ヤマケイ文庫 ザイルを結ぶとき

ヤマケイ文庫 ザイルを結ぶとき

出版社 山と溪谷社
著者 奥山 章
対応デバイス
iPhone対応 iPad対応

この本の内容

第II次RCC(ロック・クライミング・クラブ)の創設者にして戦後日本のアルピニズムの発展に尽くした奥山章の生涯。
日本のアルピニズムの発展を願い、第II次RCCを創立するなど、一流クライマーでありながらオルガナイザーとしての手腕を存分に発揮して昭和の登山界を牽引した奥山章の遺稿集。
奥山ラッパと称され、歯に衣着せぬ論調で投稿された評論や、自らの内面を鋭く描ききった紀行文、海外登山の報告、山からの書簡などがこの1冊にまとめられている。
巻末に奥山夫人、旧姓芳田美枝子による回想「奥山章の死」を収録。
1972年7月、エベレスト南西壁の計画が進行するさなか、ガンに侵され、それを苦にして46年の生涯をみずから閉じたアルピニストの情熱的な人生が今、あざやかによみがえる。