風景&ネイチャー 構図決定へのアプローチ法 立ち読み 関連商品

風景&ネイチャー 構図決定へのアプローチ法

出版社 玄光社
著者 萩原 史郎、萩原 俊哉
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この本の内容

新しい発見から“思考反映型”構図を目指そう!

被写体の“発見” と“思考”を重ねることによって新しい構図が生まれ、
また次の“発見”と“思考”によって構図が磨かれ、
あるいは視点が変わり別の構図になる。
そしてさらなる“発見”と“思考”によって
決定カットへと構図が追い込まれ作品へと繋がる。

そんな構図決定に至るまでの経過を丁寧に解説した
自然風景派のための構図アプローチ本です。

豊富な構図アプローチ例を見ることで、新しい構図に気づき、
その豊富なアイデアから撮影現場での対応力や発想力の強化に役立ちます。

この書籍の目次

【CONTENTS】

目次
ギャラリー 四季燦燦

序論 構図とは何か
 「思考反映型」のアプローチ法の実際
  定型構図法の使い方とは?

第1章 花のある風景

第2章 水辺の風景

第3章 樹や森の風景

第4章 里の風景

第5章 紅葉風景

第6章 雪や氷の風景

萩原史郎vs萩原俊哉 構図対決六番勝負
 一本桜を撮る
 対岸のイワツツジを撮る
 巨樹の森を撮る
 初秋の棚田を撮る
 山岳の紅葉を撮る
 湖の映り込みを撮る

コラムー構図力をアップするために
 構図を追い込むための機材選び
 ライブビュー活用術
 バリエーションは必要か?
 意識して「見る」
 どこでもできる簡単トレーニング

この著者の他の本

自然風景撮影 上達の鉄則60
Lightroomではじめる ...