態度の彼女。さらに、人から嫌われる口ぐせとして、「そんなことも知らないの」「わけわかんない」「あの人は...
道をひらく
出版社:
PHP研究所
著者:
松下幸之助
"昭和43年の発刊以来、累計400万部を超え、いまなお読み継がれる驚異のロングセラー『道をひらく』。本書は、松下幸之助が自分の体験と人生に対する深い洞察をもとに綴った短編随想集である。これまで、どれほど多くの人が本書に勇気づけられ、また成功への指針としてきたことか。この本には、時代を超えて生き続ける不変の真理があるからである。

 もし失...
独破力
出版社:
PHP研究所
著者:
松井大輔
" フランスで己を磨き続け、サッカー日本代表のキーマンとして活躍が期待される松井大輔。チャンスを生み出すドリブルと華麗なテクニックで、常に見る人に「何かやってくれる」という期待を抱かせる。

 しかし、華々しい活躍のかげで、京都パープルサンガでのサテライト落ち、腰のケガ、そしてドイツワールドカップ日本代表落選……とさまざまな挫折を経験して...
脳を活かす勉強法
出版社:
PHP研究所
著者:
茂木健一郎
" 勉強を始めても三日坊主で終わってしまう、集中できない、記憶が苦手だ、などと悩む人も多い。しかし、それらは脳の特性をうまく活かさず勉強しているからである。

 本書では、脳科学の第一人者である著者が、脳の仕組みを活かした勉強法を開陳する。脳の「喜びの回路」が一度回れば、あとは雪ダルマ式に勉強の成果が上がるのである。著者は小学生~大学まで...
おとなの叱り方
出版社:
PHP研究所
著者:
和田アキ子
新入社員の「理想の上司」10年連続ベスト10入りの秘訣を伝授。ちょっと叱っただけで、すぐ落ち込む、ふてくされる、逆恨みして陰口を叩く若者たち。逆ギレされるのがイヤで親も上司も見て見ぬふり。世の中から“怖い人”が消えて“いい人”ばかりになった。叱られないからマナーを知らない、ルールも守らない、きちんと謝ることさえできない。それは自分にとって損なのだと、みずから...
貧乏クジ世代
出版社:
PHP研究所
著者:
香山リカ
その数、なんと1900万人! 「第2次ベビーブーマー」「団塊ジュニア」と称される一群を含む70年代生まれ、いま20代後半から30代前半の彼らは、ひそかに「貧乏クジ世代」とも揶揄される。物心ついたらバブル景気でお祭り騒ぎ。「私も頑張れば幸せになれる」と熾烈な受験戦争を勝ち抜いてきたが、世は平成不況で就職氷河期。内向き、悲観的、無気力……“自分探し”にこだわりな...
仕事ができて、なぜか運もいい人の習慣
出版社:
PHP研究所
著者:
有川真由美
ベストセラー『働く女のルール』の著者が書く女性のためのすごい仕事術! 残業をしないで目標を実現し、ツキも引き寄せるルールを公開。
SENNA and HONDA ホンダF1とセナの記憶
出版社:
三栄
著者:
三栄書房
1983年にホンダが第2期F1活動を開始し、
86年にはコンストラクターズ・チャンピオンを獲得、
87年には日本GPが鈴鹿で開催され、テレビ放映がスタート。
日本では空前のF1ブームが始まる。

その中心にいたのは、アイルトン・セナとホンダ。

F1グランプリを誰よりも近くで撮影し続けたフ...
お母ちゃんからもろた日本一の言葉
NHK連続テレビ小説『カーネーション』のモデル、小篠綾子さんを母に持つコシノジュンコさんが綴る「お母ちゃん」の言葉!
雪山放浪記
出版社:
山と溪谷社
著者:
星野 秀樹
誰かを当てにせず、自分たちで考えて、判断し行動する。無事に帰ってくることを考えて、計画を完遂させる。
そんな雪山を繰り返して、僕は少しでも強くなりたいと思うのだ。
「僕はカメラマンを名乗っている。ただぶらぶらと山をうろついているわけではなく、一応写真も撮る」。
雑誌『山と渓谷』や『ワンダーフォーゲル』で活躍の山岳カメラマン・星...
もしかしてわたし、不妊症?~涙と笑いの不妊治療コミックエッセイ~
「わたしには関係ない」?......とんでもない!
定期的に性交渉があっても2年以上妊娠しない状態を、「不妊症」と呼びます。これは「妊娠しない状態」にあることで、病名ではありません。
それでは、わたしたちの体はどのような仕組みで妊娠するのでしょうか?「基礎体温て何?」「排卵日って何?」「妊娠しやすい時期っていつ?」意外と答えられない人が多...
うりふたご
出版社:
主婦と生活社
著者:
かおり・ゆかり
一卵性双生児のユニット作家による初コミックエッセイ。双子ゆえの喜びや悩みがユーモラスに描かれた笑える本。主婦と生活社刊。
高野優の親子であっちこっち探検隊
出版社:
主婦と生活社
著者:
高野優
育児漫画家として大人気の高野優さんの名著、待望の電子化! 本書では3人の子どもたちと子連れで楽しめる施設やイベントに大潜入。あなたも行った気分で笑え、楽しめる1冊です。第1章 子どもと一緒に冒険しよう!(サファリ体験・ライオンにえさをあげよう(富士サファリパーク/静岡県)/甲賀・戸隠忍者体験・忍者修行をしよう(甲賀の里忍術村/滋賀県・チビッ子忍者村/長野県)...
うちのオットはちょっとヘン?
出版社:
主婦と生活社
著者:
ほしのゆみ
「趣味はオット」と公言する人気ブロガー・ゆみぞうさん(『奥様はマリナーゼ』)が、そのオットをテーマに「すてきな奥さん」誌上で連載に挑戦(現在は終了)。愛すべきヘンなオットと、そのオットをこよなく愛す妻。ふたりの「ヘン」はどこまでも!? 主婦と生活社刊。
うちのオットはちょっとヘン?2
出版社:
主婦と生活社
著者:
ほしのゆみ
「すてきな奥さん」連載を大幅に加筆した、シリーズ第2弾にして完結編。結婚15年間の名言・迷言を集めたコミックエッセイ。主婦と生活社刊。
スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護
出版社:
主婦と生活社
著者:
バニラファッジ
総アクセス数がついに1億を突破した超人気ブログ「7人家族の真ん中で。」。ほぼ毎日更新されているカリスマ主婦の日常の中から、介護のエピソードを抜粋、再編集して1冊にまとめました。現在、著者のバニラファッジさんは、要介護4で認知症の姑と、要介護5で体が不自由なその妹の2人を自宅にて介護中。しかも、3人の子育て中! 母としてだけでもじゅうぶん忙しいのに、2人を在宅...
ひとり暮らしな日々。
出版社:
主婦と生活社
著者:
たかぎなおこ
雑誌「ひとり暮らしをとことん楽しむ!」の人気連載に筆を加え、さらに新作も追加してまとめた1冊。いまや大人気イラストレーターとなった、たかぎなおこさんがあてもなく上京し、部屋を探し、仕事を求め、ごはんを作り、インテリアを工夫し、なんとか生きていくという等身大のひとり暮らし奮戦コミックエッセイ。ひとり暮らし経験者なら誰もがうなずく「あるある」な話もいっぱい。主婦...
比べずにはいられない症候群
出版社:
すばる舎
著者:
香山リカ
結婚・恋愛、子ども、友人・親子関係、お金、仕事、向上心、メンタルの強さなどなど、日常で巻き起こるさまざまな「比べあい地獄」から脱出したい方、必読!
適当力
出版社:
主婦と生活社
著者:
田中ウルヴェ京
「完璧」や「理想」により近づくために、そして人生を思いどおりに生きていくために必要不可欠な力が「適当力」。壁にぶつかったとき、モンモンとした気持ちを抱えているとき、「適当力」を発揮すれば心が軽くなり、目の前の壁はスーッと消えるのです。10の「対人ストレス」、7つの「深刻お悩み」に即効! 5タイプ別「適当力」で人生、思いどおり。パラパラ楽しい適当力体操つき。イ...
ビッグダディの流儀
出版社:
主婦と生活社
著者:
林下清志
「俺はこういう人間だ!」バラエティ番組で大人気のビッグダディこと林下清志さんが、48年間の波瀾万丈な人生を本音で語る1冊。11人きょうだいの10番目、「ド田舎」で生まれ育った少年時代、「運命」という柔道整復師の仕事、元妻・前妻との結婚、テレビ番組に出演することになった理由、そして独特な子育て法まで。賛否両論大歓迎、それでもダディは生きていく! 主婦と生活社刊...
78件