人生が100倍オモシロくなる仏の教え 立ち読み

人生が100倍オモシロくなる仏の教え

出版社 株式会社エイ出版社
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この本の内容

全国で8万を超すお寺があるという日本は、仏教が身近にある国と言っても過言ではありません。しかし、多くの人はお盆やお彼岸、法事のときにお寺へ足を運ぶだけで、実際はよく分からないというのが本音です。また日常生活の会話の中でも、「勝利」「内緒」「ご馳走」「しょっちゅう」など、仏教から生まれた言葉を知らず知らずに使っているのです。そこで本書は、普段は関西で落語家の仕事をしながら、比叡山で本格的な修行をして出家し、仏教の素晴らしさ世に伝えて続けている露の団姫さんが、仏教の魅力が誰にでもわかるよう書き下ろした一冊になります。尼さんならではの体験や落語家ならではの小咄を交え、仏教のひみつをあますことなくお届けします。

この書籍の目次

まえがき 心の持ちよう一つで自由になれる仏教の世界

CHAPTER 1  仏教と釈迦 9

001 仏教は人生を100倍オモシロくする教え 10
002 「私たち人間には尊い使命がありまっせ!」が
お釈迦様の第一声 12
003 一日一回、少しだけ仏様 それが幸せに生きるコツ 14
004 「仏性」という悟りの芽が
私たちの中に備わっているんです 16
005 思い一つで人生は変えられます 18
006 人生の壁を破る8万4千通りのアドバイス 20
007 人それぞれの特技を活かして
悟りの道へ入りましょう 22
008 神さまは「天才型」のコーチ
仏様は「努力型」のコーチ 24
009 仏教はインドから中国を経由して
飛鳥時代に日本へ伝わりました 26

CHAPTER 2  様々な仏教の宗派 27

010 “みんなで幸せになろうね”が
大乗仏教のコンセプト 28
011 奈良時代の仏教魂がピラミッドにも負けない
日本の宝を生んだのです 30
012 世のため人のためと頑張れば
世の中が明るく照らされるのです 32
013 密教は
自分を大切にする教え 34
014 自分ではどうしようもできないことを
どうにかしてくれる阿弥陀様 36
015 禅は足を組んで坐るだけじゃない!
生活全てが修行になるという教え 38
016 「私よりもこのお経(法華経)に」と
お釈迦様がおっしゃった諸経の王 40
017 古くからある信仰を大切にすると
きっとエエことあります 42
018 一蓮托生は極楽での再開を表わす言葉 44

CHAPTER 3  仏教の世界観 45

019 善い行いは、巡り巡って善い行いを生み
悪い行いは己の身にかえってきます 46
020 あらゆるものが満たされているからこそ
欲の起こらないのが極楽浄土 48
021 阿弥陀様の教えに導かれた家康が
戦のない世を日本にもたらしたのです 50
022 罪の重い者は地獄におち罪がなくなると
生まれ変わります 52
023 地獄は地下へ行けば行くほど
苦しみが増す恐ろしい世界なんです 54
024 どれだけ辛い境遇にあっても
そこには必ず観音様がいらっしゃいます 56
025 生きとし生けるものはみないつか
仏になる種= 「仏性」を持っています 58
026 「煩悩」とは私たちの心や体を悩ます
原因の総称です 60
027 欲がある自分を認めて
消しようがないことを知りましょう 62
028 世界の中心には
聖なる山「須弥山」があります 64
029 ご先祖様を大切にするということは
自分自身を大切にすること 66

CHAPTER 4  仏教の信仰 69

030 お坊さんとかけて朝刊ととく
その心は、ケサきてキョウ読む 70
031 お経は言葉自体に力があり
心を込めて唱えると功徳があります 72
032 演歌のルーツ、お経の声明には
あらゆる人々の祈りが込められています 74
033 新しい年を迎えたらなるべく早く
神仏にお詣りしましょう 76
034 お彼岸は仏道修行の「教化週間」
みんなで彼岸へ渡りましょう 78
035 花祭りはお釈迦様の誕生日
甘茶を飲んでご縁を結びましょう 80
036 鬼の世界も他人ごとではありません!
施餓鬼の際は食べ物を施しましょう 82
037 「縁日」は神仏とご縁を結びやすい日 84
038 「お遍路さん」は弘法大師と二人連れの巡礼の旅 86
039 「霊場巡り」とは祈願を胸に
複数の神仏へお詣りを行うこと 88
040 御朱印はお詣りで授かることができる
仏様の功徳が込められた宝物 90
041 護摩供養は煩悩を焼き尽くし未来を「開けゴマ!」 92
042 常不軽菩薩の精神で自然に感謝し
約7年かけて行われる千日回峰行 94

CHAPTER 5  僧侶のお勤め 97

043 落語家もお坊さんも最初の一歩は師匠探しから! 98
044 それぞれの得意分野を活かし
社会貢献をするのが僧侶の使命 100
045 髪や髭を剃り煩悩を断つ
私はカミ(髪)よりホトケを選びました 102
046 朝晩に仏様に手を合わせ
自分を見つめなおす時間を持ちましょう 104
047 お釈迦様の弟子として使命に生きているお坊さん 106
048 生きている私たちが福徳を積めば、
故人が幸せになれるんです 108
049 十三の王の裁きを受ける死後の世界も
十三の仏様が守ってくださいます 110
050 十三仏をお詣りすると
故人やご先祖様への供養になります 112
051 灯明は無明を照らす智慧の光です 114
052 肉を断って精進メニュー。
だけど料理を作るのは夫です! 116
053 お坊さんが食べることができる
「三種の浄肉」という特別なお肉 118
054 「五戒」を忘れず「誤解」を招かないように
お酒は節度をもって飲むことが大切です 120
055 出家が先か子どもが先か? ワタシの答えは…… 122
056 新聞記者、公務員……坊主バー!! 
お坊さんの兼業は珍しくありません 124
057 お布施は料金ではありません
お礼の気持ちを表わすものなのです 126
058 戒名とは仏弟子としての名前で
本来は生前に授かるのが望ましいんです 128
059 字が汚くても気持ちを込めれば大丈夫
そして仏様への願事も忘れずに! 130

CHAPTER 6  お寺の歴史と役割 133

060 揺りかごから墓場まで!? 
お寺は人生をトータルサポートする場所 134
061 本堂はご本尊様が祀られるお寺の中心
仏様をより近くに感じられます 136
062 五重塔は下から「地水火風空」と
仏教的な宇宙観を表わしています 138
063 精進料理や写経体験、勤行など
宿坊では充実した仏教タイムが過ごせます 140
064 お賽銭をあげて「お願い」をする前に
「感謝」の気持ちを心がけましょう 142
065 ご本尊様のご加護をいただく「お守り」
私たちも仏様との約束を守りましょう 144

CHAPTER 7  暮らしの中の仏教用語 147

066 勝利/ 067 無学/ 068 大事/ 069 微妙
070 内緒/ 071 ご馳走さま/ 072 接待/ 073 引導
074 諦める/ 075 しょっちゅう/ 076 愛/ 077 ガタピシ
078 法螺/ 079 シャリ/ 080 ありがとう/ 081 シャカリキ

CHAPTER 8  仏像の種類と特徴 179

082 仏像は種類によって役割が違いますが
あなたのことを「ホットケない!」 180
083 仏像の姿やポーズには意味があり
仏様のメッセージを表わしています 182
084 仏像が持つ物の意味を知っていると
どんな仏様か理解することができます 184
085 親の七光よりも仏様の慈悲の光で
未来を切りひらいていきましょう! 186

あとがき 苦しいときも、悲しいときも、お釈迦様とともに