表示数
並び順
ロジスティクスから見た「失敗の本質」
■ロジスティクス(兵站)の視点から太平洋戦争を再検証する1冊。

19世紀の軍隊は金で雇われた傭兵だったので最も恐れられたのは兵士の脱走だった。そのため食糧や衣服の支給に事欠いてはならず、その必要からロジスティクスは生まれた。

本書では、数々の近代戦争を紐解き、どのようにロジスティクスは生まれたか、フランス(イギ...
日本陸海軍はなぜロジスティクスを軽視したのか
■ロジスティクスの視点から、日本陸海軍がどう戦略を間違えたか、なぜ間違えざるを得なかったのかを再検証する1冊。

■著者略歴
谷光 太郎(たにみつ・たろう)
1941年香川県に生まれる。1963年東北大学法学部卒業、三菱電機株式会社入社。1994年同社退社、山口大学経済学部教授。2004年、大阪成蹊大学現代経営情報...
米軍提督と太平洋戦争
■太平洋戦争を戦った、米海軍の主要なリーダーを紹介する1冊。

嫌われ者の天才――キング
処世術に長けた調整型――ニミッツ
平凡とされながら実戦で結果を残した――スプルーアンス
知られざる名将――ミッチャー
期待はずれとされた有望株――フレッチャー

“本当の太平洋戦争”を理解す...
3件